こどもキッチンホームページ


●ブログ内を検索

●こどもキッチンの本♪

★本の概要とオンライン書店
★amazonはこちら



●こどもキッチンFBページ


●カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

●カテゴリー

●最近の記事

●リンク

●アーカイブ

others

mobile

qrcode

【開催レポ】6歳からの料理塾こどもキッチンNEXT5月

こどももおとなも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

−−−
6歳からの料理塾こどもキッチンNEXT単発参加募集中!

<土曜の和食ランチ>★お席が空いています★

7/21・・・残3 (6/21現在)

共催:大阪成蹊短期大学:阪急京都線相川駅徒歩3分)

−−−

★中学生親子参加について★

ご希望があればお受けしています。

子どもの「やりたい気持ち」があれば、ぜひぜひ^^

−−−

 

本題の開催レポートです。

5月26日(土)に第ニ回目(土曜の和食ランチ)を開催しました。

IMG_9137mini.jpg

とっても美味しくできましたよー♪( ´▽`)

 

 

参加者アンケート(大人)です。

おみその味がすごく美味しかったです。

肉巻きについていたみその塊があったので、それを

ご飯のお供にして食べると、とてもマッチして、

おみそだけでも美味しく味わえた。

 

おみそ汁も優しい味で手造りみその魅力にハマりました。

みその旨さ、新発見でした。

(7歳女の子母)

 

 

新じゃがの肉みそ巻きをメインの一汁二菜。

今回は、自宅で仕込んだ「みそ」を持参しました( ´▽`)

 

大人のための料理教室で来年もまた「みそづくり」します。

よろしければぜひ♪⇒こんな感じです。

 

 

IMG_9042mini.jpg

熱いじゃがいも!あおいで、あおいで・・冷ます。

 

お友達と2人での分担作業。協力しあって作業していて、

「成長したなぁ〜」と思いました。

先の作業を予測しようとしている姿も見られ

「おーーーーっ すごい。」と思いました。

今日もおいしかったです。

(8歳女の子母)

 

 

IMG_9026mini.jpg

鍋が熱いから、ふきんを使って蓋をあける

 

自分の子ども含めて、

「子どもって、ここまでのことができるんだ」

って感心しました。

(8歳女の子父)

 

 

IMG_9082mini.jpg

マッシュポテトを豚肉で巻いています。

 

ここから、こどもアンケートです^^

002.jpg

にくまきがおいしいです。

しんじゃがいもを はじめてたべました。

つくってたのしかったです。

さいごのかたつけも たのしかったです。

ごはんつくるたいけんを ありがとうございます。

(7歳・小2女子)

 

 

003.jpg

たのしかった!!

フライパンがあつくてびっくりした。

(8歳・小3女子)

 

IMG_9079mini.jpg

肉巻きで巻く。油はねをガード!^^

 

004.jpg

作るのがたいへんだったけど食べてみると、とてもおいしかったです。

家でも作ってみたいです。

(小4・男子)

IMG_9123mini.jpg

みそ汁を入れるところ。真剣!

 

005.jpg

 

IMG_9129mini.jpg

できました( ´▽`)

 

006.jpg

みそしるが一ばんおいしかったです。

また、つくりたいです。

つくっれてうれしかったです。

またしたいです。

(7歳・小2女子)

 

IMG_9156mini.jpg

洗い物も楽しい^^

 

007.jpg

 

新じゃがのみそ肉まきのじゃがいもが 

やわらかくておいしかったです。

作っている時に はねてこわかったです。

みそ汁にわかめをいれて作るのが 

はじめてだったので できて楽しかったです。

ぜんぶおいしかったです。

ごちそうさまでした。

(8歳・小3女子)

 

IMG_9158mini.jpg

つくる・たべる・かたづける。全プロセス体験です^^

 

s.jpg

今日お料理をして、お母さんに自分で作った料理を

食べてもらってうれしかったです。

お母さんが「おいしい」と言ってくれたのでうれしかったです。

家でも作りたいです。

(8歳・小3女子)

 

 

以上、開催レポートでした( ´▽`)♪

 

 

たった一度の体験で、子どもはグーンと成長します。

子どもをどう見守ることが、子どもの育ちをつくるのか、

大人にとっても、実際の体験から学ぶ場です。

 

親と子とそれぞれに、体験から学ぶこどもキッチン。

 

小学生親子クラス、近日開催分は・・

 

こどもキッチンNEXT春夏コース

4回目:7月21日(土)

単発参加者募集中です。美味しいよぉー♪

 

 

なつやすみのこどもキッチンNEXT特別編

7月25日(水):ガパオライスをつくる日

8月25日(土):和食ランチをつくる日

⇒参加者募集中★詳しくは こちら

おいしいよぉ( ´▽`)ぜひご一緒いたしましょう。

 

最後までお読み下さってありがとうございます,゜.:。+゜

こどもキッチン主宰 石井由紀子

−−−−−−−−−−−−

ただいま募集中の教室(講座)と残席数は こちら

こどもキッチンの教室・講座一覧は こちら

お問い合わせは こちら

−−−−−−−−−−−−

★リアル書店で・ネット書店で。好評発売中,゜.:。+゜

こどもキッチン、はじまります。

2歳からのとっておき台所しごと

石井 由紀子(著), はまさき はるこ(絵) 
発行:太郎次郎社エディタス

 


【開催レポ】こどもキッチンワークショップ出張版*名古屋

こどももおとなも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

こどもキッチンは大阪で開催しているのですが、

本出版後、以前にも増して遠方からお越しになる方

が増えています。

 

今日、名古屋からご参加下さった方にお呼びいただき、

ご自宅まで伺ってのワークショップでした。

IMG_6787.JPG

名古屋駅。晴天!

 

2歳〜6歳までの12名の子どもたちが

大好きなお母さんと一緒にやってきました。

「おにぎり」をつくりました。

IMG_6768mini.jpg

写真:のりをちぎる

 

皆がおにぎりをつくる中。

寝転がってゴロゴロゴロゴロの2歳男の子。

あまり乗り気でない様子。

 

「やってもいいし、やらなくてもいいし、どっちでもよくて、

やらないならお母さんにやってもらうんだけど、どうする?」

と尋ねたら

 

「お母さん(にしてもらう)」

を選んだ彼。

 

 

「じゃ、やりたくなったら、お母さんに言ってね」

と伝え、お母さんが作業を始めたら、急に自分でやりたく

なったみたい。

 

喜々として、のりをちぎったり、ご飯握りはじめました♪

IMG_6772mini.jpg

こんな風に、子どもが「やりません。」を選択することを

許す場面って日常あまり存在しない、ですよね?

 

これまで生きていた中でも、例えば

学校なんかでも

先生が「やりましょう!」と言えば、

「やる」以外の選択肢なんて、最初からなかった、ですよね?

IMG_6781mini.jpg

写真:いただきまーす。


これまでそう生きてきた私たちには、

大人が言うことには「子どもは従うもんだ」という

軸が出来上がっています。

 

なので、子どもが自立期(2歳前後)に入ると

「おや?子どもは私の言うことをきかないぞ!?」と

とても戸惑います。言うことをきかせたくなっちゃいます。

 

目の前のことに取組もうとしない我が子をみると

ワサワサしちゃいます。

 

IMG_6782mini.jpg

写真​:おいしー!


だけど、子どもは生まれながらにして

「自分のことは自分で選ぶもんだ」として

生きています。

 

やる本人が、やるかどうかを決める。

 

選択の自由を子どもに渡した時、

子どもは本来の姿をみせてくれます。

 

グッと成長した姿で現れることがほとんどです。

写真:顔つき真剣!ゆっくりじっくり作業してます。

 

 

おにぎりを食べた後には、

子どもたちは、大学生のお姉さんたちと遊びタイム,゜.:。+゜

わいわい楽しんでました^^

 

大人は大人だけのミニセミナー,゜.:。+゜

 

子どもの行動の中にある

「なんで、それ、やるの−!」「どうしてそうなの〜!?」

を紐解いていく時間でした^^

 

子どもの内面にあることを知るのと知らないのとでは

その後の毎日、雲泥の差ですよ〜( ´▽`)〜♪

 

Q&Aコーナーでは、皆さんの日頃の子育ての疑問を

みていきました。子どもってほんとオモシロイって、

伺いながらワクワクしました。

 

 

例えば・・・

 

Q:子どもが交換条件を出してきます

「寝るから歯を磨いてから寝ようね!」というと

「じゃータブレットみてから、歯を磨く!」という。

交換条件をイチイチ出してくる!?これに応えていていいの?

(6歳のお母さん)

 

 

Q:子どもが『片付けがめんどくさいから、最初から

出さなければ片づけなくていいからと、おもちゃで遊ばない』

というのが心配。

(6歳お母さん)

 

・・・そんな疑問や質問からさらに深めていきました。

 

 

そして、とってもフレンドリーな子どもたち。

帰り際に

「また、おにぎりつくろうね〜!」

「また、一緒にお料理しようね〜!」

と手をふってくれました。会えてうれしかったです^^

 

日々の子育てのしんどさの中に、おっ!おもろいやん!!を

つくることができたなら、子育てしながら、毎日が楽しくなります。

そして、子どもは自立に向かって、ニコニコパワー全開になります。

そのきっかけに、今日の機会を使っていただけたならとても光栄です。

 

このたびは貴重な機会をありがとうございました。

 

 

最後までお読み下さってありがとうございます,゜.:。+゜

こどもキッチン主宰 石井由紀子

−−−−−−−−−−−−

ただいま募集中の教室(講座)と残席数は こちら

こどもキッチンの教室・講座一覧は こちら

お問い合わせは こちら

−−−−−−−−−−−−

★リアル書店で・ネット書店で。好評発売中,゜.:。+゜

こどもキッチン、はじまります。

2歳からのとっておき台所しごと

石井 由紀子(著), はまさき はるこ(絵) 
発行:太郎次郎社エディタス

 

 


【募集】7月のこどもキッチン★満2歳からの親子料理教室

こどももおとなも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

7月のこどもキッチン(2歳〜未就学児親子クラス)参加者募集です。

*米粉の手こねパン**
*ひよこ豆と夏野菜のとうふサラダ
*ひよこ豆のディップ(提供)
*ほうじ茶豆乳チャイ

**米粉のパンは「小麦グルテン使用」です。

 

IMG_8569mini.jpg

米粉のパンは、粉をこねるところからスタート!

 

オーブンで焼き上げ、焼きたてをパクリ!

もっちり感と玄米粉の香ばしい香りにほっぺが落ちます^^

 

ひよこ豆のディップでいただくのも美味☆彡

米粉使用のパンは、腹持ちとってもいいので、ご飯にもピッタリ♪

 

野菜のきゅうりとトマトを、

ひよこ豆や枝豆やとうふと一緒にサラダに。

豆の味の深さが美味しさを底上げしてるから、

こちらもペロリ!です( ´▽`)

 

黒糖で深さを出したほうじ茶豆乳チャイ。

シナモンはお好みでどうぞ。

 

IMG_4266mini.jpg

切る、飾る、こねる、形つくる・・・

子どもたちの大好き作業がたっぷり,゜.:。+゜

 

米粉のパンを成形中。2歳男の子。

いつもの週末を、美味しいパンをつくる時間に。そして、

我が子の真剣なまなざしを愛でるうれしいひとときに

してみませんか?

 

 

++2歳〜小学校入学前までのこどもがお料理をする教室です+++

 

リラックマVer.2日 時:

7月8日(日)10:15-13:00 / 14:15-17:00
7月14日(土)10:15-13:00 / 14:15-17:00
7月16日(月・祝)10:15-13:00(16日は午前のみ)

 

リラックマVer.2場 所:

茨木教室(東コミュニティセンター)
大阪府茨木市学園町4番18号*有料駐車場あり
地図(こどもキッチンWEBサイト)

阪急茨木市駅・JR茨木駅からバス利用のご案内 
京阪枚方市駅からバス利用

※バスは「阪急茨木市駅」からの方が速くつきます。

 

 

リラックマVer.2対 象:2歳以上の未就学児とその親


リラックマVer.2参加費:4,000円(こども1人・同行する大人1人の親子ペア)

当日現金にてお支払い下さい。
 

*こども1人追加 2,500円
*大人1人追加 1,500円(試食付き)

 

◎大人追加について

大人の「見学のみ(参加費無料)」はお受けしておりません。

教室に入室・ご同席される場合には「大人参加」として参加費を

頂戴しています。事前のお申込み(前日まで)をお願いできましたら、

幸いです。

 

◎子ども追加について

参加する子どもたちに、一人ずつ同じ作業量を準備・提供しています。

対象年齢(満2歳〜未就学児)のご兄弟の同席(参加せず、同席)

はお受けしていません。「こども追加」でのお申込みをお願いします。

「小学生」のご兄弟の「参加(調理する)」は可能です。

「1歳代の兄弟は?」「小学生兄弟の同席は?」等、

よくある質問については、こちらをご一読いただければ幸いです。

 

 
リラックマVer.2メニュー:

*米粉の手こねパン**

*ひよこ豆のディップ(提供) 
*ひよこ豆と夏野菜のとうふサラダ 
*ほうじ茶豆乳チャイ   

 

※安全・安心・美味しい♪

添加物フリーの調味料や無農薬減農薬のお野菜など

こどもキッチンの主な食材調達先はこちら( ´▽`)

 

※卵・乳製品不使用です。

**米粉のパンは「小麦グルテン使用」です。

※各メニューともにアレルギー対応は行っておりません。

御了承下さい。

 


リラックマVer.2申し込み方法:

1)申込みフォーム でのお申し込みは こちら

 

2)メール でのお申し込み

次の項目を記入の上、info@kodomo-kitchen.com までご連絡ください。

<件名>「こどもキッチン7月●日午前(もしくは午後)希望」

 

<本文>

・氏名(親・子ども) ふりがなをお願いします。
・子どもさんの生年月日と性別
・連絡先(【携帯】の電話番号・【自宅】の電話番号・メールアドレス)
・ご住所


*先着順にての受付。お早めにお申込ください。
*代理申込み不可です。直接ご本人がお申込みください。
*お申込み後、3日以内にお申込み完了のメールを送信いたします。

kodomo-kitchen@zpost.plala.or.jp から3日以内に「受付完了メール」

を送信します。受信可に設定して下さい。



★キャンセル料金について:
前日〜当日のキャンセルにつきましては、参加料の半額をキャンセル料
としてお受けいたします。手数料もご負担ください。
レシピは後日送付いたします。


★お願い
教室ではカメラでの撮影可。ビデオ撮影は不可です。
撮影の際、安全面での配慮等ご協力をお願いいたします。


★毎回の持ち物(これに追加する持ち物があれば、個別に連絡します)
【こども用】上靴(*)、エプロン、三角巾、おてふき(エプロンのポケットに入るサイズ)、

食器用ふきん、コップ、はし(使える場合)、スプーン・フォーク(必要な人)、お茶

 

【大人用】
エプロン、お茶、コップ、はし

 

*お子様の上靴を必ずお持ちください。

会場備え付けのスリッパは大変滑りやすく危険です。

お子様の上靴のご持参いただき、安全に過ごせますようご協力下さいましたら、

大変うれしく思います。

 

−−− −−− −−−−−− −−− −−−−−− −−− −−− −−− 
★教室はこんな感じです★

教室当日の子どもたちの様子や、参加者アンケートを紹介しています

これまでのこどもキッチン(満2歳〜未就学児;親子クラス)開催レポ
−−− −−− −−− −−− −−− −−−−−− −−− −−−−−−

☑やらせてあげたいけど、どこからどうすればいいのか分からない

☑兄弟一緒なので、結局うまくいかない

☑せっかく準備しても子どもが乗ってこない

☑うちの子にできるかしら?

そんな方も…

 

☑週末のひとときを親子の充実の時間にしたい

☑手先が器用に動く子になって欲しい

☑私料理が苦手だから、この際、私も学びたい

そんな方も…ウェルカム!ぜひご一緒しましょう( ´▽`)

 

やりたがる時が、成長の時☆彡

今がそのときなら、ぜひご一緒いたしましょう。

 

 

ただいま、6月のこどもキッチンも募集中!

*さかなと野菜和風マリネ包み焼き

*ミニトマトのマリネ
*じゃがいもの冷たいポタージュ(カレー風味)

*七分づき無農薬米ごはん

*ほうじ茶ゼリー(自家製レモンシロップ)

 

お席の状況は・・

6/9午前・・・残1、6/9午後・・・残5

6/16午前・・・満席

6/24午前・・・満席、6/24午後・・・残8

(6/2現在)

最新の残席数は こちら

 

6月のこどもキッチン詳しくは こちら(開催概要)をどうぞ。

 

 

最後までお読み下さってありがとうございます,゜.:。+゜

こどもキッチン主宰 石井由紀子

−−−−−−−−−−−−

ただいま募集中の教室(講座)と残席数は こちら

こどもキッチンの教室・講座一覧は こちら

お問い合わせは こちら

−−−−−−−−−−−−

★リアル書店で・ネット書店で。好評発売中,゜.:。+゜

こどもキッチン、はじまります。

2歳からのとっておき台所しごと

石井 由紀子(著), はまさき はるこ(絵) 
発行:太郎次郎社エディタス


<< | 2/292PAGES | >>