こどもキッチンホームページ


●ブログ内を検索

●こどもキッチンの本♪

★本の概要とオンライン書店
★amazonはこちら



●こどもキッチンFBページ


●カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

●カテゴリー

●最近の記事

●リンク

●アーカイブ

others

mobile

qrcode

自分と対話してみたら( ´▽`)♪

【自分をそのまま表現することへの抵抗】ってないですか?


「これ言ったら、どう思われるのだろう?」


そうやって、他人を軸にしていると
言いたいことは言えなくなってしまう。



【当たり障りのない、核心ではない部分は表現する】


けど…


【本当に言いたいことは、言わないまま】



そんななのに


【察して欲しい】って、どうなのかな?



その人の中に何があるのか


例えば…
思い、考え、喜び、哀しみ、
助けて欲しいのか、自分でやるのか

それらは、表現されるまでの間は、
周りからは見えないこと、なんだよね。




そして…
他人を軸にしている間に、いつのまにか、


自分ですら、


自分の本当の核心に
触れることを「しない」ようになってしまう。





今朝、父とのちょっとしたトラブルが元で、
石のように固まってしまった長男、14歳。
−−−
あと20分やで!
ご飯たべて!
あれして!
これして!

遅刻しないで!
ちゃんとやって!
しっかりして!

どうしてこんなことになるの!?
動いて〜!!!
−−−

そんな言葉を、
言いたかった自分もいたけど、


それを言っても、
何もならないことも分かっている自分もいて、

私は黙ったまま
 
自分のイケテナさを感じ、
自分と子どもとの間の境界線を

しっかりと感じるに徹してみた。



しばらくすると…


子どもはサッと食事を済ませて、
いつもどおり学校へ出発。

 

子どもの事を察してるつもりで、
何も察してやれず


何かしてやれるつもりなのに、
何もしてやれない。


 
子どもには子どもの軸があり、
それは私とは違う。

 
理解もできない、納得もいかない
でも、それでもいいかなって、

ただ、命あれば、それでいいかなって、
最近、よくそう思う。

 

誰よりも、自分に一番近い存在である自分自身が、


そのままの自分の気持ちを表現して、
それをそのまま、受けとる。


「そうだよね」って。


どんなにイケてなくてもいい。
繕わないで。
いいかっこしないで。
うまくやろうとしないで。



あなたの、今の、そのままの自分は
何をどう感じていますか?
 

--------------------------------------------------------------------------
ただいま募集中のこどもキッチンの教室・講座
---------------------------------------------------------------------------
★毎月の親子料理教室:単発参加可★
おからとココナツのクイックブレッド、野菜のミネストローネ、きゅうりの浅漬け

★子どもの「食べない」に悩む親のためのワークショップ

★大人のためのスペシャリティ珈琲講座&こどものおいしい調理体験


★1歳半からの親子対象♪大人のみの参加も可。親子で同じ空間にいながら学ぶ4回コース
コミュニケーション5月期【1歳半以上親子 または 大人のみ】
1.親子対象・子ども調理体験あり【時間】5/19、6/2、6/16、6/30
.大人対象・土日コース・調理体験なし【時間】5/30、6/20、7/5、9/5 
 
★子育ち食育実行委員会主催:夏休みこどもクッキング
7月26日(日)「会話がはずむ子育て術」場所:大阪ガスハグミュージアム(京セラドーム前)
---------------------------------------------------
2015.6.17現在