こどもキッチンホームページ


●ブログ内を検索

●こどもキッチンの本♪
こどもキッチンの本が出来ました。

●こどもキッチンFBページ


●カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

●カテゴリー

●最近の記事

●リンク

●アーカイブ

others

mobile

qrcode

ワークショップ参加者からの実践レポートです

11月15日のワークショップ
(子どもの台所仕事を可能にする大人のためのワークショップ)
参加者から、その後の実践レポートをいただきました。ありがとうございます

毎月のこどもキッチン(2歳からの親子料理教室)に、いつもご参加くださっている4歳女の子。
ワークショップ後、早速行動されたお母さん。環境を整えたら、どう変わったのでしょう?
(ご本人の掲載許可を得て、レポート紹介です。ご協力ありがとうございます。)


ワークショップの次の日にさっそく作った子ども用キッチン棚の写真をお送りします。

上段にお箸・箸置き、コップ、エプロンを、
下段にはお鍋・フライパンとIKEAの蓋付きケースに娘専用の調理道具
(そうめん蓋のまな板、滑り止め、泡立て器、木べら、計量スプーン、計量カップ、ざる、ボウル)
が入っていて、このケースを持ってきたらすぐに調理できるようにしました
(包丁だけは母が管理)。


作業するにはちょっとだけ高めですが、本人がこの高さを希望したので採用しました。
天板に料理を置いたら盛り付けや配膳をぱぱっとしてくれて、娘のためにしたのに
私がとても楽になってホクホクです♪


いしい先生のワークショップへの参加が、ターニングポイントになったと実感しております。


テレビを見なくなったかわりに、家族でトランプやボードゲームをしたり、
みんなで料理をしたり、同じ時を過ごしていると実感できること。


1ミリの迷いもなく叱ることは難しいけれど、そうできた時は
厳しく叱っても自責の念につぶされなくて、なんだかすがすがしい気持ちさえすること。


沢山の発見が、自分達らしく歩む道標になってくれている気がします。


いしい先生のワークショップに参加できたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも、こどもキッチンで親子共々、たくさん学ばせていただきたいと思います。
ありがとうございました。
(4歳女の子母)


レポートと写真を拝見して、感動しておもわず涙・・・でした

小さな子どもの持つ力は、子どもをとりまく環境の整え方しだいで、大きく発揮されます。
洗い物や配膳といった、一見料理のメインイベントではない部分も、小さな子どもにとっては、
「やりたくてしかたのないこと」なのです。

「頭で分かる」と「実際に試してみる」。この両者の間には、天と地ほどの差があります。
ワークショップはあくまでも、机上での頭の中での試運転。

実際の場所で試してみる。
子どもと一緒にやってみる。
試してみることから、本当のことが見えてきます。

子どもの「やりたい!」が満載の時期は、実は【期間限定】なのです。
今がその時なら、ぜひとも実践しましょう!


【ただいま、こどもキッチンfirst、参加者募集中です♪】
1歳半〜3歳までの親子料理教室こどもキッチンfirstは、1月期参加者募集中です。
こちらもワークショップ同様、大人対象の講座です。(子どもの調理体験つき)
隔週4回、2ヶ月間の実践を通して、子どもの本当の姿に触れてみませんか?
くわしくはこちらです♪

感謝。