カフェサボローゾ×こどもキッチン2017夏のコラボなレポート♪

こどももおとなも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

夏と春。年に2回だけのコラボ企画。

「ほんまもんを味わう親子イベント」を7月26日に開催しました。

これ、コーヒー大好きな人にはたまらない企画なんですよ〜♪

 

米粉のフォカッチャを子どもたちが粉から捏ねて焼き上げ。

フィリングをつめて・・・

 

サンドイッチのようにしていただく。これに、

とびきり美味いアイス珈琲とデザート

 

当日の様子を写真とアンケートにて感じていただけると

うれしいです。

 

IMG_3338mini.jpg

会場は向こう側が「大人のコーヒー講座」で

手前側が「子どもの料理教室」、ダブルで構成。

 

 

IMG_3364mini.jpg

写真:パンを膨らませるのは「白神こだま酵母ドライ」

今から水を入れ、予備発酵です。

 

白神山地で採取された、

という酵母菌のドライイーストなんですけど、

これ、この酵母そのものが美味しいので、自然と

パンの味が上がるんです↑( ´▽`)↑

 

IMG_3365mini.jpg

写真:米粉などに水や油をいれていきます。

 

野菜等、好き嫌いが多い娘ですが、自分で作ったおかげで、

野菜たっぷりサンドを全部たべきりました

タルタルソースおいしいです!

 

コーヒーは家で自己流になってきていたので、またきけて

よかったです。家でやってみます。

(5歳女の子母)

 

春のコラボからのリピート参加ありがとうございます( ´▽`)

敬遠されがちな野菜をパクパク食べちゃった!!

作戦大成功!うれしいです。

 

コーヒーの淹れ方も、アイス珈琲を手で淹れると美味しさ倍増

ですよね。この贅沢さをぜひぜひお家でも♪

またの「復習リピ参加」お待ちしております。

(石井)

 

IMG_3346mini.jpg

写真:捏ね上げた記事を今から発酵していきます。

 

HOT(コーヒー)の時とは全く違う淹れ方で、また

コーヒーの知識、バリエーションが増え、

楽しくおいしかったです!フォカッチャもおいしい

 

家で自分で作るコーヒーとの違いにあらためてビックリです。

プロの味、たまに味わうのも必要だと感じました!

(7歳男の子母)

 

春のコラボからのリピート参加ありがとうございます( ´▽`)

初心忘るべからず。プロに学ぶと腕前は必ず上がります。

アイス珈琲も、奥深い。ぜひまたご一緒しましょう。

(石井)

 

IMG_3352mini.jpg

写真:フォカッチャの形をつくります。

 

今まで家でコーヒーをいれる際、かなり適当にしていたので、

お湯の注ぎ方や量など詳しく学べて、とても勉強になりました

 

子どもだけで料理できるのかと不安でしたが、横についていると、

つい口を出してしまい、ガミガミ言って反省することが多かったので、

離れていた方が良かったです。

(6歳女の子母)

 

初参加、ありがとうございます!

このチャンスを活かしていただけたことを心からうれしく感じています。

「子どもと一緒にどこいこ?」の「夏休み」「春休み」に企画しています。

またご一緒できますことを楽しみにしています。

(石井)

 

 

IMG_3362mini.jpg

写真:子どもたち、作業途中で洗い物もします。

 

コーヒーのいれ方について。今まで自分のやり方が

OKだった点、まちがっていた点、新たに得た知識もあり、
これからのコーヒー作りにとても役立ちました
(8歳・5歳母)
人は、よりよい道に進みたいと思っていても、または、
進んでいるつもりでも、実は迷路のようなところにいる
時があります。そして、それは、一人では気づくことが
できないのですね。
「コーヒーを豆から淹れる」も、これに似ています。
「これが珈琲の味、というものだろう」そう思って
疑いもしなかったのに、その道のプロに出会った時、
「本当に美味しいものを飲みたい!」という純粋さからきて、
今、自分にとっての必要を取り入れる素直さが現れてきます。
このチャンスを活かしていただけたことうれしく思います。
どうせ飲むならほんまもん。
次回は春休みです。またご一緒いたしましょう。
(石井)
IMG_3356mini.jpg
写真:子どもたちは「豆乳カフェオレ」を。
年齢の高い子どもたちが、注ぎ方のサポートをします。
こねものが大好きな子どもたちに、新しいメニューが
加わり良かったです。サラダと食べるととてもおいしく、
フォカッチャ一つで大人のおなかも十分に満たされました。
この夏、おひるごはんに作ってみたいと思います。
また、パン系の講座を開いて欲しいです。
(11歳、8歳、6歳)
米粉がベースのパンは、ランチにするにも、弁当に持たせるにも
本当にGOOD!しかも、一次発酵不要なので、短時間で出来上がるのも
うれしいところです。パン系の講座ね。考えてみますね。
(石井)
IMG_3380mini.jpg
写真:できたよー!試食タイムです。
タルタルソース!めちゃ好評でした。
デザートは豆乳もちのコーヒーソースがけです。
甘くない、主食となるパンの作り方を学んでくれたようなので
これからの朝食などに活用して欲しいなと思います。
コーヒーのいれ方も、ポイントを押さえて、なおかつ、
日常的にできる範囲のやり方を教えていただけて嬉しかったです。
(8歳女の子母)
甘くないパン。これポイントですよね。
菓子パンは、やっぱり「ご飯」にはなり得ないと思うし、
なによりも、小麦粉のパンの腹持ちの悪いので、そこが残念なところ。
すぐお腹空いてしまうし、たくさん食べたら食べたであーあ、って
なる。なので、米粉ベースのパン(今回は玄米粉入り)本当にいいな
って思います。自画自賛ですが(^^;;
コーヒーのいれかたも、特殊な器具を使わねば、ではなくて、
スーパーで手に入るドリッパーで十分美味しく淹れることができる。
体験から淹れるコツを知っていると、それが可能になりますね。
春休みには、ホットコーヒーをバッチリマスターしますんで、
またよろしければご一緒いたしましょう!
(石井)
※画像は カフェサボローゾwebサイト からいただいています

とっても親しみやすい濱崎さんはプロのコーヒー焙煎士&鑑定士。

私自身、彼の焼く豆の美味さとブレンド力は、すごい!と尊敬の念が

絶えません。妥協がない、けど、押しつけがましくない。

飲む人に「美味しい!」と言わしめるコーヒーを提供しながらも、

ただただ純粋に「ほんまもん」を味わって欲しい、というところにいる彼

言ってることと、やってることが一致してる、言動の一致がある人は

信頼がおけるし、実際、カフェサボの珈琲豆の美味さがそれを物語っています。


鑑定士世界タイトル2位という、実はビックタイトルを持っているという彼。

気さくなのに、実はすごい!というのも、うれしいところです。

 

次回の ほんまもんを味わうコラボイベントは「春休み」です。

どうぞお楽しみに,゜.:。+゜

 

こどもキッチン主宰 石井由紀子

−−−

こどもキッチンの教室・講座一覧は こちら

ただいま参加者募集中は こちら

お問い合わせは こちら



こどもキッチンホームページ



●こどもキッチンの本♪

★amazonはこちら

●こどもキッチンFBページ


●ブログ内を検索

●カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

こどもキッチンの教室・講座

◆会場へのアクセス
◆ただいま募集中の講座・教室
−−−
満2歳〜未就学児親子対象
●親子料理教室こどもキッチン
土日*単発開催  ⇒これまでの様子
−−−
6歳〜小学生親子対象
●料理塾こどもキッチンNEXT
土日4回コース  ⇒これまでの様子
−−−
6歳〜小学生親子対象
●こどもキッチンNEXT特別編
単発開催  ⇒これまでの様子
−−−
1歳半〜3歳親子対象
こどもキッチンfirst(ファースト)
平日*4回コース  ⇒これまでの様子
−−−
大人対象(親子参加/大人のみ参加)
●コミュニケーション講座
講師自宅/出張教室(主に平日) ⇒これまでの様子
−−−
もう悩まない!ぱくぱく食べる食卓の魔法 ●こどもの食講座
随時開催(1名から開催可。出張可)
⇒これまでの様子

−−−
講師活動(セミナー・講演)
−−−
コーチングセッション
−−−

こどもキッチン@ミクシィ



SpecialThanks
関西よつ葉連絡会

button1.jpgよつ葉のひこばえ通信
に掲載いただきました

hikobaetushin_201007_2.JPG
関西よつ葉会連絡会:ひこばえ通信7月号へ

関西よつ葉会連絡会:ひこばえ通信5月号へ

button1.jpg 京都新聞くらし面〜食変〜
に掲載いただきました

こどもキッチン京都新聞_食変10
京都新聞社より転載許可済

button1.jpgシティライフ3月号
に掲載いただきました

シティライフ記事
シティライフHPへ。該当ページの下部に記事掲載


button1.jpgシティライフ・阪神版
に掲載いただきました

シティライフ記事2
シティライフHPへ。該当ページに記事掲載

●最近の記事

●カテゴリー

●アーカイブ

●オススメ

泣きみそ校長と弁当の日
泣きみそ校長と弁当の日 (JUGEMレビュー »)
竹下 和男,渡邊 美穂
こどもがお弁当をつくることで、こんな世界が家庭に広がりを見せるんだと感動しました。どのエピソードも涙なくしては読めません。お勧めです。

●リンク

others

mobile

qrcode