こどもキッチンホームページ


●ブログ内を検索

●こどもキッチンの本♪
こどもキッチンの本が出来ました。

●こどもキッチンFBページ


●カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

●カテゴリー

●最近の記事

●リンク

●アーカイブ

others

mobile

qrcode

【開催レポ】6歳からの料理塾こどもキッチンNEXT6月

こどももおとなも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

こどもキッチンNEXT春夏コース3回目を開催しました。

6月のメニュー↓

6月は

・七分づき米のごはん

・えのきのみそ汁

・なすのとり肉みそあん

・きゅうりの塩もみ

でした。

 

旬に入りました「なす」を使った料理。

なすととり肉のみそあん。

手間がかかっているように見えるけど、実はカンタン!

そして、めちゃ美味しい,゜.:。+゜

 

なすは蒸し煮してから炒めます。

子どもに揚げ物を任せるのはもう少し先にしたい時にも、

油分、カロリーを控えたい時にも、

とってもいいんです,゜.:。+゜( ´▽`),゜.:。+゜

 

いろんな野菜で応用できるので、

こどもキッチンNEXTでは、わりと登場するつくり方です。

 

DSC00662mini.jpg

写真:[玉ねぎのみじん切り]を伝えています。
 

この時の子どもたちの目つきも、かなり真剣です。

「ここでよーく観ておいて・・・」と、後で自分が一人でやる時のために、

しっかりみている人が多いです。そして、自分でやってみようとする時、

分からなくて尋ねるっていうのもあっていいんだけど、まずは「自分でやる」

っていうところにいる子どもたちです。


 

DSC00674mini.jpg

写真:青ねぎの小口切り(小2)

 

 

参加者アンケートです。

にじ

最近、おかずの一品を作ってくれるようになりました。

包丁を使わせている時も、ドキドキ、ハラハラ、ということも

少なくなりました。一緒に作業をするのが楽しいです。

今日はなすを蒸し焼きにした後、油をからめることでも

十分になすがおいしくいただけることがわかり、これから家で

やってみようと思いました。

肉みそあんもおいしかったです。

(9歳小4男子・母)

 

DSC00697mini.jpg

写真:青ねぎの小口切り(小2)

 

0601.png

1.今日お料理をしてたのしかった

2.今日お料理をしたごはんがおいしかった

(6歳小1女子)

 

 

DSC00714mini.jpg

写真:玉ねぎを炒める(小3)

 

 

にじ

上の子は手際が良くなり、下の子は包丁の使い方うまくなっていて、

前回、全前回と途中で飽きてしまい、最後まで作業できなかった

下の子が、今日は、全て作業をやり切り、後片付けも率先して、

やってくれたことがとてもうれしかったです。

特に後片付けで、大きくて拭くの無理かなと(私が)思ってものも

「やってみるわ」「挑戦や」と言いながらがんばる姿に成長を

感じました。

 

子どもの成長は失敗することもあるけれど、長い目でみていくことが

大切だなと思いました。ありがとうございました。

(9歳小4・6歳小2・母)

 

 

 

8sai.png

しょうずに先生みたいに、おりょうりしたいです。(小2)

 

 

DSC00718mini.jpg

写真:玉ねぎを炒める(左:小1、右:小2)

 

にじ

楽しく料理を作り、おいしくいただくことができました。

たまねぎを切るときは、みんな目が痛くなり苦労しました。

段々と、手際よく、事を進められるようになっているようなので、

横で見ていて(少しだけ)安心できるようになってきてます

(10歳小5・父)

 

 

DSC00741mini.jpg

写真:みそ汁をよそう(小2)

 

 

0803.png

おにくがおいしかった。たまねぎきったときに

目がいたくなった。

なすがきらいだったけど、たべれたのがうれしかった。

あらいものがたのしかった。作るのがたのしかった。

おかしもつくってみたくなった。

(小3)

 

 

DSC00761mini.jpg

写真:試食タイム

 

 

にじ

なす、先に蒸し煮にしてから油で炒める方法は、油が少量で済むし、

油はねも殆どなくてgoodでした。肉味噌のお味も美味しく、

夏にぴったりでごはんがすすみました。

(9歳小4・母)

 

 

DSC00763mini.jpg

写真:ミニセミナー

なすびの「はな」はどれでしょう?

 

 

DSC00774mini.jpg

写真:洗い物・かたづけも、真剣に楽しい(小1)

 

DSC00778mini.jpg

写真:こんな感じで洗い物してます。

こどもアンケートにもありますが、どうやら楽しいようです(^-^)v

 

…石井より…

「ああしなさい、こうしなさい」と指示して従わせる。

「これはこのようにやるんだよ」と伝えてあとは任せる。

 

前者の主体は、指示する大人。後者の主体は、子ども本人。

こどもキッチンでは、もちろん後者です。

 

指示するのと、伝えるのと、似てるようで丸きり違っています。

どんなことでも「自分主体」で動いているのであれば、

子どもは、途中で投げ出さず、自分で最後までやろうとします。

しかも、喜んで、真剣に、やっています。

 

大人は「こどものやる環境」を提供する必要はありますが、

子どもが関わりはじめたら「必要最小限に関わりを留める」。

 

体験を重ねれば重ねるほど、子どもはどんどん成長していきます。

その様子をリアルにみた大人だけが「見守ることの真のすごさ」を

知ることになります。


次回は4回コースのラストですね。

4回目はスタートから3ヶ月。子どもたちの成長っぷりも楽しみにしつつ、

真剣に、おいしく、楽しい時間をご一緒しましょう!

゜.:。+゜( ´▽`),゜.:。+゜

ありがとうございます。

・・・

<夏休み単発教室のお知らせ>

 

こどもキッチンNEXT夏休み特別編(単発教室)を予定しています。

募集中です,゜.:。+゜

 

 

【1】和食の一汁二菜をおいしくつくる日

☆中津コミュニティーセンター(茨木市)

7月22日(土)15時〜18時30分 

 

☆大阪成蹊短期大学(大阪市)

8月19日(土)10時〜14時

 

 

【2】スープカレーをつくる日

☆中津コミュニティーセンター(茨木市)

8月24日(木)10時30分〜14時

 

ぜひご一緒しましょう!

詳細・お申込みは⇒こちら

最後まで読んでくれてありがとう,゜.:。+゜

こどもキッチン主宰 石井由紀子

−−−

こどもキッチンの教室・講座一覧・空席状況は こちら

ただいま参加者募集中は こちら

お問い合わせは こちら


【開催レポ】6歳からの料理塾こどもキッチンNEXT5月

こどももおとなも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

こどもキッチンNEXT春夏コース2回目を開催しました。

5月のメニューは

5月は、ごはん、うすあげとにんじんのみそ汁、
豚肉とごぼうの甘辛煮、にんじんのごま酢和え

でした。

 

今、にんじんがすごく美味しいです。

ごま酢和えは、ごま、オリーブオイル、酢を使って、すっぱすぎずちょうどいい感じに。

市販のドレッシングを使ってもいいけど、子どもたちには、

自分で「ちょちょいのちょいっ」ってと作れるようになって欲しいので。

カンタンだけど、にんじんがよりおいしくなるレシピです( ´▽`)

 

 

春ごぼうもええ感じです,゜.:。+゜

豚肉とごぼうは最高に美味しいコンビ。豚肉は柔らかく、ごぼうと甘辛く煮る。

見た目は茶色くて、とーーっても地味やねんけど、子どもたち、こういうの、

好きだったりします。ごはんに合う−!

 

18557445_1381378365282108_3582998274042575965_n.jpg

参加するたびに

お父さん、お母さんの見守り力アップ↑

子どもたちの腕前アップ↑アップ↑

 

 

参加者アンケートです。

 

にじ

こどもが3時間ほど、先生の話を聞いたり、

調理や片付けに集中している時間を一緒に過ごすことができて、

幸せな時間だなぁと思いました。

普段は下の子の世話や、家事でバタバタしているので、

貴重なひとときでした。

(7歳・1歳母)

 

 

写真:ごぼうを洗う(小4・9歳)

 

にじ

だしのひき方、火の調整、上手になってきたなと思えます。

たくさんの作業を見て、自分達で思いだしてする。

考えながら、流れを思いだして作業が出来るな、と成長を

感じました。(中略)今日の夕食は習ったメニューを作る

そうです。(7歳・3歳母)

 

DSC00408mini.jpg

火加減をみる(小2)

 

y06.png

たのしかった。ごはん(6歳・小1男子)

 

 

DSC00429mini.jpg

写真:盛りつけもおいしく見えるように(小4・9歳女子)

 

ti08.png

ごぼうやにんじんがうすくきれたり、たんざく切りができて

よかったです。またこんどのおりょうりが、楽しみです。

(8歳・小3女子)

 

 

写真:にんじんをピーラーで薄くスライス(8歳・小3)

 

 

y10.png

今日のごはん 今までで、最高です。

とてもおいしかったです。(9歳・小4女子)

 

 

写真:ピーラーでごぼうのささがきをつくる(6歳・小1)

 

 

yu07.png

今日おりょうりをしてたのしかったです。

前のおともだちとなかよくなれてよかったです。

一ばんおいしかったのは、おみそしるです。

おいしかったです。(7歳・小2女子)

 

 

DSC00478mini.jpg

写真:みそ汁をよそう(8歳・小3)

 

t09.png

とてもおいしく作れてとてもよかったです。

また、七分づき米ごはんやにんじんのごまずあえを

作りたいと思いました。お母さんがとてもよろこんでくれたので、

とてもおいしく作れたと思います。

 

今日、ちょっとだけむずかしかったけど かんたんでした。

とてもおいしく作れて とてもうれしいです。

おいしかったし 楽しかったです。

 

つぎ何を作るのかとても楽しみです。

とても楽しかったです。

3回目 こどもキッチンがとても楽しみです。

 

先生がていねいにおしえてくれたので とても上手に作れました。

先生がゆっくりていねいにおしえてくれたので、とてもうまく

作れたんだなと思いました。

 

こどもキッチンはとても楽しいなと思いました。

こどもキッチンがある日は、とても楽しみにしています。

楽しいならいごとみたいです。

 

作るのは少しだけむずかしかったけど、さいごのほうはとても

うまく作れたと思いました。2回目だったけどうまく作れて

とてもよかったです。(8歳・小3女子)

 


…石井より…
 

子どもは、いつまでも親元にはおらず、いずれ巣立っていく存在。

ですから、一緒に暮らす時が、

巣立った後の必要を伝える大きなチャンスです。

こうして教室の場を使っていただくことからも、

数値的な評価では推し量れない、

大きくて深い人生の軸のようなものを子どもたちは育んでいくと、

思っています。

 

料理に限らず、自分の体と意志を使うことでようやく出来上がる

あらゆる活動は、子どもを大きく成長させます。


そんなことをみていますから、場をご活用いただいていること、

そして「家でつくってみた」という体験をお聴きするたびに

本当にうれしい気持ちが湧いてきます。ありがとうございます。

 

<夏休み単発教室のお知らせ>

 

こどもキッチンNEXT夏休み特別編(単発教室)を予定しています。

募集中です,゜.:。+゜

 

 

【1】和食の一汁二菜をおいしくつくる日

☆中津コミュニティーセンター(茨木市)

7月22日(土)15時〜18時30分 

 

☆大阪成蹊短期大学(大阪市)

8月19日(土)10時〜14時

 

 

【2】スープカレーをつくる日

☆中津コミュニティーセンター(茨木市)

8月24日(木)10時30分〜14時

 

ぜひご一緒しましょう!

詳細・お申込みは⇒こちら

最後まで読んでくれてありがとう,゜.:。+゜

こどもキッチン主宰 石井由紀子

−−−

こどもキッチンの教室・講座一覧・空席状況は こちら

ただいま参加者募集中は こちら

お問い合わせは こちら


【開催レポ】6歳からの料理塾こどもキッチンNEXT4月

こどももおとなも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

ゴールデンウィーク初日の4月29日土曜日。

こどもキッチンNEXT春夏コースがスタートしました。

4月は、ご飯、みそ汁、かりかりうすあげとたたききゅうりの

和えもの、ちりめんと薬味のせ冷や奴 でした。

 

 

4回コース初回は

和食の基本「ご飯の炊き方」と「出汁のひき方」をします。

研ぎ方一つ、ひき方一つ。ちょっとの違いで大違い。

すごく美味しくなるんですよね〜☆彡

 

火の扱い方もお伝えします。

 

近頃のガスコンロはすごく進化し、

機械任せでも割と安全な感じ。

・・・だからなのか

 

「火がついたかどうか、鍋の下をのぞきこんで確認」

っていう行動をとらない人が急増中!


安全確保もそうだし、火加減も美味しさに直結してるんで。

火は自分の目で確かめようね!

 

DSC00047mini.jpg

こんな感じに講師のデモンストレーションをみてから

自分でやってみる、というスタイルです。

 

DSC00055mini.jpg

写真:きゅうりをたたく(7歳小2)

 

DSC00076mini.jpg

写真:豆腐を切る(奥:6歳小1、手前:9歳小4)


どうやったら安全で、どうやったら危険かをお伝えしておくと、

子どもたちは絶対に安全にしたいんで、慎重にやります。

やっぱり本物の庖丁(道具)は教えてくれます。

 

DSC00082mini.jpg

写真:ご飯は炊けたら切り混ぜる

 

「蒸らす時間はいらないの?」と男の子からの質問。

うーん!さすがっ!家では鍋で炊いてるのかな?

 

「炊飯器は蒸らし終わってから、ピコピコって

出来上がりの音がするから、いらないんだよ」

とお伝えしました。

 

DSC00104mini.jpg

写真:うすあげをカリカリに焼く(8歳)

 

DSC00128mini.jpg

写真:ごはんを切り混ぜる(8歳)

 

先に経験している先輩が後輩を見守る姿がまぶしい,゜.:。+゜

 

参加者アンケート(大人)です。

にじ

だしのとり方で、煮干を頭やはらわたを取らずに40分

弱火でじっくりと煮出すことをはじめて知りました。

とてもおいしいおみそ汁になったので、家でもやってみよう

と思いました。また、出汁をとった後の煮干しのおつまみ?

もおいしかったです。(9歳男の子・母)

 

おお!出しがら活用法へのコメントうれしいです。

煮干しのおつまみの名前は「いりこするめ」です。

考えついて初めてつくった時の感動を今も鮮明に覚えてます。

「す、するめそっくりやぁーーーーー!う、うまい〜♪」

 

ビールのお伴に、子どものおやつに。

ぜひ家でもチャレンジを(^-^)v(石井)

DSC00131mni.jpg

写真:味噌を溶く(7歳)

 

にじ

1年半ぶりに来れて、ふたりでとても楽しみにしていました。

家でもたまには料理をしたり手伝いをしたりしますが、

やはり同じ事やできることしかしないので、

こういう場で体験することの楽しさ、大切さを改めて感じました。

作業する、ひとつひとつの仕草、手つきなど、やっぱり成長している

のも見ていて、うれしかったです。ありがとうございました。

(8歳女の子・母)

 

 

本当に安定した感じで、さすがの体験の厚さ、ですよね。

2歳〜未就学児からのクラスでの体験が活きてるし、

これから伸びていく予感もあり、ますますの成長の軌跡を

ご一緒できることうれしく感じています。(石井)

 

DSC00133mini.jpg

写真:盛りつけしてます。(9歳小4)

 

にじ

今更ですが、米の研ぎ方、家でもやってみようと思いました

いつもザルでさささ〜としてしまっているので。

ご飯めっちゃおいしかったです☆彡子どもにもやってもらおう!!

約2年半ぶり・・・?3年くらいあいてますが、だいぶ安心して

子どもを見守ることができるようになっていました。

本人もだいぶ器用に・・・?まだまだですが、成長しているかな。

次回5月楽しみにしています。


はい(^-^)v

こどもキッチンNEXTは、毎回ステップアップしていきます。

子どもたちの伸びしろには限りがありません。

同じ作業でも、前よりも手際がよくなるし、

味見しての味付けの、「うん、これでちょうどいいよね!」

の感覚もどんどん研ぎ澄まされていきます,゜.:。+゜(石井)

 

 

 

こどもアンケートです。

かりかりうすあげとたたききゅうりの和えもの

とってもおいしかったです。ほほが落ちそうでした。

『ごちそうさまー(^-^)』

(9歳小4女子)

 

 

料理がすごかった。はじめていって、楽しかった。

はじめての料理で、ドキドキしたけど、おいしかった。

(9歳小4男子)
 

 

きょう、とうふをきるときに、すぱっとおろせたので、

びっくりしました。でも、けがをしなくて、よかったです。

(8歳小3女子)

 


 

3時間。立ちっぱなしなので体は疲れますが、

出来上がったお料理を前に・・・

DSC00152mini.jpg

こんな笑顔がいっぱいになります。

 

こどもって、任せてみたら、結構できるんですよね,゜.:。+゜

4回コースは、回を重ねてステップアップしていきます。

台所仕事を通しての子どもの成長を、見守りながらつくって

いきましょう。

 

ゴールデンウィーク最終日の5月7日は未就学時のクラスです。

5月のこどもキッチンはお寿司をつくります。

午後にお席があります。子どもの料理で締めくくるGW♪

5/7午前・満席

5/7午後・残8

5/27午前・満席

5/27午後・残7 

(4/30現在)

 

 

最後まで読んでくれてありがとう,゜.:。+゜

こどもキッチン主宰 石井由紀子

−−−

こどもキッチンの教室・講座一覧は こちら

ただいま参加者募集中は こちら

お問い合わせは こちら


【募集】6歳からの料理塾・こどもキッチンNEXT2017春夏コース

ーーー

*今期は大阪成蹊短大でのみ実施です。

*東コミセンでの開催は都合により見送ることになりました(3/28お知らせ)

ーーー

6歳からの料理塾・こどもキッチンNEXT★2017春夏コースは
子どもが一人で・おうちキッチンで・「和食の一汁ニ菜がつくれる」を

目指す4回コースです。

米を研ぐ。だしひく。おかずをつくり、盛りつける。
試食後の後片付けまで、全て子どもたちがします。
 

大阪成蹊短期大学では、試食タイムに、学生スタッフによる「プラム☆ミニセミナー」があります。

 

農薬を使っていないおいしい米、

出汁からしっかりとったうまみたっぷりのみそ汁、そして和のおかず。
回を重ねるごとに、料理の流れの理解が深まり、手際がよくなっていく子どもたち。

 

月に一度の土曜日を、わが子の成長を間近にみて感じ、

作ってくれたお料理を堪能する至福のひとときにしてみませんか?

「自分だけでお料理をつくれるようになりたい」子どもたちと、
「子どもが一人でできるように見守るサポート」を試してみる大人たち募集です♪

 


今回も食材は、
無農薬米、無農薬・低農薬のお野菜、じっくり熟成された無農薬大豆・

米こうじの味噌など安全・安心・おいしい食材利用です。

(※メニュー構成上でアレルギー対策はしていませんので、ご了承ください)

調達先などは こちら

にじ6歳からの料理塾・こどもキッチンNEXT★春夏コース
主催:こどもキッチン 共催:大阪成蹊短期大学

undefined日程
4月29日(土)、5月20日(土)、6月24日(土)、7月15日(土)

10時00分集合・14時終了の4回コース

※4回1コース

(全日程参加者優先。単発参加は定員に満たない場合のみ受付。)

 


undefined場所

大阪成蹊短期大学(大阪市東淀川区相川3丁目10-62)

・阪急電鉄京都線相川駅徒歩3分

各場所への行き方http://kodomo-kitchen.com/access/

 


undefined参加対象
6歳以上のお子様とその保護者(子ども1人、大人1人のペア)

 


undefined参加費

1回あたり・子ども1人につき4,000円(親子分の試食つき)

(初回参加時に4回分16,000円全納)

(ご兄弟の場合、お二人目から4回分15,000円となります)

 

 

undefined申込方法

お申込みフォームからもお申込みできます!

http://kodomo-kitchen.com/contact/

 

 

●メールの場合

メール本文にご記入の上、info@kodomo-kitchen.com までメールにてお申込ください。

※申込〆切:4月19日(水)※先着順受付※
※代理申込不可(直接ご本人がお申込ください)
※お申込後3日以内に受付メールを送信いたします

○メール件名
「こどもキッチンNEXT春夏コース」

○メール本文

〇劼匹發了疚勝覆佞蠅なもお願いします)
同伴の保護者氏名(ふりがなもお願いします)
こどもの性別と生年月日
そ蚕
ヅ渡暖峭罅福攫宅】と【携帯】の両方)
Ε瓠璽
(※受付完了メールを送信しますので ドメイン @zpost.plala.or.jpからの
受信可にして下さい。)
Ш8紊粒催連絡 必要・不要のいづれか
単発参加希望の場合は、参加日程をお書き下さい



undefined備考
・4回1コースです。全ての日程参加可能かご確認ください。
 万一お休みされた場合も、参加費は返金されません
・単発参加は定員に満たない場合に受付します(単発参加は4,000円/回)。
 申込方法は同じです
・メニューはアレルギー対策等考慮していません
・ご兄弟で入場される場合

ご兄弟の同席についての注意事項-ブログに掲載しました-】
当初とは方針を変更いたしました。
なるべく参加するお子様と保護者のペア参加をお願いいたします。
*↓必ずご一読下さい*
http://blog.kodomo-kitchen.com/?eid=642


★これまでの「6歳からの料理塾・こどもキッチンNEXT」の様子はこちら

 

2011年秋冬コースからスタートして、今期で12期目です。

4回コースを終えた時の、スタート前とは全く違う姿を楽しみにしつつ、

お料理を通した成長の軌跡を、ぜひご一緒いたしましょう。

 

 

こどもキッチン主宰 石井由紀子


【開催レポ】6歳からの料理塾こどもキッチンNEXT1月

こどももおとなも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

あっという間に2017年も1ヶ月を過ぎて2月になりましたね。

春に向かって「やるぞー!」とワクワクした気持ち,゜.:。+゜

本格的な春が待ち遠しいです。

 

さて。6歳から料理塾こどもキッチンNEXT秋冬コースが

完了しました。4回目(1月)は、寒い季節に食べたい

「みそ田楽」でした。

IMG_9802mini.jpg

「みそ田楽」は、おでんよりもずっとカンタンにできるし、

美味しくてご飯にも合います。そしてもう一つは

「豚汁」です。やさいたっぷり目。こんにゃくも入れて

ヘルシーで、こちらもご飯に合います。

 

では。写真とアンケートから教室の雰囲気をお届けです。

IMG_8861mini.jpg
こんな感じに。

 

 

IMG_8881mini.jpg

野菜を切っています。

 

IMG_8916mini.jpg

出汁はしっかり味が出ているか「味見」をして

チェックします。

 

参加者アンケートです。

にじ

おいしくボリュームのある料理でおいしかったです。

みそ汁は苦手な子どもですが、田楽みそはとてもおいしく

食べていたので、家でも作ってみようと思いました。

(小4女子母)

 

 

IMG_8948mini.jpg

田楽みそを塗っています。完成間近。

 

IMG_8952mini.jpg

串を刺しています。

 

にじ

4回目まで終わり、明らかに作業ペースが速くなっていて

驚きました。今日は洗い物を率先してやってくれ、しかも

私が思っている以上にきれいに洗ってくれました。

シンクやシンクのふちまでていねいに洗ってくれて驚きました。

 

田楽みそ。家で作ると濃すぎたり、辛くなったりするので、

苦手でしたが、なんと簡単に作れるのかとびっくり。

 

さらに、このみそにハマッたのかずーっと食べている息子

にもびっくり。「これは家でつくる!」と言っていたので、

楽しみです。

(小1男子・母)

 

 

IMG_8964mini.jpg

いただきまーす。おいしい〜♪

 

こどもアンケートです。

u.jpg

きょうのりょうりは いつもよりちょっと おいしかったです。

(8歳・小2女子)

 

n.jpg

おみそがたべすぎて、からくなったけど(田楽みそのこと)

おうちでおみそだけつくりたいです。

(6歳・小1男子)

 

t.jpg

前より味がしっかりとついていた。とくにとん汁がおいしかった。

父や弟も食べたがっていたので、家でもつくってあげたい。

楽しかったでーす。

(11歳・小5女子)

 

4回重ねての成長。子どもたちの吸収力は、経験を積んでいくことで

ますます大きくなるんだな〜と感じています。

秋冬コースをご一緒しました皆様ありがとうございました。また

春夏コースや他の機会にお会いできますことを楽しみにしてみます。

 

こどもキッチン主宰 石井由紀子


【開催レポ】6歳からの料理塾こどもキッチンNEXT12月

こどももおとなも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

12月に入ると、来年はどんな年にしようかしら〜?と

ワクワクした気持ちになります。


6歳から料理塾こどもキッチンNEXT

秋冬コース3回目(12月)は

 

普段の食卓にもおいしいし、

お正月にいただくおせち料理にもなる

こんなメニューです。

・七分づき米のごはん
・塩鮭と根菜のお汁
・お煮しめ(だいこん、にんじん、れんこん)
・手綱こんにゃく

 

 

DSC06230.jpg

おせち料理って、お煮しめやお雑煮だけではなく

いろいろあって、こどもキッチンNEXTではほんと

一部だけをつくったのですが、

 

一つひとつ丁寧に。手間ひまかけてつくりますから、

見た目の地味さに反して、味は美味しい( ´▽`)♪

 

DSC06342.jpg

この秋冬コースから「りんごの皮むき」にチャレンジ

してもらっているのですが、思いの外「やりたい」と

子どもたちがいて、

 

 

やらない人もいるし、もっとやりたい人もいるし、

そして、いつかはピーラーがなくても、

「どんな皮むきも自由自在!」を目指して進んでいって

くれたらうれしいな( ´▽`)と思っています。

DSC06365.jpg

では、参加者アンケートです。

 

私自身、料理の知識がなく、だしをとる方法、

酒・みりんを入れるタイミング、魚のくさみをとる方法など、

ひと工夫が普段の料理をおいしくするコツなんだと思った。

ぜひ家で実践してみようと思った。

 

こどもキッチンに3回参加してみて、料理以外でも、

今までは、子どもの宿題をみる時など、自分のタイミングだけで

声かけや手を出してしまっていたけど、

 

まずは自分の手は後ろにまわして、子どもの様子をみて見守る

ことを意識するようになった。

(7歳小1・母)

 

DSC06346.jpg

(子どもが)七分づきのご飯が「あまい」と自宅以上に食べています。

来る毎に手際がよくなっている気がします。

 

家でも習ったメニューを作り、みんなに食べてもらい「おいしい」

と言ってもらえる喜びを感じているようです。

 

野菜のおいしさ、甘さをレッスンに参加してからよく理解して

「あまい。こっちのにんじんの方がおいしい」と言っています。

(7歳小1・母)

 

DSC06374.jpg

 

今日はだしを2種類とりながら、魚の霜ふりがあったり、

こんにゃくの下ゆでがあったりで、段取りのハードルが高く、

子どもがバタバタしていました(笑)

そうやって、手順をどうするのがいいのか、考える力を

つけていってくれると良いなぁと思いました。

 

煮物をした後の鍋を磨くのに、クレンザーでこするのが

楽しかったようで、時間をかけて取組んでいました。

洗い物も慣れていってほしいと思います。

ありがとうございます。

 

どれもとてもおいしかったです。

ありがとうございます。

(10歳小5・母)

 

DSC06396.jpg

 

こどもアンケートです。

ti.png

今日、おりょうりのさいごにリンゴのかわをむいて、さいしょは

どうやってむくのかわからなかったけど ようやくむけたので

うれしかったです。

しかも自分で作ったりょうりはとてもおいしかったです。

(7歳小2男子)

 

ma.png

たのしかったです。おいしかったです。

またたべたいです。たのしかったです。

(7歳小1女子)

 

ka.png

たのしかったです。おいしかったです。

おみそしるをつくるのがたいへんでした。

(6歳年長男子)

 

yu.png

わたしは、おもいました。きょうのごはんがおいしかったとおもいました。

いままでたべたなかで、おいしいと でも、そんなに、大変だったし、

作るのが楽しかったし、お母さんがよろこんでくれたし、またつくろうと

おもい、また、がんばりかぞくにつくろうとおもい かぞくによろこんで

もらおうとおもいました。

(6歳小1女子)

 

 

レポートは以上です,゜.:。+゜( ´▽`),゜.:。+゜

 

<参加者のみなさまへ>

長丁場をおつかれさまでした。ぜひぜひお正月のおせちの一品として、

また、冬休みなどにお作りいただき、写真を添えてレポートを

いただけましたら、うれしく思います。

次回は、冬にいただく温かいメニューでいこうかな・・・と画策中です。

お楽しみに,゜.:。+゜

 

 

今日も最後までお読み下さりありがとうございます。

感謝。

こどもキッチン主宰 石井由紀子


【開催レポ】6歳からの料理塾こどもキッチンNEXT11月

こどももおとなも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

6歳から料理塾こどもキッチンNEXT秋冬コースは2回目。

11月はこんなメニューをつくりました。

 

・ごはん(七分づき無農薬米)

・大根とうすあげのみそ汁

・大根と厚揚げと豚肉の煮物

・小松菜のおひたし

 

こんな一汁二菜です。

と〜っても地味〜〜〜なメニューのですが、

 

大根を下煮したり、おいしい出汁や揚げと炊き合わせる、

といった効果によって、

「わ〜( ´▽`)〜♪ご飯にあう〜♪おいしい!」

というお膳が出来上がります。

 

 

この和食ミラクルが、野菜苦手な子どもたちの

「これ食べられないな・・・」を

「これ食べるー!」に変えてくれる・・かも,゜.:。+゜

 

DSC06110mini.jpg

切ったり、調味料でおいしく味付けしたり、

ぐつぐつ煮たり、煮る時に「おとしぶた」を使ったり・・・

いろんなプロセスを存分に体験した子どもたち。

試食タイムには、疲れも吹っ飛びます。

 

自分でつくって、おいしい。

大好きなお母さん、お父さんに食べてもらって、うれしい。

誰かのためにお料理がつくれることの幸せを

こどもたちに実感してもらえたら、最高にうれしいです。

 

 

DSC06117mini.jpg

 

参加者アンケートです。

にじ

今回のメニューも、野菜たっぷりでしかも

大根など子どもの苦手食材がたくさんありました。

 

なのに不思議ですが「おいしいっ!」と完食。

ここで作ると本当に驚きます。

(6歳小1・母)

 

 

 

にじ

ネギの切り方や大根の包丁使いなど、

1回目の時は、おそるおそるという感じだったが、

2回目は、手つきも良くなって、

見たり、経験することで、たくさん吸収している

んだろうなということが実感できた。

(7歳小2・母)

 

 

DSC06120mini.jpg

 

 

にじ

先生から調理の流れをおききして、それを覚えておいて、

自分の班に戻って実際にやってみる、というのが、

 

”流れを思い出しながら”行うことがとても勉強になる

ように感じました。

 

小松菜をゆでる時も、鍋のそばに塩と冷水を用意して

おくとか、小松菜をゆでる湯を沸かしている間に、

他の煮物を調理で進めるとか、お料理の段取りの大切さ

もどんどん(子どもに)学んで欲しいと思いました。

 

とてもおいしくいただきました。

ありがとうございます。

(10歳小4・母)

 

 

DSC06137mini.JPG

 

 

ここからは<こどもアンケート>です。

−−

 

ka06n.png

ごはんがおいしかったです。

おりょうりするのがたのしかったです。

(6歳年長・男子)

 

 

−−−

mae07.png

たのしかったです。またいきます。

(7歳小1・女子)

 

 

−−−

ti08.png

ママが「おいしい」といってくれたことがうれしかったです。

(8歳小2・女子)

 

 

−−−

ue10.png

全部作るのが大へんで どれもおいしかったです。

とくに一番好きなのは、大根とあつあげとぶた肉のに物が好きです。

二番目は、大根とうすあげのみそ汁が好きです。

またお母さんやお父さんと同じ物を作って見たいと思いました。

また 何回も来たいと思いました。

(10歳小4・女子)

 

 

DSC06226mini.jpg

 

ーーー

ya06.png

いろんなたべものをたべたりつくったりできて

たのしかった。ちがうペヤー(ペアー)とやれてよかった。

あげ、にんじん、だいおん、おにく、あつあげ、いろんなものを

つくれてよかった。

 

学校のきゅうしょくでも でてほしいな。

 

ほうちょうは2かいめだけど、まだちょっとなれてない。

またきてつくりたいです。

(6歳小1・女子)

 

 

以上、11月のこどもキッチンNEXT開催レポートでした。

,゜.:。+゜( ´▽`),゜.:。+゜

 

 

今日も最後までお読み下さりありがとうございます( ´▽`)

こどもキッチン主宰 石井由紀子

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆ただいま募集中のこどもキッチンの教室・講座は こちら 


【開催レポ】6歳からの料理塾こどもキッチンNEXT10月

こどももおとなも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

6歳から小学生親子対象のクラス*こどもキッチンNEXTは

 

今期から、
1.大阪成蹊短期大学(試食タイムが昼過ぎのコース)

2.茨木教室(試食タイムが早めの晩ご飯コース)

の2箇所開催となっています。


 

いずれも

こどもたちは、3時間を超える長丁場を、立ちっぱなし。

そして、やり抜きます。

*ちなみに「未就学児クラス」は「座って」の作業です。

 

 

試食タイムには、誇らしげな子どもたちの顔。

我が子の作ってくれた滋味深い和食の品々に舌鼓をうつ親子の姿。

そんな6歳からの料理塾・こどもキッチンNEXTです。

 

,゜.:。+゜( ´▽`),゜.:。+゜

 

秋冬コース初回(10月)のメニューです。

・ごはん(七分づき無農薬米)

・とうふとしめじのみそ汁

・うすあげのやいたん(えのきのなめたけのせ)

・にんじんのごま衣

 

初回は、ご飯の炊き方と出汁のひき方を伝えています。

この「にんじんのごま衣」がとてもヒットした女の子(6歳・小1)。

 

 

お母さんは週末のたびに、

彼女が自宅で料理できるようにセッティング下さっていたとのことで、

「11月期までの間に、合計で7回も練習しましたー!」

「にんじん、にんじん、にんじん、とにんじんばかり食べてます〜」

とご報告下さいました( ´▽`)

 

そして

「ようやく、にんじんから解放されます〜!」というお言葉が

こどもがどれほど熱心に、深く、このメニューを我がものにしようと

したのか、ということが伝わってきて、とてもうれしかったです。

以上が6歳・女の子さんの様子レポ。

 

 

ここからは、9歳・小3女の子とお母さんからいただいた

10月のメニューご自宅でのリピートの様子を紹介します。

ーーー

<子どもの感想>
・みそしる

豆ふが切った後とくらべて、食べる前の方が大きくなっていてびっくりしました。

青ねぎを小口切りにするのが、ちょっとむずかしかったです。 


・うすあげのやいたん
しょうゆ・酒・みりんとえのきを鍋に入れて、水気が少し残る程度なるかを見る
のがちょっとむずかしかった
です。

 

・にんじんのごま衣
にんじんを拍子切りするとき、やり方を忘れてしまったけど、思い出して出来た
のでよかった
です。

 

・まとめ
1人でやるのは大変だったけどがんばりました。どれもとてもおいしかったです。

 

<親の感想>
今回、離れたところで任せて作ってもらいました。
「拍子切りってどんなんやったっけ・・・」とつぶやく声も聞こえましたが、

1人で考えながら作ってくれました。

 

にんじんは柔らかすぎるかなと思いましたが、薄揚げは上手にぱりっと焼けてました。
普段、すすんで口にすることのない人参やキノコ類を本人がおいしいと喜んで食べて

いるのがうれしかったです。
 

 

 

ーーー

【石井より】

*Yちゃんへ

家でつくってくれた時の様子を、こうしてレポートしてくれてありがとう。

 

家族の分をつくる時、量が多くて、

切るのも、焼くのも、時間がかかっているのかも知れないなぁ・・・と

いただいた写真をみて思いました。

 

しかも一人でやれる、ということを、実際にやってみてくれたことを、

本当にうれしく思っています。

 

誰の助けも借りずに自分一人でやる時、

心配だったり、

不安だったり、

「あれ?どうするんだっけ?」と忘れてしまっていたり、

一人じゃない時とは全く違う感覚があると思う。

 

 

まわりに誰かいて、同じことをやっているのを見ることができるのは

ヒントにもなるし、

 

「教えて〜!」というと、すぐに教えてくれる人がいることは、

うれしいことでもあるけれど、

 

ひょっとすると、

困りながらも自分一人でやってみて、最後までやりきった体験が

これからどんどん大きく成長していくあなたにとって、

大きな支えになるのではないかなと、そんなことを感じています。

 

 

困った時には

「助けて欲しい〜!」もよし。「まずは自分でやってみる」もよし。

その両方を選ぶことのできる自由さの中で、これからますます

大きく成長していって下さることを、心より楽しみにしています。

 

いつも教室に来て下さってありがとう。

また次回、ご一緒できます時間を楽しみにしています。

 

 

−−−

 

*お母様へ

貴重なお時間をおうちでこどもが料理する、ということに

裂いて下さって心からうれしく思います。

 

しかも今回は一人でやる、を保障なさったご様子が、

お子様の感想からも、写真のお顔の表情からもみてとれるほどです。
そのことが彼女の成長の大きな一助となっているであろうことを想像し、

感動に似た心持ちでおります。

 

こどもの力は侮れないな、っていつも思います。

昨日まで「できない」と思っていたことが、今日はあっさりとやってのける。

 

可能性をどこまで引きだすことができるのか。

大人の見守り・サポートを、料理や台所仕事を媒体として使いながら、

試行錯誤の中で、試し続けて下されば、いずれの日に今は想像もしていない

ような形となって結実することでしょう。

 

 

実践とご報告をありがとうございます。

 

次回もおいしいメニューを準備中しています。

またご一緒できます時間を楽しみにしています。

−−−

 

 

今日も最後までお読み下さりありがとうございます( ´▽`)

こどもキッチン主宰 石井由紀子

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆ただいま募集中のこどもキッチンの教室・講座は こちら 


小5男子・おうちでの実践レポート(^^♪

おとなもこどもも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

先日、6歳からの料理塾こどもキッチンNEXT特別編に参加下さった小5男子Kくん。

当日の様子【9/3(土)具だくさんそうめんをつくりました( ´▽`)】

 

彼は、未就学児クラスに2歳から参加で8年。断続的に、ですが8年です。

このご縁が本当にうれしいし、もちろん腕前は上がっていきますし、

ご一緒できる時間が本当に楽しかったです。

 

おうちで実践しました!のお手紙と写真をいただきましたので、紹介します。

 

−−−

メニュー

 

・そうめん

・そうめんつゆ

・干ししいたけ(の甘煮)

・中華風ごまだれ

・そうめんの具(豚肉のにんにくしょうゆ炒め などいろいろ)

 

003.jpg

・トマトは一度切り込みを入れたら、何回もひかなくてもできて、切りやすかった

 

 

001 .jpg

・中華風ごまだれは、練りごまを入れてすぐ混ぜないと、分り(ぶんり)してしまうので、もう一度チャレンジする時は、分りしないように気を付けたい。

 

 

・なすは、先生とやったときと同じように、オーブンでやったら、短時間でおいしくできてよかったです。

 

 

・豚肉のにんにくじょうゆいためでは、先に肉に下味(にんにくしょうゆ、しょうがのしぼりじる)をしみこませてやってみました。とてもおいしかったです。

 

 

002.jpg

<まとめ>

今回はごまだれしか作らなかったけど つぎは干ししいたけのつゆもつくってみたい。

 

 

【石井より】

いつも教室でのメニューをおうちで実践してくださってありがとうございます。

 

豚肉に味を先に入れておく、という工夫を自分で考えてやってみたのですね。

「おお、やるなー!」とうれしく思いました。

 

知ったメニュー1つを、調味料をアレンジして味付けを変えたり、食材を変えたりして

5にも、10にも展開できる力をこれからどんどん伸ばしていって下されば、本当にうれしいです。

 

またお会いできます日を楽しみにしています。このたびはお手紙と写真とありがとうございました。

 

 

−−−

今日も最後まで読んで下さってありがとうございます!

こどもキッチン主宰 石井由紀子

 

−−−

☆ただいま募集中のこどもキッチン☆

−−− 

6歳からの料理塾こどもキッチンNEXT秋冬コース

‖膾綫蹊短期大学

10/22、11/19、12/3、1/7、 各回とも10時〜14時
茨木教室(東コミセン)

10/15、11/12、12/11、1/14、 各回とも15時〜18時30分

−−−

2歳からの親子料理教室こどもキッチン・9月期

9/25午前:キャンセル待ち

9/25午後:残席あり

−−−

コミュニケーション講座(親子/大人のみ)

【時間】9/20、10/4・18、11/1 4回コース

【自立】9/13・27、10/11・25 4回コース
−−−

 


9/3(土)具だくさんそうめんをつくりました( ´▽`)

こどももおとなも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

この秋から、6歳からの料理塾・こどもキッチンNEXTは 

おかげさまで、6年目・11クール目に入ります( ´▽`)

 

これまでの大阪成蹊短期大学(共催)さんでの開催に加えて、

茨木市東コミュニティセンター(以下、東コミセン)も加わり、

今期から、2カ所開催となります!

 

 

今日は、9/3(土)午後の6歳からの料理塾・こどもキッチンNEXT特別編の様子レポートです。特別編は「つゆ」から手作りの「具だくさんそうめん」でした(^-^)v

★ちなみに・・・大阪成蹊短期大学では 8/27(土)開催の様子はこちら

 

★東コミセンは 9/3(土)に開催で、スタート時間は15時。ちょっと早めの晩ご飯をつくる、というイメージです。

どんな感じだったのか、写真で紹介していきます!

 

 

DSC_0448mini.jpg

きゅうりはピーラーで薄くスライスしてから、千切りに・・・。子どもたち、ていねいに作業してます。

 

 

シーンとした中での「切る」作業。静かに集中ー♪

 

 

えびの殻のむき方を説明中。

 

意外とえびのカラをむく体験をしている子どもは少ないようです。

やりなれると一瞬で終わるんだけど、体験がないとゆっくり〜になります( ´▽`)

 

 

DSC_0499mini.jpg

干し椎茸とこんぶの出汁でつゆをつくり、このつゆづくりに使った干し椎茸もトッピングに使います。

 

 

DSC_0502mini.jpg

そうめんは「束」にまとめるための「紙」を全てはずす。こういう事前準備・段取りが台所仕事を成功させる秘訣だったりします。

 

 

DSC_0507mini.jpg

そうめんを湯がいたら、流水の中でしっかりと麺を洗います。楽しい作業,゜.:。+゜

 

 

DSC_0528mini.jpg

いよいよ盛りつけー♪なんだか豪華にみえるー♪

 

DSC_0546mini.jpgDSC_0533mini.jpg

親子で楽しい試食タイム!2時間以上立ちっぱなし。そして最後までやり遂げて・・・「おいしいーーーー!^^」

 

 

片付けまでが台所仕事、ということで、子どもも大人もみんなで洗い物、掃除などをして終了。お疲れ様でした( ´▽`)

 

 

特別編は単発なので、4回コースでは扱わない「麺」だったり「つゆつくり」でしたが、4回コースは、和食の一汁二菜を子どもが一人でつくることができる、を目指すコース。毎回、ご飯と汁物は必ずつくります。

IMG_8403mini.jpg

ごはん、みそ汁(汁物)、おかず2品で一汁二菜。

初回は、一汁一菜。ご飯の炊き方、出汁のひき方からスタートし、回を追う毎に作業量が少しずつ増やしていきます。

 

 

 

こどもの吸収力、というのは大人の比ではなく、

一度観る、一度体験するだけで、スッと自分のものにしてしまいます。

だけど、これにも時期があり期間限定。いつまでも同じというわけではないのです。

 

 

子どもが親と一緒に出かけるのが楽しいし、一緒にいたいという時期。

これが、料理をはじめ家のこと、家事全般をお伝えする大きなチャンス!

 

子どもには、ペーパーの学習も必要だし、生きていくための食〜自分で自分や家族の食事をつくる力も必要。

今がその時であれば、この機会を活かしてくださればうれしく思います。

 

6歳からの料理塾こどもキッチンNEXT秋冬コースは ただいま参加者募集中です♪

 

大阪成蹊短期大学は10時〜14時、東コミセンは15時〜18時半と時間帯が異なります。

ご都合のあう日程にどうぞー♪お申込み方法など詳しくは こちら です。

・・っと、最後に宣伝せんでん・・・(*´艸`)

 

 

レポートは以上です。読んで下さってありがとうございます!

こどもキッチン主宰 石井由紀子

 

−−−

☆ただいま募集中のこどもキッチン☆

−−− 
2歳からの親子料理教室こどもキッチン・9月期

9/25午前:キャンセル待ち

9/25午後:残席あり

−−−

こどもキッチンfirst9月期(満1歳半〜3歳親子)

9/14・28、10/5・19 4回コース

−−−

コミュニケーション講座(親子/大人のみ)

【時間】9/20、10/4・18、11/1 4回コース

【自立】9/13・27、10/11・25 4回コース
−−−

6歳からの料理塾こどもキッチンNEXT秋冬コース

‖膾綫蹊短期大学

10/22、11/19、12/3、1/7、 各回とも10時〜14時
茨木教室(東コミセン)

10/15、11/12、12/11、1/14、 各回とも15時〜18時30分

−−−

 


| 1/9PAGES | >>