こどもキッチンホームページ


●ブログ内を検索

●こどもキッチンの本♪

★本の概要とオンライン書店
★amazonはこちら



●こどもキッチンFBページ


●カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

●カテゴリー

●最近の記事

●リンク

●アーカイブ

others

mobile

qrcode

お母さんだけががんばるのをやめてみたら<1>

こどももおとなも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

 

本来ズボラで、なるべくしんどいことは避けたいタイプの私。

しょうもないことに凝り性だし、

私が台所に立つのは「うまいもんが食べたいから」。

どこまでも自分のためにだよなぁ・・・(遠い目)

 

 

長女が大学生となり巣立っていった今、

これまでの、我が家の子どもの台所仕事をふりかえって、
何回かに渡って書いていこうかな、と思います。

 

 

お母さんだけががんばるのをやめてみたら

めちゃええことあるよ〜みたいな感じ、です( ´▽`)

 


子どもは歩けるようになってくると、

自由になった手を使って

「めっちゃ手を使いたいぜ−!」とばかりに、

周りにある色々なものに突進していく。

 

 

散らかるし、

片付けないといけないし、

ややこしいし、正直、めんどくさい!!

「じっとしといて欲しいぜ−−−−−!!!」

 

 

そういう感覚。普通やと思います。

(私もそうだったよ(*´艸`))

 

 

なので、

テレビ(お母さんといっしょとか)を見せてる間に家事する、

これが長女が保育園に入るまで(1歳)の定番だったんだけど、

 

 

入園を希望している保育園の園長先生との面談の時

「え?お母さん、テレビ見せてるんですか?」

と言われたこの一言が、

すごーーーーーーく心に刺さって、

 

 

 

「え?あかんかったん?」「じゃ、やめてみる?」

と、あっさりシフト。

テレビを見せない生活をやってみることにしました。

 

 

 

 

 

その瞬間(子どもが小さい頃)は、

子どもには別のことをさせておいて、

自分で一人で料理した方が楽に感じるんだけど、

その後(子どもが大きくなってくると)、

断然違ってくる。

 

 

 

そこ(いらんとこ)がんばるのやめてみて、

エネルギーのかけどころを、少し変えてみる。

 

 

すると、

 

自分はがんばってなくてすごく楽なのに、

子どもにとっての「自分でできたで〜!」の

「自信」に満ちた瞬間が増えていく。

 

 

親と子の、双方にとっての実のあるメリット。

それが子どもの台所仕事です。

 

幼少期から子どもと一緒に料理すると、

断然、今と未来が楽しくなるよ。

 

 

では、続きはまたこんど!

 

 

最後まで読んでくださってありがとう!

こどもキッチン主宰 石井由紀子

−−−

こどもキッチンの教室・講座一覧は こちら

ただいま参加者募集中は こちら

お問い合わせは こちら