こどもキッチンホームページ


●ブログ内を検索

●こどもキッチンの本♪
こどもキッチンの本が出来ました。

●こどもキッチンFBページ


●カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

●カテゴリー

●最近の記事

●リンク

●アーカイブ

others

mobile

qrcode

タイ&ベトナムの"食"日記を書きました

昨年末に、タイ&ベトナムに行きました。
もしよろしければ、ご欄ください↓
タイとベトナム"食"日記へ


タイ&ベトナム”食”日記〜

 
最終日は早朝に現地人の行くマーケットに買い物に行き、
大量の春巻きの皮などをゲット。

朝食後、ハノイの中心部、街中を散策。
途中でカフェを発見したので、入ってみると、
次から次へと、欧米人の旅行者が入ってきて、すぐに満員に。

こりもせず、マンゴージュースを頼む。
やっぱり、おいしい。


「ピザが食べたい!」と子どもたち。



サンドイッチがおいしいかも〜と注文。

おいしかったけれど
パンは近所のパラダイスアンドランチの方が、おいしい(^^)


夜はSEN(セン)というビュッフェ形式のレストランに行きました。
週末は一人1400円で食べ放題。
魚介類も新鮮で、ベトナム料理はもちろんのこと、「さしみ」や「寿司」などもありました。

現地の富裕層の方たちが利用されているイメージでした。超満員。

SENに来る前に、高級スーパーマーケット(?)に行きました。
最上階には、回転すし屋さんもあり、こちらも超満員。
日本食もブームなのかなぁ〜。


挙げた「ふ」入り、鶏がらスープのフォー。
繊細な味つけで、めちゃくちゃおいしい。いろいろフォーを食べましたが、
ここのが最高でした。
おかわりしました。



青パパイヤのピクルス、揚げ春巻き、えびのグリル、黒糖入り米粉の団子。
めちゃおいしい。

この夜に帰国だったので、時間もなく、料理が豊富すぎて食べつくすことは
できませんでした。残念〜。

帰国後、フォーと春巻きの特訓です。
おいしく作れるようになりたいー♪

タイ&ベトナム旅行はこれにて、終了ー♪

タイ&ベトナム”食”日記〜

 
翌朝、バスに乗り込み、ハロン湾へ。
船でクルーズしつつ、世界遺産の岩を見に行きます。


バスに揺られて、4時間。長かった〜〜〜。
船に乗り込み、お食事開始!


エビの塩茹で。
感激するおいしさ!全く臭みがなく、甘い。
あんまりエビは普段食べないのですが、これはおいしいので〜(^-^)



海鮮スープ。


かにのすり身のカニコロッケ。おいしっ。


揚げ春巻き。ソースは「酢+砂糖+唐辛子少し」+「ネギ」。

ベトナムの春巻きの皮は米粉です。
薄いので、何枚か重ねて揚げています。

必ずといっていいほど、きくらげが入っています。
めちゃくちゃおいしい。
これが作れるようになりたい。


船は途中、海上のお魚売り場(いけす)へ立ち寄り。
「かぶとえびはいかがですか〜?」

どこを食べるのか・・・。

”足”をいただくのだそうです。



誰も買わなかった、かぶとえび。


果物売りのおばちゃんも。
柿や梨、みかんにバナナ。全部、ベトナムの地場の果物です。
みかんを買いました。


いかの炒め物。




これが世界遺産の奇岩。直線的に切り立った岩の島々。


白身魚の炒め物。

船の中での食事なので、どんなのかなぁ〜と半信半疑でしたが、
やっぱり、ベトナム。めちゃおいしかったです。
ごちそうさまでした。


晩ご飯は、バーミエンというレストランに行きました。


生春巻き。
盛り付けも美しく、巻き方も美しく。おいしい。
日本だと笹の葉を引きますが、こちらでは、バナナの葉などを使うようです。


ベトナム風オムライス。子どもに好評。




豆腐のスープ。


鶏のスープのフォー


ワンタン入りラーメン


ココナツアイス


パイナップルアイス。


マンゴープリン


どれもおいしく、日本人の口に合うお料理ばかりです。
閉店間際に行きましたが、ゆったりできました。
ごちそうさまでした。

タイ&ベトナム”食”日記イ

タイ&ベトナム”食”日記〜

 
今日はベトナム(ハノイ)へ移動の日です。
ホテルの朝食。
毎食、焼きトマトを欠かさず、いただきました。ごちそうさまでした。



ベトナムへ飛ぶ飛行機の機内食。こちらはチャイルドミール。
チョコケーキとスニッカーズを喜ぶ5歳。


魚を選びました〜。
飛行機はベトナム航空ですが、機内食はタイ航空からの提供。
機内食とは思えないおいしさ。めちゃくちゃおいしぃ〜!春雨のサラダも完璧です。

さすが、タイ航空。

タイ=ほほえみの国

というので、めちゃ皆が微笑んでいるのではないか・・と想像していましたが、
思うほど、皆が微笑んでいることはありませんでした(笑)

想定以上にご飯がおいしく、交通渋滞も激しく、
経済が発展していってるんやなぁ〜とエネルギッシュな空気をいっぱいいただきました。

でもって、郊外に行けば、畑もいっぱいあって、野菜もお肉も全部、地のもの。
「”食”を輸入に頼らないと、おいしいご飯が食べれるんかなぁ〜」とうらやましくなりました。



ベトナム到着。初の社会主義国体験。
こんな籠の帽子をかぶった人が歩きながら、野菜などを売ったりしていました。

タイと何が違うかというと、人の表情。日本人に近い。中国人に近いといいましょうか。
無表情な感じ。


晩ご飯は、シーズンズというレストランへ。




エビの生春巻き。
にんじんの花もきれい〜。見て楽しく、食べてもおいしい。
ソースは、酢+砂糖+唐辛子少し。



ココナッツライス。
ココナツの殻にご飯がてんこ盛り。
ベトナムのご飯もおいしいです。


海鮮焼きそば。
長崎ちゃんぽんを思い出す。


空芯菜の炒め物。
空芯菜が、めちゃくちゃおいしい〜!



コーンのココナッツミルクスープ。
こちらは、ちょっと不思議な味でした。
ふわっとして、ほんのり甘く。冷たくなくて、温かいデザート。

ベトナム全土のお料理を網羅したレストランでした。
スタッフの応対も丁寧で、落ち着けました。
おいしかったですー♪ごちそうさまでした。

タイ&ベトナム”食”日記〜い

タイ&ベトナム”食”日記〜

 
バンコク2日目。
米粉の麺とご飯と・・・。炭水化物パワー(^-^)

辛い料理ばかりじゃなので、助かります。
ご飯(お米)のお陰か、体調はめちゃ良かったです。


デザートもしっかり。
パイナップルと梨(硬くて、甘くない)。
緑のグアバジュース。


マンゴージュース
今日は長女と2人。街中を買い物&散策です。

タイに旅行することが決まり、「タイ料理=辛い」が大丈夫なのか!?

辛いのが苦手な、私と長女は、梅田にあるマンゴツリーカフェという
タイ料理のお店に事前にチェック(?)に行きました。
マンゴツリーカフェのランチはお徳で、めちゃおいしくて


で、本店がバンコクにあるということで、
マンゴツリーというレストランに来ました。

一旦凍らせた後、粉砕したマンゴジュース。
旅行中に飲んだ中で、ここのが一番おいしかったです。

タイカレー
タイカレー(手前)、ジャスミンライス(奥)。

カレーも思ったほど辛くなく、おいしかったです。

タイでは200種類くらいのお米があり、ジャスミンライスは最新の品種
なのだそうです。ジャスミンの香りがして、味があって・・・。
カレーに良くあいます。
このレストランのは、古代米もちょっと混ざってました。

シーフードのトム・ヤム
はやり、一見、みそ汁のようですが・・・。
これは、シーフードのトム・ヤムです。

これが、、、、、辛い・・・(汗)
長女は食べてくれず、私が一人で頑張って、最後までいただきました。
めちゃ汗が吹き出ました。

スープには、必ずといっていいほど、しょうがが入っています。
千切りとかではなく、輪切りのしょうがです。。。

「このまま食べるのかー???」と
また悩みつつ、一つだけ食べてみました。

汗が出ます。暑い南国には必須のスープだと実感しました。


ザボンのタイ風サラダ
ザボンのタイ風サラダ。

「ザボン」とは、とてつもなく、大きい、みかんのことです。
車で走っていると、ザボンとココナツのお店が、いっぱい道端にありました。

エビとザボンって、あうんですね。
めちゃおいしくいただきました。


エビのすり身のから揚げ
エビのすり身のから揚げ。

めちゃおいしいです。
エビが全然臭みがない。新鮮さが、ダイレクトに味に反映されて。

「ブラックタイガーは苦手」と思っていましたが、鮮度の問題ですよね。
見直しました。


えびのオイスター炒め
エビのタマリンドソース炒め。

見たとおりの、おいしさでした(笑)


晩ご飯は、ホテルから徒歩圏内のレストランへ。
夜もタイ料理です。ニア・イコールという日本人経営のお店です。


タイ人のガイド、BANRIさんに「タイ料理のお勧め」といわれた
「青パパイヤのサラダ」



タイ風オムレツ。



タイ風ヌードル


揚げ春巻き。
甘くて、すっぱくて、辛いソースにつけて、いただきます。
(めちゃ、うまい)



ココナツアイス
(めちゃ、うまい)


マンゴーアイス
(めちゃ、うまい)


ココナツミルクのあんみつ
(めちゃ、うまい)

全てのお料理が辛すぎず、マイルドで、デザートも全部おいしかったです。
ニア・イコールは1月に場所を移転するらしく、レストランと併設の雑貨屋さんも
一緒にお引越しなのだそうです。

日本にも同じお店があったらいいのになぁ〜と思いました。

タイ&ベトナム”食”日記〜へ

タイ&ベトナム”食”日記〜

2011年末にタイ・バンコクとベトナム・ハノイに行ってきました。
旅の目的は”食”
どちらもハズレなく、とってもおいしい食をめぐってきました。
”食”の旅日記です。



関空からバンコクへ飛ぶ機内食。和食をチョイス。
JALのかな?化学調味料系の味がする・・・。






関空⇒ベトナム・ホチミン(空港乗り継ぎ4時間待ち・・・)⇒タイ・バンコク。
近いはずなのに、12時間もかかった・・・。
ホテルに到着すると、クリスマスツリーと巨大なお菓子のおうち。







翌朝。ホテル内レストランで、バイキング形式の朝食。
焼いたトマトがおいしい。
野菜が新鮮で、ごはんがおいしくて、最高です。




現地ガイドさんに連れて行ってもらった「ココナッツ砂糖」製作所。
ココナツミルクを、大鍋でぐつぐつぐつ・・・。
写真右下のように「黒砂糖」状の砂糖が固まってきます。

素朴でおいしい。きび砂糖の黒砂糖とは違い、味はマイルドで
あっさりしたキャラメルのような味。

ここに来る途中、塩田がありました。
見た目は田んぼですが、田んぼには、水ではなく、塩水が張られています。
地下水が、海水なのだそうで。
そのまま天日干し。

味見してみると、辛すぎず、ミネラルタップリの味がしました。
日本で天日干しの塩は、とても高いイメージがありますが、
こちらでは普通に食されているのかなぁ〜。

うらやましいです。




次に、ローズガーデンというところで、バイキング形式(ビュッフェ)の昼食です。
左のカゴ、手前の黄色いのは「バナナの花」です。
バナナの花は体によいと珍重されているそうです。
あまりおいしい〜というものではありませんが、産婦さんにもいいらしく、
いろんなレストランで見ました。

奥の緑のは、ニラです。
こちらも良く出てきました。

写真右はパッタイ(タイ風焼きそば)です。



・グリーンカレー
・ライス
・パッタイ(ピーナツ、バナナの花、ニラをのせて)
・空芯菜の炒め物




・パイナップル
・梨(日本のとは違い、硬い。甘くない。どこでも必ず皮付きで、このギザギザの形)
・ロールケーキ
・ココナッツのお団子

・・・とこんなのをいただきました。


ドリンクは別料金です。
マンゴージュースを頼みました。200円ちょっとくらい。
フレッシュジュースは、めちゃおいしい。



写真ではみそ汁のようですが、タイのスープです。

浮かんでいるのは、レモングラス。。
「レモングラス=ハーブ=ハーブティ=食べない」という図式しかなかったので、
このレモングラスは食べるべきか、食べざるべきか・・・、かなり迷った挙句、
もったいないので、一応、食べてみました。

すっぱくて、辛いスープです。



現地のスーパーマーケットにも行ってみました。

現地ガイドさんに聞いてみたところ、タイでは男女とも共稼ぎの家庭が多く、
お家では料理は99%しないそうです。

じゃ、どうやってご飯を食べてるのー!?

家の近所のご飯屋さんや屋台で、買ってきて家族でいただくか、
ご飯屋さんや屋台で食べるのだそうです。

「お茶やコーヒーは入れるでしょ?」と尋ねると・・・

「それも、屋台があるからね〜。何でもあるから、家では入れないよー」との答え。


外で作られたものを食べるのは、日本でもあるけれど、
日本とは確実に違いがあります。

[篥狄品、レンジでチン!で食べるということは、ないそうです。
屋台は路上ですが、地場の新鮮な野菜やお肉、魚介類を、その場で調理
3或やけど、おいしくて、安い。

大量生産というより、その店の近所の人が買いに来る〜
といイメージで、化学調味料、保存料などは添加していないようです。

おいしい屋台には、長い長い行列が出来ていました。
ご飯あり、カレーあり、麺あり、デザートあり、アイスクリームあり、コーヒーあり、ジュースあり。

何でもあって、しかも、その場で調理で、安くて。
地域ぐるみで、うまく仕組みが出来てるんだなぁーという印象を持ちました。







ナンプラー。
魚醤ですが、ホタテ貝を使ったもの〜とかいろいろありました。


日本のお菓子も。
輸入食材は結構、高いです。
魚が一尾100円なのに、クッキーが一袋400円だったり。


ラビオリ

夜ご飯はホテル内のイタリアン。

めちゃでっかい「イカ墨のラビオリ」。
手作り感たっぷりでした。ごちそうさま。

タイ&ベトナム”食”日記〜△

| 1/1PAGES |