こどもキッチンホームページ


●ブログ内を検索

●こどもキッチンの本♪
こどもキッチンの本が出来ました。

●こどもキッチンFBページ


●カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

●カテゴリー

●最近の記事

●リンク

●アーカイブ

others

mobile

qrcode

【募集】6/23(木) もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪

もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪は
「子どもの食」に悩む大人のための講座です。

これ、ほんまに結果出るんです!
これまでの受講者のその後は…こちら


これまでに、お子さんの少食、偏食、
そして、子どもが「食べ過ぎる」悩みの人もいらっしゃいました。
もちろん、受講者はその後必要な変化をつくっておられます。

なんでその食べ方なのかな?の背景にあるものを探ります。
我が子の「食」に「?」がある人はぜひ( ´▽`)♪


食事って、毎日のことだし、1回じゃないですからね。
ここ変化つくるのと、変わらぬ日々を過ごすのとでは、
雲泥の差、かもですよ〜!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
6 /23(木)もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
子どもの食事に、こんな思いを持ってはいませんか?
 
□せっかく作ったのにぃ・・・なんで食べてくれないの・・・(´д`)
□パクパク食べて欲しいのに、食が細くて…
□遊んだり、一口食べたりを繰り返して、いつも1時間も食事に時間をかけるので、困っている
□いつも食卓をぐちゃぐちゃにされて、毎食の片付けが憂鬱
□野菜をあまり食べないのが心配
□子どもが自分で食べようとしない。いつまで離乳食のように親が食べさせても大丈夫なの?
 
子どもがその食べ方をするのは、なんでかな〜?
実は【理由】があるんです。
 
子どもの心の本当のところと、食にまつわる大人の価値観。

両者の溝を明確にみていくと・・・
今悩んでいることのほとんどすべてが、
あっさりと消えてしまうかも知れません。


何を食べるのか も大切。
どう食べるのか は思っている以上にもっとずっと大切。


IMG_1264mini2.jpg
1日3回訪れるご飯タイムを楽しむ器を、手に入れてみませんか?

−−−−−−−−−−−−−
*『おいしいご飯と汁物』をワークで実践゜,゜.:。+゜
−−−−−−−−−−−−−−
土鍋とガス火で炊くご飯、出汁のうまみをしっかり引きだしてつくるみそ汁。
シンプルなのに、心も体もホッとほころぶ「基本のご飯」をワークで体験しましょう。
(試食つき)

−−−−−−−
*大人のみの講座。お子様の同席はできません。
−−−−−−−
本講座は、日頃の悩みの具体を、その全てを出し切ることから、スタートします。
子どもは小さくとも、言われていることのほぼ全てを、分かっています。
 
「自分が食べない」ことを「お母さんやお父さんは悩んでいる」という言葉をきけば、
子どもは「自分が悪い」と、とってしまう可能性があります。
その危険性を回避するため「子ども同席不可」といたします。
(なお、授乳中の0歳児は同席OK) −ご協力をお願いしたします(^-^)−

−−−−−−−
想定される子どもの年齢
−−−−−−
普通食に移行した子ども(1歳)〜小学校低学年(9歳)

IMG_1265mini2.jpg
もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪ 
いつもの・かんたん・シンプル。
おうちご飯は「手間なくフツー」が一番!

◇日程:
6/23(木)10時30分〜13時00分

◇参加費:
4,500円/大人1名

◇定員:
6名(大人のみ・先着順)

◇場所:茨木教室(講師自宅)
茨木市学園町 詳しくはお申込み後にお知らせ

◇持ち物:筆記用具、ノート

◇申込み方法: 
件名に「子どもの食講座」と記入し、 
本文に次の項目を記入の上、info@kodomo-kitchen.comまでメールにてお申込ください。 
・氏名
・こどもの生年月日と性別 
・連絡先(住所・電話番号【携帯・自宅の両方】・メールアドレス) 

※受付後、返信メールを送付いたします(3日以内)
※ドメイン@zpsot.plala.or.jpからの受信可に設定してください。

◇講師 親子料理教室こどもキッチン主宰 石井由紀子 
…プロフィールはこちら 


『こどもがパクパク食べる食卓の魔法』受講者からその後お便りはこちら( ´▽`)♪
★受講後の実践で、お子さんの様子が激変!?(2歳〜3歳さんのケース)
 毎回の食事が「楽に」「楽しく」なるよ!必要を感じたら、ぜひお試しください♪


−−−
参加者のご都合の良い日程で、こどもキッチンとしても開催可能な日程で
開催いたします。お一人でも開催いたします。お気軽にお問い合わせください。
−−−

ご案内は、以上です( ´▽`)
感謝。

【募集】4/26(火) もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪

この講座は「子どもの食」に悩む大人のための講座です。
で、これ、ほんまに結果出るんです!これまでの受講者のその後は…
こちら


これまでに、お子さんの少食、偏食、
そして、子どもが「食べ過ぎる」悩みの人もいらっしゃいました。
もちろん、受講者はその後必要な変化をつくっておられます。

なんでその食べ方なのかな?の背景にあるものを探ります。
我が子の「食」に「?」がある人はぜひ( ´▽`)♪



食事って、毎日のことだし、1回じゃないですからね。
ここ変化つくるのと、変わらぬ日々を過ごすのとでは、
雲泥の差、かもですよ〜!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4/26(火)もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

子どもの食事に、こんな思いを持ってはいませんか?
 
□せっかく作ったのにぃ・・・なんで食べてくれないの・・・(´д`)
□パクパク食べて欲しいのに、食が細くて…
□遊んだり、一口食べたりを繰り返して、いつも1時間も食事に時間をかけるので、困っている
□いつも食卓をぐちゃぐちゃにされて、毎食の片付けが憂鬱
□野菜をあまり食べないのが心配
□子どもが自分で食べようとしない。いつまで離乳食のように親が食べさせても大丈夫なの?
 
子どもがその食べ方をするのは、なんでかな〜?
実は【理由】があるんです。
 
子どもの心の本当のところと、食にまつわる大人の価値観。

両者の溝を明確にみていくと・・・
今悩んでいることのほとんどすべてが、
あっさりと消えてしまうかも知れません。


何を食べるのか も大切。
どう食べるのか は思っている以上にもっとずっと大切。


IMG_1264mini2.jpg
1日3回訪れるご飯タイムを楽しむ器を、手に入れてみませんか?

−−−−−−−−−−−−−
*『おいしいご飯と汁物』をワークで実践゜,゜.:。+゜
−−−−−−−−−−−−−−
土鍋とガス火で炊くご飯、出汁のうまみをしっかり引きだしてつくるみそ汁。
シンプルなのに、心も体もホッとほころぶ「基本のご飯」をワークで体験しましょう。
(試食つき)

−−−−−−−
*大人のみの講座。お子様の同席はできません。
−−−−−−−
本講座は、日頃の悩みの具体を、その全てを出し切ることから、スタートします。
子どもは小さくとも、言われていることのほぼ全てを、分かっています。
 
「自分が食べない」ことを「お母さんやお父さんは悩んでいる」という言葉をきけば、
子どもは「自分が悪い」と、とってしまう可能性があります。
その危険性を回避するため「子ども同席不可」といたします。
(なお、授乳中の0歳児は同席OK) −ご協力をお願いしたします(^-^)−

−−−−−−−
想定される子どもの年齢
−−−−−−
普通食に移行した子ども(1歳)〜小学校低学年(9歳)

IMG_1265mini2.jpg
もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪ 
いつもの・かんたん・シンプル。
おうちご飯は「手間なくフツー」が一番!

◇日程:
4/26(火)10時30分〜13時00分

◇参加費:
4,500円/大人1名

◇定員:
6名(大人のみ・先着順)

◇場所:茨木教室(講師自宅)
茨木市学園町 詳しくはお申込み後にお知らせ

◇持ち物:筆記用具、ノート

◇申込み方法: 
件名に「子どもの食講座」と記入し、 
本文に次の項目を記入の上、info@kodomo-kitchen.comまでメールにてお申込ください。 
・氏名
・こどもの生年月日と性別 
・連絡先(住所・電話番号【携帯・自宅の両方】・メールアドレス) 

※受付後、返信メールを送付いたします(3日以内)
※ドメイン@zpsot.plala.or.jpからの受信可に設定してください。

◇講師 親子料理教室こどもキッチン主宰 石井由紀子 
…プロフィールは
こちら 


『こどもがパクパク食べる食卓の魔法』受講者からその後お便りはこちら( ´▽`)♪
★受講後の実践で、お子さんの様子が激変!?(2歳〜3歳さんのケース)
 毎回の食事が「楽に」「楽しく」なるよ!必要を感じたら、ぜひお試しください♪

ご案内は、以上です( ´▽`)
感謝。

【募集】9/8(火) もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪

参加者募集です☆彡
9/8(火)もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪

子どもの食事に、こんな思いを持ってはいませんか?
 
□せっかく作ったのにぃ・・・なんで食べてくれないの・・・(´д`)
□パクパク食べて欲しいのに、食が細くて…
□遊んだり、一口食べたりを繰り返して、いつも1時間も食事に時間をかけるので、困っている
□いつも食卓をぐちゃぐちゃにされて、毎食の片付けが憂鬱
□野菜をあまり食べないのが心配
□子どもが自分で食べようとしない。いつまで離乳食のように親が食べさせても大丈夫なの?
 
子どもがその食べ方をするのは、なんでかな〜?
実は【理由】があるんです。
 
子どもの心の本当のところと、食にまつわる大人の価値観。

両者の溝を明確にみていくと・・・
今悩んでいることのほとんどすべてが、
あっさりと消えてしまうかも知れません。


何を食べるのか も大切。
どう食べるのか は思っている以上にもっとずっと大切。


IMG_1264mini2.jpg
1日3回訪れるご飯タイムを楽しむ器を、手に入れてみませんか?

−−−−−−−−−−−−−
*『おいしいご飯と汁物』をワークで実践゜,゜.:。+゜
−−−−−−−−−−−−−−
土鍋とガス火で炊くご飯、出汁のうまみをしっかり引きだしてつくるみそ汁。
シンプルなのに、心も体もホッとほころぶ「基本のご飯」をワークで体験しましょう。
(試食つき)

−−−−−−−
*大人のみの講座。お子様の同席はできません。
−−−−−−−
本講座は、日頃の悩みの具体を、その全てを出し切ることから、スタートします。
子どもは小さくとも、言われていることのほぼ全てを、分かっています。
 
「自分が食べない」ことを「お母さんやお父さんは悩んでいる」という言葉をきけば、
子どもは「自分が悪い」と、とってしまう可能性があります。
その危険性を回避するため「子ども同席不可」といたします。
(なお、授乳中の0歳児は同席OK) −ご協力をお願いしたします(^-^)
 
−−−−−−−
想定される子どもの年齢
−−−−−
普通食に移行した子ども(1歳)〜小学校低学年(9歳)

IMG_1265mini2.jpg
もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪ 
いつもの・かんたん・シンプル。おうちご飯は「手間なくフツー」が一番!

◇日程:9/8(火)10時30分〜13時00分

◇参加費:4,500円/大人1名

◇定員:5名(大人のみ・先着順)

◇場所:茨木教室(講師自宅)

茨木市学園町 詳しくはお申込み後にお知らせ

◇持ち物:筆記用具、ノート

◇申込み方法: 
件名に「子どもの食講座」と記入し、 
本文に次の項目を記入の上、info@kodomo-kitchen.comまでメールにてお申込ください。 
・氏名
・こどもの生年月日と性別 
・連絡先(住所・電話番号【携帯・自宅の両方】・メールアドレス) 

※受付後、返信メールを送付いたします(3日以内)
※ドメイン@zpsot.plala.or.jpからの受信可に設定してください。

◇講師 親子料理教室こどもキッチン主宰 石井由紀子 
…プロフィールはこちら 


写真はイメージです


ご案内は、以上です( ´▽`)
感謝。

【募集】7/7(火) もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪

参加者募集です☆彡
7/7(火)もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪

子どもの食事に、こんな思いを持ってはいませんか?
 
□せっかく作ったのにぃ・・・なんで食べてくれないの・・・(´д`)
□パクパク食べて欲しいのに、食が細くて…
□遊んだり、一口食べたりを繰り返して、いつも1時間も食事に時間をかけるので、困っている
□いつも食卓をぐちゃぐちゃにされて、毎食の片付けが憂鬱
□野菜をあまり食べないのが心配
□子どもが自分で食べようとしない。いつまで離乳食のように親が食べさせても大丈夫なの?
 
子どもがその食べ方をするのは、なんでかな〜?
実は【理由】があるんです。
 
子どもの心の本当のところと、食にまつわる大人の価値観。

両者の溝を明確にみていくと・・・
今悩んでいることのほとんどすべてが、
あっさりと消えてしまうかも知れません。


何を食べるのか も大切。
どう食べるのか は思っている以上にもっとずっと大切。


IMG_1264mini2.jpg
1日3回訪れるご飯タイムを楽しむ器を、手に入れてみませんか?

−−−−−−−−−−−−−
*『おいしいご飯と汁物』をワークで実践゜,゜.:。+゜
−−−−−−−−−−−−−−
土鍋とガス火で炊くご飯、出汁のうまみをしっかり引きだしてつくるみそ汁。
シンプルなのに、心も体もホッとほころぶ「基本のご飯」をワークで体験しましょう。
(試食つき)

−−−−−−−
*大人のみの講座。お子様の同席はできません。
−−−−−−−
本講座は、日頃の悩みの具体を、その全てを出し切ることから、スタートします。
子どもは小さくとも、言われていることのほぼ全てを、分かっています。
 
「自分が食べない」ことを「お母さんやお父さんは悩んでいる」という言葉をきけば、
子どもは「自分が悪い」と、とってしまう可能性があります。
その危険性を回避するため「子ども同席不可」といたします。
(なお、授乳中の0歳児は同席OK) −ご協力をお願いしたします(^-^)
 
−−−−−−−
想定される子どもの年齢
−−−−−
普通食に移行した子ども(1歳)〜小学校低学年(9歳)

IMG_1265mini2.jpg
もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪ 
いつもの・かんたん・シンプル。おうちご飯は「手間なくフツー」が一番!

◇日程:7/7(火)10時30分〜13時00分

◇参加費:4,500円/大人1名

◇定員:5名(大人のみ・先着順)

◇場所:茨木教室(講師自宅)

茨木市学園町 詳しくはお申込み後にお知らせ

◇持ち物:筆記用具、ノート

◇申込み方法: 
件名に「子どもの食講座」と記入し、 
本文に次の項目を記入の上、info@kodomo-kitchen.comまでメールにてお申込ください。 
・氏名
・こどもの生年月日と性別 
・連絡先(住所・電話番号【携帯・自宅の両方】・メールアドレス) 

※受付後、返信メールを送付いたします(3日以内)
※ドメイン@zpsot.plala.or.jpからの受信可に設定してください。

◇講師 親子料理教室こどもキッチン主宰 石井由紀子 
…プロフィールはこちら 


写真はイメージです


ご案内は、以上です( ´▽`)
 
--------------------------------------------------------------------------
ただいま募集中のこどもキッチンの教室・講座★お申込みはお早めに(^∀^)ノ
-------------------------------------------------------------------------------
★毎月の親子料理教室:単発参加可★
おからとココナツのクイックブレッド、野菜のミネストローネ、きゅうりの浅漬け

★子どもの「食べない」に悩む親のためのワークショップ
 

★大人のためのスペシャリティ珈琲講座&こどものおいしい調理体験


★1歳半からの親子対象♪大人のみの参加も可。親子で同じ空間にいながら学ぶ4回コース
コミュニケーション5月期【1歳半以上親子 または 大人のみ】⇒単発参加者・募集中ー♪
1.親子対象・子ども調理体験あり【時間】5/19、6/2、6/16、6/30
.大人対象・土日コース・調理体験なし【時間】5/30、6/20、7/5、9/5 
 
★子育ち食育実行委員会主催:夏休みこどもクッキング
7月26日(日)「会話がはずむ子育て術」場所:大阪ガスハグミュージアム(京セラドーム前)
---------------------------------------------------
2015.6.14現在 

【募集】12/2(火) もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪

募集★もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪ 
いつもの・かんたん・シンプル。おうちご飯は「手間なくフツー」が一番!
 
子どもの食事に、こんな思いを持ってはいませんか?
 
□せっかく作ったのにぃ・・・なんで食べてくれないの・・・(´д`)
□パクパク食べて欲しいのに、食が細くて…
□遊んだり、一口食べたりを繰り返して、いつも1時間も食事に時間をかけるので、困っている
□いつも食卓をぐちゃぐちゃにされて、毎食の片付けが憂鬱
□野菜をあまり食べないのが心配
□子どもが自分で食べようとしない。いつまで離乳食のように親が食べさせても大丈夫なの?
 
子どもがその食べ方をするのは、なんでかな〜?
実は【理由】があるんです。
 
日頃の様子・参加者の具体的な体験から、
目には見えないけれど、絶大な影響を及ぼしている価値観を紐解いていきましょう。
 
子どもの心の本当のところと、食にまつわる大人の価値観。
両者の溝を明確にみていくと、
今悩んでいることのほとんどすべてが、あっさりと消えてしまうかも知れません。

IMG_1264mini2.jpg
 
家族で楽しく食卓を囲む時間。
子どもも大人も元気に、ご飯をおいしくいただく時間。
1日3回訪れるご飯タイムを楽しむ器を、手に入れてみませんか?
 
−−−−−−−−−−−−−
*『おいしいご飯と汁物』をワークで実践゜,゜.:。+゜
−−−−−−−−−−−−−−
土鍋とガス火で炊くご飯、出汁のうまみをしっかり引きだしてつくるみそ汁。
シンプルなのに、心も体もホッとほころぶ「基本のご飯」をワークで体験しましょう。
(試食つき)

−−−−−−−
*大人のみの講座。お子様の同席はできません。
−−−−−−−
本講座は、日頃の悩みの具体を、その全てを出し切ることから、スタートします。
子どもは小さくとも、言われていることのほぼ全てを、分かっています。
 
「自分が食べない」ことを「お母さんやお父さんは悩んでいる」という言葉をきけば、
子どもは「自分が悪い」と、とってしまう可能性があります。
その危険性を回避するため「子ども同席不可」といたします。
(なお、授乳中の0歳児は同席OK) −ご協力をお願いしたします(^-^)
 
−−−−−−−
想定される子どもの年齢
−−−−−
普通食に移行した子ども(1歳)〜小学校低学年(9歳)

IMG_1265mini2.jpg
もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪ 
いつもの・かんたん・シンプル。おうちご飯は「手間なくフツー」が一番!

◇日程:12/2(火)10時30分〜13時00分

◇参加費:4,500円/大人1名

◇定員:5名(大人のみ・先着順)

◇場所:茨木教室(講師自宅)

茨木市学園町 詳しくはお申込み後にお知らせ

◇持ち物:筆記用具、ノート

◇申込み方法: 
件名に「子どもの食講座」と記入し、 
本文に次の項目を記入の上、info@kodomo-kitchen.comまでメールにてお申込ください。 
・氏名
・こどもの生年月日と性別 
・連絡先(住所・電話番号【携帯・自宅の両方】・メールアドレス) 

※受付後、返信メールを送付いたします(3日以内)
※ドメイン@zpsot.plala.or.jpからの受信可に設定してください。

◇講師 親子料理教室こどもキッチン主宰 石井由紀子 
…プロフィールはこちら 


写真はイメージです

−−−
前回参加の方から、その後の様子をメールでいただきました(´▽`)

−−−
◇講座翌日メール
昨日はありがとうございました!
「ご飯」に対する価値観が変わったような気がします。
少なくとも、「食べさせなきゃ」という先入観や、
「食べてくれない」という偏った見方からは解放された気がします。
自分の為にも、改めて家族のご飯作りを見直します!

◇さらにその翌日メール
「☆☆作戦」で食べましたー!
「食べなかったら終わり」の引き際の線引きも、守りきることが大事ですね。
ちゃんと昆布といりこで取ったお味噌汁、最高に美味しかったです。
−−−
おめでとうございます(´▽`)
講座後の「即実践」が、ほんとうに機能的やなぁ…とメール読んで感動☆彡

講座をきっかけに、さっと「あり方」を変化させて、悩みを悩む今を完了する。
悩みに絡め取られていた時間を取り戻す。

子どもを等身大で観ることの、楽しいワクワク感を毎日の食卓で実感する( ´▽`)
そうシフトしたい方、募集です。

【募集】10/30(木) もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪

NEW  もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪ 
いつもの・かんたん・シンプル。おうちご飯は「手間なくフツー」が一番!
 
子どもの食事に、こんな風な思いを持ってはいませんか?
 
□せっかく作ったのにぃ・・・なんで食べてくれないの・・・(´д`)
□パクパク食べて欲しいのに、食が細くて…
□遊んだり、一口食べたりを繰り返して、いつも1時間も食事に時間をかけるので、困っている
□いつも食卓をぐちゃぐちゃにされて、毎食の片付けが憂鬱
□野菜をあまり食べないのが心配
□子どもが自分で食べようとしない。いつまで離乳食のように親が食べさせても大丈夫なの?
 
子どもがその食べ方をするのは、なんでかな〜?
実は【理由】があるんです。
 
日頃の様子・参加者の具体的な体験から、
目には見えないけれど、絶大な影響を及ぼしている価値観を紐解いていきましょう。
 
子どもの心の本当のところと、食にまつわる大人の価値観。
両者の溝を明確にみていくと、
今悩んでいることのほとんどすべてが、あっさりと消えてしまうかも知れません。

IMG_1264mini2.jpg
 
家族で楽しく食卓を囲む時間。
子どもも大人も元気に、ご飯をおいしくいただく時間。
1日3回訪れるご飯タイムを楽しむ器を、手に入れてみませんか?
 
,.:+゜ワークで実践,.:+
土鍋とガス火で炊くご飯、出汁のうまみをしっかり引きだしてつくるみそ汁。
シンプルなのに、心も体もホッとほころぶ「基本のご飯」をワークで体験しましょう。
(試食つき)
 

−−−−−−−

*大人のみの講座。お子様の同席はできません。
−−−−−−−
本講座は、日頃の悩みの具体を、その全てを出し切ることから、スタートします。
子どもは小さくとも、言われていることのほぼ全てを、分かっています。
 
「自分が食べない」ことを「お母さんやお父さんは悩んでいる」という言葉をきけば、
子どもは「自分が悪い」と、とってしまう可能性があります。
その危険性を回避するため「子ども同席不可」といたします。
(なお、授乳中の0歳児は同席OK) −ご協力をお願いしたします(^-^)
 
−−−−−−−
想定される子どもの年齢
−−−−−
普通食に移行した子ども(1歳)〜小学校低学年(9歳)

IMG_1265mini2.jpg
もう悩まない!こどもがパクパク食べる食卓の魔法♪ 
いつもの・かんたん・シンプル。おうちご飯は「手間なくフツー」が一番!

◇日程:10/30(木)10時30分〜13時00分

◇参加費:4,000円/大人1名

◇定員:5名(大人のみ、先着順)

◇場所:茨木教室(講師自宅)

茨木市学園町 詳しくはお申込み後にお知らせ

◇持ち物:筆記用具、ノート

◇申込み方法: 
件名に「子どもの食講座」と記入し、 
本文に次の項目を記入の上、info@kodomo-kitchen.comまでメールにてお申込ください。 
・氏名
・こどもの生年月日と性別 
・連絡先(住所・電話番号【携帯・自宅の両方】・メールアドレス) 

※受付後、返信メールを送付いたします(3日以内)
※ドメイン@zpsot.plala.or.jpからの受信可に設定してください。

◇講師 親子料理教室こどもキッチン主宰 石井由紀子 
…プロフィールはこちら 


写真はイメージです

私自身、子どもの食(偏食)に悩みまくりました。
いっぱいいろいろトライしました。
こどもキッチンスタート後は、教室の参加者の悩みも聴きまくりました。
 
で、あることに気がつきました。
 
気づいたうちの1つ。
子どもはパクパク食べたいし、食べれるようになりたいし、
そうなった自分をめちゃ喜んでいる、ということ。
(複数の教室参加者の体験談より)
 
悩みに絡め取られていた時間を取り戻す。
子どもを等身大で観ることの、楽しいワクワク感を毎日の食卓で実感する( ´▽`)
そうシフトしたい方、募集です。

当初告知のタイトルから変更してみました(*´艸`)(10/16変更)
---------------------------------------------------
ただいま募集中のこどもキッチンの教室・講座
----------------------------------------------------
NEW大人対象:単発講座 10/30(木)★お申込みはお早めに(^∀^)ノ
〜いつもの・かんたん・シンプル。おうちご飯は「手間なくフツー」が一番〜 
 
★親子参加型・大人のための講座4回コース・子どもの簡単1・2ステップ調理つき 
こどもキッチンコミュニケーション講座10月期 
時間(水曜4回コース、10/1スタート)★単発参加可★
10/29…残2、11/12…残4

★毎月開催・単発参加☆いっぱい体験できて・おいしくてニコニコ♪
さつまいもごはん、根菜のうまみたぷり豚汁、いもようかん
 
2歳〜未就学児のための親子料理教室・こどもキッチン11月【満2歳以上】 
鮭とじゃがいもの豆乳グラタン、たまねぎたっぷりスープ、みかんゼリー(提供)
 
★大人対象・11/20(木)と12/9(火)があります(^_-)-☆今年のことは今年のうちに,゜.:。+゜
----------------------------------------------------
2014.10.16現在

| 1/1PAGES |