こどもキッチンホームページ


●ブログ内を検索

●こどもキッチンの本♪

★本の概要とオンライン書店
★amazonはこちら



●こどもキッチンFBページ


●カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

●カテゴリー

●最近の記事

●リンク

●アーカイブ

others

mobile

qrcode

学ぶことは楽しいこと

おとなもこどもも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

実は、今、とある調理師専門学校のスクーリングで「魚」学び中です。

写真:昨日は「鯛」でした。

今日入れてあと3日。

 

想定外に楽しくて、いつもは企画して伝える側なんだけど、

自分の知りたいこと、知らないこと、もっと深めたいことを

吸収できる時間というのが、こんなにも楽しいなんて〜( ´▽`)〜♪

 

成長って「ここで終わり」がなくて、

命ある間ずっと成長やし、それって楽しいことなんや−と実感中。

 

ここでの内容はまた教室に活かしていきます。

お楽しみに( ´▽`),゜.:。+゜

 

 

今日も最後まで読んでくれてアリガト−!

こどもキッチン主宰 石井由紀子


ちかごろのお弁当〜6月前半〜

こどももおとなも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

 

"6月"って・・・今はもう8月も終わりでっせ・・・

そう自分につっこみを入れながら、弁当写真を整理。

 

 

 

だって、だって、忙しかったんだもーん

・・・と、大きな声でいいわけしておいて、っと。

 

 

 

若干季節ずれてますが、臆せずアップ!!!

お蔵入りさせずに、アップしますんで、日々のお弁当づくりのヒントにぜひお役立て下されば幸いです。

 

 

高3長女のための弁当です(たまに間違われるのですが、つくっているのは私です。

中1〜2の頃には娘本人が週に3日つくってましたが、中3受験期に

「忙しいから、頼む」と言われてからは、母の仕事になってます。)

 

2016-06-02mini.jpg

・ご飯(梅ぼし、ひじきのふりかけ)

・玉子焼き

・たこのさつまあげ

・なすの揚げ浸し

・ピーマンのいためもん

・きゅうりとカリカリあげの和えもの

・ミニトマト

 

 

2016-06-04mini.jpg

・ご飯(かつおのふりかけ、梅ぼし、ひじき)

・玉子焼き

・鰺のカレームニエル

・きゅうりのナムル

・なすの揚げ浸し

 

夜用(塾用)

・おにぎり

・おからのクイックブレッド

・コーヒーゼリー

 

 

2016-06-06 08mini.jpg

・3色弁当

(ごはん、スクランブルエッグ、鮭、きゅうりのナムル)

・しめじと黄色ピーマンのいためもん

 

 

2016-06-07mini.jpg

・ごはん(ひじき、かつお、梅)

・玉子焼き

・ごぼうの甘辛揚げ

・枝豆

・夜用おにぎり&冷たい出汁

 

 

以上、6月前半の弁当たちでした( ´▽`)

やはり、玉子焼き率高し!

続きはまた今度。お楽しみに〜♪

 

 

今日も最後まで読んでくれてアリガト−!

こどもキッチン主宰 石井由紀子


子どもに絵本を読んであげると、どんないいことがあるの?

おとなもこどもも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン石井由紀子です。

 

 

今、子ども服のリサイクル&アウトレットのお店マムズマートのWEBサイト

「子育て情報」に取材協力しています。今回は絵本のお話として、

絵本を読んであげることでどんないいことが起ってくるのか」についてです。

 

絵本がいつもそこにあって「読もうと思ったら手に取れる」という状態。これがどんな風にいいのか。いろいろあるんですが・・・

 

  • 数ヶ月前は見向きもしなかった絵本を、急に喜んで何度も読んでもらいたがるようになる
  • 選び抜かれた良書の絵本は、大人が読んでもおもしろい
  • リビングの目につくところにおいておくと、子どもが一人で眺めるように、そのうち一人で読むように

 

などなどが起ってくるんですね。

 

 

●図書館で本を借りてくるのもいいんだけど・・・

いつか返しちゃうでしょ。ずっと同じ本が家にあると、子どもは「今は読まないけど、また読もう」とか思ってたりして、

大不評だった本が、突然「人気度NO1」になったりするのが、本当に面白いんです。

 

 

 

●自分で買ってもいいんだけど・・・

うちは、月に2冊ずつセレクトされた絵本を配本してくれるシステムを頼んでました(童話舘といいます)。

配本する目っていうのがあるんですね。子どもが読みたがる本のヒット率が高かったです。

 

 

 

●0歳からの絵本も結構いいよ〜♪

3人目の1人目で頼んだので、下の2人は生まれた時にはもう絵本がある状態でした。

結果、下2人が本好きに育ちました。ひょっとしたら0歳からあったからかも、と思ってます。

 

 

 

結局のところ・・・

本を読むのが苦痛でなく、楽々読めるし、読もうとする人になります。

 

 

ただし、置いてるだけでは「子どもが本を読む人」にはならないので要注意。

  • 大人が読んであげること(必須)
  • 大人自身も本を読むこと

この2つも必要ですよ〜。

 

 

 

テレビやスマホの接触時間の長さが、特に小さい子どもに及ぼす影響のうち、

今回の記事では少し言語の発達との関連に触れました。

 


子どもは、まだ言葉が巧みでない時期だからこそ、言葉を欲しがっています。

ええことたっぷり絵本タイム♪読んで下さればとてもうれしいです( ´▽`)♪

↓↓↓

子どもの台所仕事研究家 presents 第3話

「なぜ良いの?どんな風に良いの?絵本が子どもに与える3つの嬉しいこと」

 

 

 

,゜.:。+゜,゜.:。+゜,゜.:。+゜

こどもキッチンは今、

マムズ・マートさん(子供用品のリユース&アウトレットのお店)の

Webサイトに取材協力をしています。


第一話は…「マリア様みたいなお母さんにはなれへんて!」

 

第二話は…1歳半からできる「おにぎりづくり」

 

第三話は・・・「なぜ良いの?どんな風に良いの?絵本が子どもに与える3つの嬉しいこと」

 

 

現役子育て中の方も、プレパパママも、子どもに関わる全ての人に。

 

台所仕事の中に、無限にある、こどもの育つ大人の関わりが、

伝わり広がっていきますように( ´▽`)

,゜.:。+゜,゜.:。+゜,゜.:。+゜

 

 

今日も最後まで読んでくれてサンキュー!

こどもキッチン主宰 石井由紀子


2歳も、小学生も。子どもにできることっていっぱいあるんですね。

おとなもこどもも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜小学生の親子料理教室をしてます

こどもキッチン主宰の石井由紀子です。

 

 

我が子と過ごす祝日週末・盆休み、いかがお過ごしでしょうか?

 

親子が一緒にいる機会に、子どもに

「これやってみる〜?」ってお仕事をゆずってみてもいいかも〜

風呂洗い、洗濯干し、食器洗い、配膳、ご飯づくり、水まき・・・などなど。

 

 

キッパリお断りされる時もあるんだけど(^^;;

「うん!」って笑顔で引き受けてくれる時もある(^^♪

 



2歳長女さんと、小3長男さんで、毎月の料理教室

(2歳〜未就学児親子のためのこどもキッチン)に通って下さっているお母さん。

おうちでのお子さんたちの様子をメールで教えて下さいました。

 

そのメールを紹介します。

 

−−−−−−

先日お昼ごはんの準備中に、長女(2歳)が何か手伝いがしたいというので、

お盆とお皿とそれぞれの箸をまとめて置いていたら、家族それぞれの席に

お箸も含めて完璧な配膳をしてくれていて、驚きました。 

 


習ってすぐにあらゆることができなくても、種まきをしていたら

ある日突然目が出るんだなとまたあらためて実感しました。

 

長男(小3)も家ではぼちぼちですが、先日のこどもキッチンやお習字の教室などで

先生のお手伝いを率先している姿を見ると、こちらが思っている以上に自分から

動けるのだなと気づきました。

 

 

家であまりやらないのは、忙しいからなのか、

私が先にやってしまっているからなのか、私も反省しました。

 

 

子ども会のお祭りでも、遊んでいるこどもたちに悪いと思って、

ゲーム(水槽の中のカップにコインを落として入れる)のお店のセッティング

(たまったコインを水槽からだして、5枚ずつに分ける)を私がしていましたが、

 

 

他のお母さんに言われて長男や他のこどもたちに手伝いをお願いしたら、

嬉々としてやってくれました。

遊びと言われているものだけでなく、お手伝いでも遊びになることや、

こちらがよその子だからと遠慮しなくても子どもたちが

快く引き受けてくれることに感動しました。

 

 

大人の行動次第で子どもが遊びながら成長できる場面は

まだまだありそうだなと思いました。

(小3、2歳、0歳のお母さん)

 

−−−−−−

読みながら、本当にうれしくて・・・

メダルラッシュのリオ五輪も熱く、甲子園も熱く・・・。

いちいち感動して涙が絶えない石井ですが、このメールも心湧きました。

 

 

先日の教室では小3長男さん。いつもは親子なんだけど、

その日はカフェサボさんとのコラボだから、

大人たちは珈琲講座受講、子どもは子どもだけ、という構成。

 

 

彼、もう一人の小3女の子とほんっとにテキパキと、全力で小さい子どもたちをリードしてくれたんですね。

9歳でここまでやれるんやなって、内心感動の嵐,゜.:。+゜

 

 

ほんとに、ほんとに。子どもにできることっていっぱいあるんです!

「やる!」となれば、知らない時はやり方を伝えて、あとは「忍の一字」。

↑↑↑

「これ、これ、どうやって!?」「忍の一字って何!?」という具体については

こどもキッチンの教室・講座で体験しにきていただけるとうれしいです,゜.:。+゜

・・・と、最後に宣伝かい!?

 

 

あなたとあなたの大切なお子さんのお越しを心よりお待ちしております( ´▽`)

↓↓↓

こどもキッチンWEBサイト(現在募集中の教室・講座一覧があります)

 

 

最後まで読んでくれてアリガトー!

こどもキッチン主宰 石井由紀子


よつばつうしんに掲載いただきました!

おとなもこどもも育つほんまもんの場所 こどもキッチン主宰の石井由紀子です。

 

親子料理教室(6歳〜小学生親子)対象のクラス

6歳からの料理塾・こどもキッチンNEXT春夏コースの6月期を取材いただきました。

 

よつばつうしんに掲載していただいています。

 

これクリックすると、PDF記事が大きく読めるよ〜!

もしくは 大きい記事は⇒こちら

 

イラストははまさきはるこさんです。

普段は、エディターの藤野さんと一緒にこの紙面のライターをしてます。

今回は、こどもキッチンNEXTを取材にきてもらいました。

 

 

取材の日もめちゃ楽しかったよ〜,゜.:。+゜

 

 

イラストのように・・・大人の心の中には「だまってみまもるのよ!」と我慢とジタバタがたっぷりだったりするのですが(^^;;

出来上がってみれば、ほんとに楽しくて最高においしいし、子どもにも大人にもリアルな成長がある!

 

 

料理にせよ、勉強にせよ、スポーツや他のどんなことであっても

自分ができてるかどうかと、我が子ができるようになるか、との間には

あまり関係がない場合がほとんどです。

 

  • 親はできるけど、子どもはできない、という場合もある
  • 親はできないけど、子どもはできる、という場合もある

 

つまり、子どもがどれだけ体験したのか、っていうことが子どもを育てていきます。

 

 

だから、子どもに料理をさせたいけれど・・・「私、料理できないねん」っていう人にもいいし、

 

  • おうちの台所でやろうと思ってもなかなかできない
  • どうしたらいいか分からない
  • ちょっと声かけたら、ぷいってどこかに行っちゃう

 

・・・なんていうことにも、6歳からの子どもと親のための親子料理教室のこどもキッチンNEXTがリアルに役立てる場です。

 

 

 

子どもがどうやってできるようになっていくのかを、

我が子を間近にみながら伴走できるということは、親という仕事の醍醐味の一つ,゜.:。+゜

 

 

この秋。月に一度の土曜を子どもがつくるおいしいご飯をつくる姿を喜び、

つくってくれたご飯を一緒に味わう時間にしてみませんか?こどもキッチンNEXTは

和食の一汁二菜を子どもが一人でおうちの台所でつくれるようになる、を目指します。

 

 

 

★ただいま参加者募集中!!

◎こどもキッチンNEXT特別編・・・8/27(土)大阪成蹊短期大学

◎こどもキッチンNEXT2016秋冬コース・・・10月開講

 

★こどもキッチンWEBサイト

6歳からの料理塾・こどもキッチンNEXT(6歳〜小学生の子どもと親のための料理教室)とは・・・

 

 

今日も読んでくれてアリガト!

今から長女の塾弁(昼&夜)と朝食を超特急でつくりまーす。

感謝。


こどもキッチンのWEBサイトが完成しました!

2010年5月26日。こどもキッチン@blogはスタートしました。

 

そこにはこんな記事が・・・

こどもキッチン@blog を今日からスタートします。

こどもといる台所や食卓のことを綴ったり、主宰しているこどもキッチンのことをお知らせしたりしようと思います。

ブログをスタートすることで「何が起こってくるのか?」
今から楽しみです。

 

あれから6年。

前職を辞し、この仕事に転身し、当時4歳・小学生2人だった3人のこどもは、

小学生と高校生2人になりました。長男は15歳でこの春から寮生活に。

こんな6年後とは当時、全く想像していませんでした。そして、

どんどん元気に楽しく毎日充実の日々です( ´▽`)

 

 

こどもキッチンをスタートした時からずっと

「子どもの自立をつくる、そのために大人はどうあればいいのかな?」を探りつつ、

それを軸にいろいろな体験を重ねてきました。今、リアルに教室や講座を通して、

子どもの成長を間近に見る機会が増えてきたことを、心からうれしく感じています。

 

 

今日、2016年8月1日。こどもキッチンWEBサイトがオープンしました。

 

 

 

そして今、

 

 

この4つをどう運用していこうかなぁ〜と考えつつ・走りながらのスタートです。

 

 

 

をいただければとてもうれしいですし、本当に励みになります。

今後ともこどもキッチンをどうぞよろしくお願いいたします。

こどもキッチン主宰 石井由紀子

 


保育園のお迎え後に、子どもが泣いて動かなくなったら・・・

こどもキッチンの石井です。

なにを隠そう私、子ども3人で合計12年間も
保育園にお世話になっておりました。

あの仕事でクタクタにくたびれた状態で
迎えに行く時、自転車をこぎながら
「今日は笑顔で迎えに行って、楽しく帰ろう!」
と思っているのですが・・・・・・・・・・・・・・・(^^;;


最後に保育園にお迎えにいったのがもう5年前。
ずいぶんと時が経ちました。


・・・っと、ここで余談ですが・・・

昨日はプロフィール写真をプロのカメラマンさんに
撮影してもらうためにお出かけておりました。

PRESS SEVEN(大阪市北区西天満4-8-7 1F)
ここで写真撮るの、すっごくいいです♪

普段全くノーメイクの肌が弱すぎる私に、
メイクさんもとても親切にしてくださり、いろいろな要望に
気持ちよくも応えて下さって、いい空間・うれしくて楽しい時間
でした!
・・・

さて。本題に戻りまして・・・。

この写真撮影後、料理研究家仲間と打ち合せして、
「よっしゃ〜!家、帰ろ〜!」と思って自転車を飛ばしていると…


小さな女の子がお父さんと一緒に保育園帰りのようで、
お父さんは一生懸命「帰ろ!かえろ〜!」と促しますが、


子どもが全く動かずに、大きな声で泣いてる。


もうですね。
12年間も毎日、毎晩、どたばた・ひゃ〜!の体験がありますからね。
しかも、大阪のおばちゃん(必要以上におせっかい)パワーも
年々増してますからね〜。


全く知らない親子なんですけど…


すかさず自転車をとめて、その女の子に
「どうしたん?」
とききました。


すると女の子は
「ママが…」
といいました。



お父さんがお迎えじゃなくて、ママがよかった
だったり、
お母さんがお迎えだと思っていたのに、予測に反してお父さんだった、ビックリ
だったりすることって、あるんですよね〜。


女の子の様子からもそれが伝わってきたので、

「そっか〜。ママのお迎えと思ってたら、
お父さんやったからびっくりしたのかな〜」
ときくと


ケロッとして、ピタッと泣き止んで、
元気に歩き出しましたとさ。

はい、おしまい!


昔の私は、これがなくて、ただそれだけで、
相当ドタバタしてたんだよなぁ〜。




以上。
大阪のおばちゃんの一日でした( ´▽`)



□子育てを楽しみたい方も
□子育てに悩む人も
□子どもが台所仕事してくれるようになって欲しい人も
□「自分料理できないのに、どうやって!?」という人も
□毎日子どもの「イヤー!」「違うー!」「自分でー!」に翻弄されている人も。


5月スタートの各講座でご一緒できれば本当にうれしく思います。

<<< 現在募集中の講座 >>>
◎もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪ 4月26日(火)
⇒大人対象

◎こどもキッチンfirst 5月10日スタート・4回コース
⇒1歳半〜3歳代親子対象

◎コミュニケーション講座<自立> 5月11日スタート・4回コース
⇒1歳半〜親子、もしくは、大人のみ

◎コミュニケーション講座<時間> 5月17日スタート・4回コース
⇒1歳半〜親子、もしくは、大人のみ

−−−−

以上です。
最後まで読んでくれてありがとう( ´▽`)♪

石井由紀子

インスタベースBlogに記事を寄せました(^-^)v

2016年。年が明けてすぐに、
「こどもキッチンをスタートするまでに至るプロセスを記事にしませんか?」
とお誘いいただき、先日Webにアップいただきました。

これから個人で起業なさる方への力づけを意図したWebサイトです。
インスタベースBlog


「何もないところから、0から自分で創り上げる」
これ、私、本当に好きなんだなぁ・・・( ´▽`)・・・
原稿をを書きながらそんなことを、ずずーん!と実感。


大学卒業後の18年にわたる会社員生活で、
私は、本当に多くのことを学ばせていただきました。


密度濃く仕事する、
というあり方も、ここで。

仕事と家事と育児の両立をどうするか、
その実践も、ここで。

その他。
書き切れないほどの出会いと体験があり、
それが今の私をつくってくれました。


今となっては、全てが宝物のようであり、
一つひとつが自分にとってなくてはならないもの
だったんだ、と実感します。


本当に感謝です。


そして、今。
教室や講座にいらしてくださるみなさまとの出会い。
お子さんの成長を間近にみせていただける光栄さを
本当にありがとうございます。



リアルな場は、ここ(Web)より、もっとずっと
楽しくて、おいしくて、そして、たっぷりの成長があります。
目に見えるレベルのことって、全部じゃないのかも、です。


「今」と「次」は、もう違う。
台所仕事とコミュニケーションで、どんどん前進しちゃいましょうー♪


みなさまとご一緒できます時間を楽しみにしています。
いつもありがとうございます。

石井由紀子
−−
インスタベースBlog
↑↑↑
これは、今から個人で起業なさろうとする方たち向けのメッセージを
書きました( ´▽`)

ちかごろのおうちご飯たち( ´▽`)♪

このシリーズ、ひさびさの投稿です!
DSC01488mini.jpg
菜めしご飯
みそ汁
豆腐ステーキ

豆腐って本当に使える食材。おいしさのコツは
やはり豆腐そのものの美味しさ。

々饂座臚Γ隠娃亜鵝覆任れば)
△砲り(塩化マグネシウム)

原材料がこの2つだけだと、ほぼ間違いなく
美味しいです。パッケージみると書いてますんで、
選ぶ時の参考にされてもよいかも、です。



これはだんなさん作の田舎料理。これが美味しい。

ボウルごとテーブルに出しちゃう大胆なサラダは
水菜と大根のサラダ。

うちは市販のドレッシングを買わないので、
家族それぞれが勝手に自作してます。

これは、ポン酢+オリーブオイル、なのだそうで。
子どもにめちゃ好評のサラダでした。

仕事で、北海道の余市に行ったとのことで、
おみあげは「竹鶴」。これ美味しい。

DSC01706mini.jpg
豆乳クリームパスタ(かぼちゃ、しめじ)
おつゆ

「あっ!」という間に平らげてしまえる美味しさ( ´▽`)♪
パスタソースとか買わなくても、いつもの食材で美味しいのん、
できます。


DSC01712mini.jpg
菜めしごはん
かぶのみそ汁
煮込みハンバーグ
だいこんときゅううりのつけもん
れんこんの煮物
ホウレンソウのごま和え

かぶって、すごい美味しい!
葉の部分が、また格別にうまいんです。これを菜めしに。

ホウレンソウ一束200円として、
葉つきのかぶが200円とします。実部分+葉部分=200円。
倍楽しめて、値段一緒、みたいな( ´▽`)♪

根菜は「葉つき」がオススメ。


DSC01714mini.jpg
ロールケーキ( ´▽`)
ご飯ではありませんが、今、はまっています。

DSC01723mini.jpg
常備菜のオンパレード。
めちゃ忙しかった日。ふた空けてそのまま並べてみた。

ごはん、みそ汁
ひじき煮
ミニトマトと紫蘇のマリネ
レンコンの煮物
かぼちゃの煮物
ニラともやしの炒めもん

このニラともやしの炒めもんは、結構つかえるレシピ。
炒めるだけ、というシンプルさなのに、美味しい。
コツは「ニンニク」です。

私はニンニクの皮を剥いたり、刻んだりする手間を省くため、
「瓶ににんにくを入れてしょうゆをたっぷり注ぐ」だけの
にんにくしょうゆを常備しておき、これを使う。

めっちゃ美味しい,゜.:。+゜


以上、ちこごろおうちご飯たちでした( ´▽`)♪
−−−
ただいま
2月のこどもキッチン(2歳〜未就学児親子)募集中。

さつまいものニョッキ(鮭&ブロッコリー添え)
豆乳チーズのホワイトソース など
2/11(木・祝)午後…残4
2/20(土) 午後…残4
(2/1現在)
−−−
最後まで読んで下さってありがとう( ´▽`)♪

中3長男との冬休み( ´▽`)♪

受験の冬休み、といっても、のんびりゆったりペースの長男です。
昨日はいろいろと会話が弾み、「ばんごはんをつくるわぁ〜」と
ごそごそ支度しはじめた彼。

私はわたしで、鰯(いわし)をつみれにして、鍋にしよう!と
決めていました。

二人で合わせて・・・

じゃ〜ん\(^_^)/
いわしのつみれ入り、カレーうどん風鍋♪

すっかり隠れてしまっていますが、
にんじん、玉ねぎ、じゃがいもも入っています。

うどんは「きしめん風」の平たい面。

みんなで
「いただきまぁ〜す,゜.:。+゜」
「ずるるるぅ…」「うまい!」

「そやろ、オレが9割つくったんやで(^∀^)ノ」
(つみれって、1割なのね…)

自慢げな長男の言葉とともに、美味しい時間となりました。
ごちそうさまでした( ´▽`)♪



この冬休みは、長男と2人でおでかけする機会をつくりました。

でっかいケーキが食べれる紅茶が美味しい店HERBS

写真じゃ大きさが分かりにくいかもですが、かなり大きい。
なんなく、さらり、ぺろり。2コ食べた長男(^^;;

なかなか語り合うことが少なくなってくる時期なのですが、
美味しいものを囲めるって、ほんま、ええ感じにしてくれます。


食卓や台所に子どもたちウェルカムー♪
食べねば、つくらねば、という義務感からではなく
親子で、おいしい、楽しい、うれしいの場にしていく。
教室や講座を通して、そんな家族の形を提案しています。

さて。今日はこのへんにて。
長くなっちゃいました。

最後までお読み下さりありがとうございます。
感謝。

<< | 2/12PAGES | >>