【お知らせ】コラボさせていただいています。おりょうりえほん by クックパッド

こどももおとなも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

こどもキッチンは、

クックパッドさん提供のおりょうりえほんでコラボさせていただいています。

2歳〜6歳の子どもが「大好きなお母さん、お父さんに読んでもらう絵本」という楽しみと、絵本を通して月に一度「食べること」や「お料理」に触れる機会。

 

・一緒につくる

・一人でつくる

・食を科学の観点からみる

・食を栄養の観点からみる

 

などなど。いろんな角度から毎回のテーマが決まっています。

これが「なかなかに本質をとらえている!」

そして、みためは可愛いく、読み聞かせも長すぎずちょうどいい加減♪

(文章長い絵本は、寝る前に読むと、なかなか終わらず大変だったりする…)

 

子どもには、

大好きなお母さんやお父さんに読んでもらう、忘れられないうれしい経験を♪

 

大人には、

「いっちょやってみるかー!」と「子どもの料理」へのハードルをグッと下げてくれる触発を♪

 

わが子が絵本が大好きな時期にぜひ☆彡

 

企画の段階からお声かけいただき「本質からぶれない絵本」を、

というお言葉のとおりの絵本の仕上がりを拝見し、

「小さい子ども育て中の過去に、こんなのあったら、ぜったい買ってたわー!」と

心の中で大きくつぶやきました(笑)

 

毎回料理レシピ(小学生〜大人向け)と料理のプロセスシールつき。

料理動画もあります。

 

おりょうりえほんの会員でなくても、

おりょうりえほんのWEBサイトで「ちょっと立ち読み」できます(笑)

石井は(たぶん)13冊目から巻末コラムなどを担当させていただいています。

栄養士さん、東京で子どもの料理教室を主宰されている方、

芸大の学生さんたちなどいろんな人の思いや愛が詰まった絵本です。

 

是非お手にとって親子で楽しんでいただけたなら、本当にうれしいです。

 

−−−−−−−−−−−−

ただいま募集中の教室(講座)と残席数は こちら

こどもキッチンの教室・講座一覧は こちら

お問い合わせは こちら

−−−−−−−−−−−−

★リアル書店で・ネット書店で。好評発売中,゜.:。+゜

こどもキッチン、はじまります。

2歳からのとっておき台所しごと

石井 由紀子(著), はまさき はるこ(絵) 
発行:太郎次郎社エディタス 



こどもキッチンホームページ



●こどもキッチンの本♪

★amazonはこちら

●こどもキッチンFBページ


●ブログ内を検索

●カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

こどもキッチンの教室・講座

◆会場へのアクセス
◆ただいま募集中の講座・教室
−−−
満2歳〜未就学児親子対象
●親子料理教室こどもキッチン
土日*単発開催  ⇒これまでの様子
−−−
6歳〜小学生親子対象
●料理塾こどもキッチンNEXT
土日4回コース  ⇒これまでの様子
−−−
6歳〜小学生親子対象
●こどもキッチンNEXT特別編
単発開催  ⇒これまでの様子
−−−
1歳半〜3歳親子対象
こどもキッチンfirst(ファースト)
平日*4回コース  ⇒これまでの様子
−−−
大人対象(親子参加/大人のみ参加)
●コミュニケーション講座
講師自宅/出張教室(主に平日) ⇒これまでの様子
−−−
もう悩まない!ぱくぱく食べる食卓の魔法 ●こどもの食講座
随時開催(1名から開催可。出張可)
⇒これまでの様子

−−−
講師活動(セミナー・講演)
−−−
コーチングセッション
−−−

こどもキッチン@ミクシィ



SpecialThanks
関西よつ葉連絡会

button1.jpgよつ葉のひこばえ通信
に掲載いただきました

hikobaetushin_201007_2.JPG
関西よつ葉会連絡会:ひこばえ通信7月号へ

関西よつ葉会連絡会:ひこばえ通信5月号へ

button1.jpg 京都新聞くらし面〜食変〜
に掲載いただきました

こどもキッチン京都新聞_食変10
京都新聞社より転載許可済

button1.jpgシティライフ3月号
に掲載いただきました

シティライフ記事
シティライフHPへ。該当ページの下部に記事掲載


button1.jpgシティライフ・阪神版
に掲載いただきました

シティライフ記事2
シティライフHPへ。該当ページに記事掲載

●最近の記事

●カテゴリー

●アーカイブ

●オススメ

泣きみそ校長と弁当の日
泣きみそ校長と弁当の日 (JUGEMレビュー »)
竹下 和男,渡邊 美穂
こどもがお弁当をつくることで、こんな世界が家庭に広がりを見せるんだと感動しました。どのエピソードも涙なくしては読めません。お勧めです。

●リンク

others

mobile

qrcode