こどもキッチンホームページ


●ブログ内を検索

●こどもキッチンの本♪

★本の概要とオンライン書店
★amazonはこちら



●こどもキッチンFBページ


●カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

●カテゴリー

●最近の記事

●リンク

●アーカイブ

others

mobile

qrcode

中2男子と小3女子のご飯づくり(´ω`)

 
4月1日(火)夜
☆肉じゃが・・・この春、中2の長男作

「切って、水入れて柔らかくなるまで煮て、
しょうゆとみりんを入れて、ぐつぐつ水分飛ばす」と
口頭で伝えただけで、ちゃんとできた(*´艸`)さすがの中2。


☆焼き春巻き(右奥)・・・この春、小3次女作

「自分で考えてつくっていい?」が口癖の彼女。
「卵を入れてみたらどうなるかな・・・」と
一人ぶつぶつ言いながらのオリジナルレシピ

1)卵を卵焼き状に焼く
2)ねぎを小口切りにする
3)海老を一口大に切る
4)ライスペーパーを水で濡らし、1〜3の具を巻き込む
5)フライパンを油で熱し、4を焼く

味見して「味がない〜」と味付けをしていないことに気づく。
全体に塩をパラパラとふりかけ、味を調整。
とってもうまくいった( ´▽`)と満足げ。

とっても美味しかったです。

4月2日(水)夜

中2男子による「米粉と豆乳のホワイトシチュー」
何回かつくっているので、完璧に出来てました。おいしかった〜♪


小3女子によるオリジナルレシピ
「冷蔵庫の中の野菜を切って炒めてしょうゆで味付けしたのん」
だいこん、えのき・・・あとなんだっけ?
食感もよくておいしかったです。


出来上がりを大切そうに小さなお皿5枚に分けて、
みんなに食べてもらおうとする小3女子。
「おいしい?」と皆の反応を楽しみにしています。


家族5人の「量」がまだ分からないし、
本人オリジナルで考えてつくるので、
いつもかなり「少なめ」のできあがりです。

手もかなり動いているので、
そろそろ「5人分の量」でつくることをお願いする時期かも。


4月4日(金)夜
子どもたちのリクエストにより今晩はラーメンです☆彡
めったに食卓に登場しないので、大喜びの子どもたち。
たんぱく加水分解物など、添加物系の入っていないスープ付きの棒ラーメン。
そんなに値段も張らないし、おいしいんです(´ω`)


2人で役割分担をして、切ったり野菜炒めたり、麺を湯がいたり・・・。
さすがにこのメニューは出来上がりまでが、とっても速かったです(´ω`)

今日は「片付け」について、調理前に子どもたちと話し合いました。

【料理をつくる】とは【つくる・食べる・片付け】の全てを指す。
「血液も動脈だけで送りっぱなしだったら、
命が続かないでしょ〜。静脈も必要なのよ〜(´ω`)」

目立つこと、やりたいこと、自分が楽しいと
感じることだけをやっていては、仕事は成り立たない。


【片付ける、整理する】など地味な作業もセットになって
初めて仕事になる。


彼らは常に「やりたいこと満載」なので、
食べたら食器下げて「ごちそうさま〜」って、
どこかに行っちゃうことが多かったけれど、

しっかり話してみたら、食後に声をかけなくても、
きちんと片付けをやってくれました。


ふきんを洗う、除菌、干すという始末まで、
片付けまで全ての一通りを、ここ1ヶ月以内にお伝えして、
やってもらう予定。


片付けまで終わったキッチンに立つと気持ちよくて、
うれしかったです。


「ありがとう〜。きちんと片付けてくれたから、
今からの作業がはかどる〜♪うれしい( ´▽`)」
と伝えたら、子どもたちもうれしそうでした☆彡


最後まで読んでくれてありがとう,゜.:。+゜
感謝。