2019年*ありがとうございました♪

こどももおとなも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

2019年が暮れていきます。

夜中11時過ぎ。紅白が大詰めを迎えての年越しそば。

tosikosisoba2n.jpg

出汁をひき、そばだしの香り漂うキッチンです。

今年は「春菊とにんじんとゴボウのかき揚げ」トッピング。

 

2019年は、仕事では、

全く新しい出会いと、以前からのご縁の中などいろんなつながり

からに、新しい何かを創り出す年となりました。

 

教室で出会う子どもたちは、

やる、っていうところにいつもいて、やればやるほどどんどん成長する。

そんな姿をみるたびに、

幸福度ランキング先進国最下位なんていう現実も、いくらでも変わる!!

そんな確信を新たにしていました。

 

 

プライベートでは、

3人の子育て終盤戦で、下の2人が中高生なのですが、

進路どうする?勉強どうなの?と心中穏やかでない時間もありました。

そして、12月半ばに1週間ほど長女の留学先(イギリス)に遊びにいってみて、

日本とは全く違う空気に触れる中で、もっと自由でいい、と許可が出て、

子育ての悩みも、別に悩みでもないよね、と気楽になっている今です。

 

おわりよければ すべてよし♪(*'▽')

2019年。ありがとうございました。

 

来る年が、みなさまにとって、みなさまの大切なご家族とともに、

おいしいね!がいっぱいの食卓が広がる年となりますように♪

 

どうぞよい年をお迎えください。

 

2019年(令和元年)12月31日

こどもキッチン主宰 石井由紀子

 

−−−ただいま募集中の講座・教室−−−

●1月のこどもキッチン(2歳〜未就学児親子クラス)

*中華ぱん(割包)*肉みそあん*にんじんサラダ など

−−−−−−−−−−−−

ただいま募集中の教室(講座)と残席数は こちら

こどもキッチンの教室・講座一覧は こちら

お問い合わせは こちら

−−−−−−−−−−−−

★リアル書店で・ネット書店で。好評発売中,゜.:。+゜

こどもキッチン、はじまります。

2歳からのとっておき台所しごと

石井 由紀子(著), はまさき はるこ(絵) 
発行:太郎次郎社エディタス 

 



こどもキッチンホームページ



●こどもキッチンの本♪

★amazonはこちら

●こどもキッチンFBページ


●ブログ内を検索

●カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

こどもキッチンの教室・講座

◆会場へのアクセス
◆ただいま募集中の講座・教室
−−−
満2歳〜未就学児親子対象
●親子料理教室こどもキッチン
土日*単発開催  ⇒これまでの様子
−−−
6歳〜小学生親子対象
●料理塾こどもキッチンNEXT
土日4回コース  ⇒これまでの様子
−−−
6歳〜小学生親子対象
●こどもキッチンNEXT特別編
単発開催  ⇒これまでの様子
−−−
1歳半〜3歳親子対象
こどもキッチンfirst(ファースト)
平日*4回コース  ⇒これまでの様子
−−−
大人対象(親子参加/大人のみ参加)
●コミュニケーション講座
講師自宅/出張教室(主に平日) ⇒これまでの様子
−−−
もう悩まない!ぱくぱく食べる食卓の魔法 ●こどもの食講座
随時開催(1名から開催可。出張可)
⇒これまでの様子

−−−
講師活動(セミナー・講演)
−−−
コーチングセッション
−−−

こどもキッチン@ミクシィ



SpecialThanks
関西よつ葉連絡会

button1.jpgよつ葉のひこばえ通信
に掲載いただきました

hikobaetushin_201007_2.JPG
関西よつ葉会連絡会:ひこばえ通信7月号へ

関西よつ葉会連絡会:ひこばえ通信5月号へ

button1.jpg 京都新聞くらし面〜食変〜
に掲載いただきました

こどもキッチン京都新聞_食変10
京都新聞社より転載許可済

button1.jpgシティライフ3月号
に掲載いただきました

シティライフ記事
シティライフHPへ。該当ページの下部に記事掲載


button1.jpgシティライフ・阪神版
に掲載いただきました

シティライフ記事2
シティライフHPへ。該当ページに記事掲載

●最近の記事

●カテゴリー

●アーカイブ

●オススメ

泣きみそ校長と弁当の日
泣きみそ校長と弁当の日 (JUGEMレビュー »)
竹下 和男,渡邊 美穂
こどもがお弁当をつくることで、こんな世界が家庭に広がりを見せるんだと感動しました。どのエピソードも涙なくしては読めません。お勧めです。

●リンク

others

mobile

qrcode