こどもキッチンホームページ


●ブログ内を検索

●こどもキッチンの本♪

★本の概要とオンライン書店
★amazonはこちら



●こどもキッチンFBページ


●カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

●カテゴリー

●最近の記事

●リンク

●アーカイブ

others

mobile

qrcode

【開催レポ】こどもキッチンfirst5月期がスタートしました( ´▽`)♪

こどももおとなも育つほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

今日からこどもキッチンファースト(1歳半〜3歳親子対象)がスタート♪

DSC_0010mini.jpg

写真:枝豆をさやから出す(2歳)

 

 

「おうちで子どもと料理しよう!」と思って、

準備万端整えていざ!台所に一緒に立ってみたら・・・

 

 

子どもが、

*「やらない−!」と、どこかに行ってしまったり・・・

 

大人が、

*いつまでも作業を終えない子どもを待ちきれなかったり・・・

*「それは触らないで〜!」と中断したり・・・

 

といったことが起こりがち。

 

DSC_0014mini.jpg

写真:蒸したじゃがいもをすりこぎでつぶす(2歳)

 

それは

「うちの子ができない」わけでも・・・

「私がうまくやれてない」わけでもなくて・・・

 

 

DSC_0020mini.jpg

写真:「あーついてる〜!」って嬉しそうにつぶやいてました(2歳)

 

大人が<料理>にみていること

子どもが<料理>にみていることとの間には、

大きな違いがあるからなんです。

 

DSC_0028mini].jpg
 

1歳代後半、2歳、3歳といった幼少期は特にそう。

 

なので、こどもキッチンファースト4回コースの初回は、

子どもと一緒に料理する時の「土台=ベース」をつくります。

 

日常の子どもたちをふり返りながら

「子どもはなぜそれをするのかな?」を探る中で、

子どもの内面にある「成長したくてしかたがない」子どもたちの姿を

しっかりとみていきます。

 

 

DSC_0012mini.jpg

 

今期の参加者の方たちは・・・

 

*一緒に料理したい。子どもがやりたがっているから、やらせてあげたい。

だけど、何をどこまでどうやったらいいか分らなくて・・・止めてしまう。

 

*子どもが自分(お母さん)の顔色を伺って

「お母さん困ってない?これしていい?」という。これでいいのかな・・・

 

などの動機でご参加下さっています。

4回を終えた後に、どんな景色が広がっているのかな?

楽しみにしつつ、しっかりと場をつくっていきます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

※写真について※

子どもの内面まで映り込むような温かみのある写真。

撮ってくれているのは

フォトグラファーの谷川由紀子さんです。

写真見ながら

「子どもの本当の顔って・・・いいなぁ・・・」って

つぶやいちゃう素敵さです,゜.:。+゜

 

−−−

こどもキッチンの教室・講座一覧は こちら

ただいま参加者募集中は こちら

お問い合わせは こちら

−−−

今日も最後まで読んでくれてありがとう!

こどもキッチン主宰 石井由紀子

 


【開催レポ】こどもキッチンfirst(ファースト)1月期

こどもキッチンファースト1月期は3月に完了しました。

 

*家族が笑って暮らせるようになりたい

*子どもの偏食をなんとかしたい

*子どもには料理つくるのが好きになって欲しい

 

それぞれの想いを胸にご参加下さった皆様が

2ヶ月弱の4回コースで、どんな結果を得られたのか、の

開催レポートです。

DSC_0272mini.jpg

こどもキッチンファーストは

おうちキッチンで子どもが料理することを可能にする、を目指す

4回コースです。

 

4回目は

《子どもの料理レシピや作業を、

子どもがやりたがることを入れながら、考えて、実践してくる》

という宿題発表の日。

1月〜3月に参加された皆さんはこんな感じでしたー!

 

 

●5歳3ヶ月女の子、2歳10ヶ月女の子お母さん

・トマトを切る

・ケチャップとチーズをのせる

・オーブンで焼く

 

 

●2歳7ヶ月女の子お母さん

・こんにゃく

 ちぎる、フォークで刺して穴をあける

・ポテトサラダ

 マッシャーでつぶす(これはすぐにあきらめた)

 マッシュポテトにマヨネーズを混ぜる

・米を研ぐ

 

 

●2歳女の子お母さん

・ドレッシング

・卵の殻をめくる

 

●2歳女の子お母さん

・卵を割る

・配膳をする

(皿を出す、ご飯をよそった茶碗をテーブルに運ぶ。

 ⇒本人が出せる食器類の置き位置に変えて実践)

 

 

「子どもに料理をやらせてあげたいけど、どうしたらいいか分からない」

という戸惑いのまま、コースはスタートするのですが、

コース4回目には、おうちで実践した結果発表、という(^з^)

 

やってみるから、みえてくることっていっぱいあるんですよね。

「こどもの料理」を通して、料理以外の収穫もいろいろあります。

DSC_0298mini.jpg

参加者のアンケートです。

 

にじ

毎回宿題があることで、

頭で考えるだけでなくて(次回に)発表することがよかった。

こどもと一緒に料理を一緒にすることの実践を、

大変だったけどやることで前進しました。

(2歳女の子母)

DSC_0296mini.jpg

にじ

こうあるべき、という母親像を追い求め、でも

腹の中とは裏腹な時もあって、

伝わらずモヤモヤ、イライラ・・・自爆!という

パターンから抜け出せそうです。

(2歳男の子母)

DSC_0036mini.jpg

にじ

「失敗をいっぱいさせる」という言葉が

一番刺さりました。いろんな体験をさせたいと

思っていたのに、失敗には結びついていなかった。

(3歳女の子母)

 

DSC_0041mini.jpg

 

にじ

子どもが「いやいや」という事に対して、

まだうまくしゃべれない時があるから

「その原因を探りあててあげないといけない」

と思っていてあれこれきいたりしてたけど、

「まずその気持ちを受け止めてあげる」

というシンプルなことで、落ち着くようになった。

(2歳女の子母)

 

DSC_0023mini.jpg

にじ

「子どものことは、子どもにきいてみる」

ということを知りました。(中略)

子どもの自ら育つ力を、自分がつぶさない

ようにすることが大切です・・・日々精進。

(2歳女の子母)

 

DSC_0014mini.jpg

 

にじ

息子の「おやつなし生活」も1ヶ月を過ぎ、

だいぶ食べる力がついてきたとうれしく思います。

本当に以前は危機的な状況だったなぁと思います。

(4歳男の子母)

 

DSC_0301mini.jpg
以上が開催レポートです(o^^o)

 

 

情報過多の時代に

情報に振り回されてしんどい思いをせずとも

目の前の子どもとあなた自身の中に

本当の答えがあります。

 

 

こどもキッチンファーストは

ただいま5月期の参加者を募集しています。

5月16日、5月30日、6月13日、6月27日

(全て火曜10:30〜12:30)

詳しくは こちら 

 

子どもを育てながら、子どもと一緒に料理することの

楽しさとうれしさ。今に、未来に、実りをつくる講座を

ご一緒できますことを楽しみにしています。

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう♪

こどもキッチン主宰 石井由紀子

−−−

こどもキッチンへのお問い合わせは こちら

ただいま募集中の教室・講座は こちら


【募集】こどもキッチンfirst5月期☆満1歳半〜3歳親子☆4回コース

こどももおとなも成長するほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

おうちの台所で子どもが1人で、親子で一緒に料理できるを目指す、

1歳半〜3歳代親子対象こどもキッチンfirst5月期

参加者募集のお知らせです。

IMG_1259mini.jpg

子どもって、もともと自ら育とうとする力を持っています。

「放っておいたら育つ」のではなくて、

大人がやるべきことは、確実にあります。

 

DSC09895mini.jpg

2歳前後のイヤイヤ期の「イヤ−!」「自分でー!」に

「もうやめて欲しいわぁ〜(´Д`)」とタジタジな毎日ではありませんか?


子どもと一緒に料理ができるようになる、を目指していたら、

イヤイヤ期がなんであるのかがみえるようになって、

 

なんでそこで「イヤ−!」っていうんだ!?

どうして私の気持ちが分かってくれないの?

そんな毎日に終止符がうてる。

毎日の子育ての景色が一変しますよー♪

 

 

□子どもには料理できる人になって欲しい!

□将来、子どもが料理してくれたら助かるなぁ♪

□子どもにやらせたいけど、何をどう準備すればさっぱり分からない・・・。

□やらせてみたら、ぐちゃぐちゃに・・・。

□イヤー!が激しくて、手を焼いている

□兄にだけさせたいのに、弟がいつも一緒だから、やりたくてもできない。

 

そんな方は、ぜひぜひご一緒いたしましょう!

 

 

1歳半〜3歳代親子対象こどもキッチンfirst5月期*参加者募集

 

こどもキッチンfirstは、モンテッソーリ教育をヒントに、

日常生活の中にある「自ら成長しようとする子ども」の姿に触れ、

「おうちの台所で子どもと一緒に料理する」を目指していく

大人のための講座です。(親子参加。子どものミニ調理体験つき)。

 

4回コースです。

前半2回は「子どもを観る」力を深め、

後半2回に「子どもの台所仕事」を題材にしながらさらに、

<子どもが成長をつくる大人のあり方>を磨いていきます。

 

包丁を使わずにこどもが出来るカンタンメニューの

一品をつくるこどものミニ調理体験 から講座はスタートします。

試食タイムからは、大人の講座スタート。

 

試食後の子どもたちは、

大人講座中のお母さんと一緒にいてもいいし、

お母さんのみえる隣の部屋で積み木などをして遊んでもいい。

 

ですので

親も子もストレスなく場にいていただいています。

−−−

こどもキッチンfirst(ファースト)5月期

−−−

日程:5月16日、5月30日、6月13日、6月27日(全て火曜10:30〜12:30)

場所:講師自宅教室(大阪府茨木市学園町 詳しくはお申込み後お知らせ)

参加費:15,000円/4回1括

(毎回お支払いの場合は、4,000円/1回目〜3回目、3,500円/4回目)

−−−

 

詳しくはこちらも( ´▽`)↓

こどもキッチンfirst(ファースト)とは

こどもキッチンfirst当日の流れ(ミニ調理体験〜大人の講座)

 

 

お申込みは こちら まで。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★★こどもキッチンfirstは、親子参加ですが、大人のための講座です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★こどもキッチンfisrtの「子どものミニ調理体験」は、

毎月の料理教室(こどもキッチン)とは、内容や調理時間が異なります。

「子どもの調理をメインに!」という方にはこどもキッチンをお勧めしています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★こどもキッチンfirst(ファースト)Q&Aは こちら

★これまでのこどもキッチンfisr開催レポートはこちら

ご感想や講座4回目の結果発表(ご自宅キッチンで子どもがつくったお料理は?)の様子を

ご覧いただけます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

★お申込み・お問い合わせは こちら 

 

 

必要な方にこのことが届きますように・・・( ´▽`)♪

ご一緒できますことを心から楽しみにしています。

 

こどもキッチン主宰 石井由紀子


【募集】こどもキッチンfirst1月期☆満1歳半〜3歳親子☆4回コース

こどももおとなも成長するほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

1歳半〜3歳代親子対象こどもキッチンfirst1月期

参加者募集のお知らせです。

 

IMG_1259mini.jpg

子どもは本能的に自ら育とうとする力を内在しています。

自らの意志で、自分を育てようとする、子どもたち。

 

でもこれは、

「放っておいたら育つ」のではなくて、

 

□何がどう成長につながってるの〜をみてみる

□環境をどう整えたらいいのかな〜を試してみる

□子どもに、どう伝えたら伝わるの〜を実践してみる

 

などなど。大人がやるべきことは確実にあります。

DSC09895mini.jpg

2歳前後のイヤイヤ期の「イヤ−!」「自分でー!」に

「もうやめて欲しいわぁ〜(´Д`)」とタジタジな人もウェルカム!

なんでそこで「イヤ−!」っていうんだ!?がみえるようになると、

毎日の子育ての景色が一変します。

 

 

□子どもには台所仕事ができる人になって欲しい

□仕事が忙しい自分に変わって子どもが料理してくれたら助かる

□子どもの料理には、何をどう準備すればさっぱり分からない

□やらせてみたら、ぐちゃぐちゃに・・・。

□イヤー!が激しくて、手を焼いている

 

そんな方は、ぜひぜひご一緒いたしましょう。

 

 

1歳半〜3歳代親子対象こどもキッチンfirst1月期*参加者募集

 

こどもキッチンfirstは、モンテッソーリ教育をヒントに、

日常生活の中にある「自ら成長しようとする子ども」の姿に触れ、

「おうちの台所で子どもと一緒に料理する」を目指していく

大人のための講座です。(親子参加。子どものミニ調理体験つき)。

 

4回コースです。

前半2回は「子どもを観る」力を深め、

後半2回に「子どもの台所仕事」を題材にしながらさらに、

<子どもが成長をつくる大人のあり方>を磨いていきます。

 

包丁を使わずにこどもが出来るカンタンメニューの

一品をつくるこどものミニ調理体験 から講座はスタートします。

試食タイムからは、大人の講座スタート。

 

試食後の子どもたちは、
大人講座中のお母さんと一緒にいてもいいし、
お母さんのみえる隣の部屋で積み木などをして遊んでもいい。
ですので
親も子もストレスなく場にいていただいています。

こどもキッチンfirst(ファースト)2017年1月期

−−−

日程:1月24日、2月7日、2月21日、3月7日(全て火曜10:30〜12:30)

場所:講師自宅教室(大阪府茨木市学園町 詳しくはお申込み後お知らせ)

参加費:15,000円/4回1括

(毎回お支払いの場合は、4,000円/1回目〜3回目、3,500円/4回目)

−−−

 

詳しくはこちらも( ´▽`)

こどもキッチンfirst(ファースト)とは

こどもキッチンfirst当日の流れ(ミニ調理体験〜大人の講座)

 

 

お申込みは こちら まで。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★★こどもキッチンfirstは、親子参加ですが、大人のための講座です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★こどもキッチンfisrtの「子どものミニ調理体験」は、

毎月の料理教室(こどもキッチン)とは、内容や調理時間が異なります。

「子どもの調理をメインに!」という方にはこどもキッチンをお勧めしています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★こどもキッチンfirst(ファースト)Q&Aは こちら

★これまでのこどもキッチンfisr開催レポートはこちら

ご感想や講座4回目の結果発表(ご自宅キッチンで子どもがつくったお料理は?)の様子を

ご覧いただけます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

★お申込み・お問い合わせは こちら 

 

 

必要な方にこのことが届きますように・・・( ´▽`)♪

ご一緒できますことを心から楽しみにしています。

 

こどもキッチン主宰 石井由紀子


【募集】こどもキッチンfirst10月期☆満1歳半〜3歳親子☆4回コース

こどももおとなも成長するほんまもんの場所

1歳半〜2歳〜6歳〜親子料理教室こどもキッチン

石井由紀子です。

 

こどもキッチンfirst10月期(10/26スタート)参加者募集!っと、その前に・・・

先日スタートした「9月期」の様子から・・・

「こどもが生まれた時からずっと行きたかった」と、このチャンスを1年半も待って下さっていた参加者や、お父さん+子どものペア参加(first初!です)もあり、心密かにいろいろ感動.:。+゜4回でつくられる結果も本当に楽しみです,゜.:。+゜

 

 

さて、本題に戻りまして・・・

1歳半〜3歳代親子対象こどもキッチンfirst10月期*参加者募集です。

こどもキッチンfirstは、モンテッソーリ教育をヒントに、日常生活の中にある「自ら成長しようとする子ども」の姿に触れ「おうちの台所で子どもと一緒に料理する」を目指していく大人のための講座です(子どものミニ調理体験つき)。

 

 

マニュアルどおりに準備しさえすればうまくいく! なんていうもんじゃないのが子育てです。子どもの料理や台所仕事もそうなんです。

 

 

子どものことを観て知って、道具や環境を準備して、試してみる。

これを同じ目的をもった人とやってみる期間に、揺るぎない結果が生まれてきます。

最初から完璧に成功!とはいかなくても、前とは明らかに何かが違っていることに気づいていきます。

 

 

また、単発の講座とは違って、4回連続している!というのが胆(きも)です

<次回までの宿題>っていうのがありまして、これがとっても機能的。

 

 

講座は、包丁を使わずにこどもが出来るメニュー(いもきんとん、きびだんご、じゃがいものチーズ焼き、お豆腐ナンなど)を作るこどものミニ調理体験からスタートします。

イヤイヤ期まっさい中のお子さんも、歩行が完成した1歳半のお子さんも、ウェルカム!「こどもの台所仕事を可能にする」を目指して、大人が子どものことを本気で学ぶこどもキッチンfisrtをぜひご一緒いたしましょう。

 

10月期は 10月26日、11月9日、11月30日、12月14日 です。

全て水曜10:30〜12:30

 

詳しい内容とお申込みは こちら まで。

 

★こどもキッチンfirstは、大人のための講座(子どものミニ調理体験つき)です。毎月の料理教室(こどもキッチン)とは内容が異なります。

こどもキッチンfirst(ファースト)こどもキッチンfirst当日の流れ(ミニ調理体験〜大人の講座)を事前にご確認の上、ご参加を検討下されば幸いです。

 

★こどもキッチンfirst(ファースト)Q&Aは こちら

 

★これまでのこどもキッチンfisr開催レポート

ご感想や講座4回目の発表(おうちキッチンで子どもがつくったお料理や調理作業発表!)の様子をこちらでご覧いただけます。


★お問い合わせは こちら 

 

必要な方にこのことが届きますように・・・( ´▽`)♪

ご一緒できますことを心から楽しみにしています。

 

こどもキッチン主宰 石井由紀子

 

ーーー


【募集】こどもキッチンfirst9月期☆満1歳半〜3歳親子☆4回コース

2016年9月期☆こどもキッチンfirst参加者募集です( ´▽`)

こどもキッチンfisrtは
満1歳半〜3歳の「イヤイヤ期」のこどもたちと親が対象です。

 

まだ言葉がおぼつかない時期にも、

言葉をスポンジで水を吸い取るように吸収し、

 

まだ手が大人ほど自由には動かない時期にも、

自分の意志で、自分の手や指が動くように、

環境の中にやれることを見つけてはイキイキとやっている

子どもたち。

 

 

子どもは小さくとも、神様から与えられた宿題を日々こなし、

自立への道を自ら歩んでいます。


 

台所仕事を題材に、子どもをどうサポートしていくのか。

「イヤ!」「自分で!」の裏側にある子どもの成長のメカニズムを知って

日常での実践をしていく、子どもの調理体験つきの、実践的な講座で、

子どもの「やりたい!」を叶えながら、子どもの育ちをサポートする

「おうちキッチン」を実現してみませんか?

 


どんな感じなの?」こどもキッチンfirst・これまでの開催の様子はこちら♪
↑↑↑当日のこどもたちの様子や、参加者アンケートです(´▽`)↑↑↑

 

 


---こどもキッチンfirst9月期☆募集---
日程
9/14 、9/28、10/5、10/19
全て水曜日。いずれも10時30分〜12時30分
※10時30分にお越しください。
※開始時間より前の入場はできない場合があります。


参加対象
満1歳半〜満3歳のこどもとその親のペア
(3歳代までのお子さんを対象にしています)
(4歳以上のお子さんでご希望についてはご相談下さい)


場所
大阪茨木教室(講師自宅)
(大阪府茨木市学園町。詳しくはお申込後お知らせ)
「阪急茨木市駅」よりバス10分、バス亭より徒歩1分

※会場併設の駐車場はありません。
※教室近くの東コミュニティセンタ等コインパーキングをご利用ください。


参加費 15,000円(4回一括。初回全納)
※4回連続で参加できる方のみ
※参加の都度支払い場合、3回目まで:4,000円、4回目:3,500円

定員6組


募集〆切  9月7日(水)(開催初日の1週間前)
※先着順受付
※3組以上集まれば開催します。

内容
ヾ蔽韻任いしいメニューを1つつくる
∋鄂しながら、お母さん・お父さんのミニワーク
お家で宿題にとりくむ  という4回コースです。



━━ こどもキッチンfirst〜当日の流れ ━━━━━━━━━━━━━━
 【1】エプロン・手洗い・ご挨拶
-------------------------------------------------------------
 【2】お母さんと一緒にメニューをつくる

  混ぜる、スプーンで移す、にぎる、運ぶ・・・など
  いろんな動きが含まれています。

  ○ワンステップでできるメニュー
  ・いもきんとん ・きびだんご ・海苔おにぎり ・お豆腐ナン

  子どものつくるメニューにあわせたみそ汁やスープなどの汁物なども
  試食タイムに♪
 
※メニューを構成する上でアレルギー対応は特にしていません。
※参加者の年齢構成によって、メニューを変更することがあります。
 あらかじめご了承ください。
  
-------------------------------------------------------------
 【3】テーブルセッティング
-------------------------------------------------------------
 【4】試食
-------------------------------------------------------------
 【5】ふりかえりワーク(試食中〜)と次回までの宿題
  お料理の時間のこどもと自分をふりかえってみることからおうちでの工夫、
  日常生活でのこどもとのコミュニケーションをみる時間です。
  おうちでの宿題も出ます。宿題はやればやるほどお得です☆彡  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講師 石井由紀子 親子料理教室こどもキッチン主宰…講師プロフィール



持ち物:
【こども】エプロン、おてふき(エプロンのポケットに入るサイズ) 、お茶、コップ
【おとな】エプロン、おてふき、ノート(毎回同じもの)、筆記用具


申込み方法:メールの件名に「こどもキッチンfirst9月期申込み」とご記入の上、
次の内容を明記の上、info@kodomo-kitchen.com までお申込ください。

・氏名(親・子)(ふりがな)
・こどもの生年月日と年齢月齢
・住所
・連絡先電話番号(【自宅】と【携帯】と両方)
・メールアドレス
※代理申込み不可です。ご本人が直接お申込ください。
※お申込から3日以内に返信メールを送信いたします。


キャンセルポリシー
スタート後の全日程キャンセルにつきましては、原則お受けできません(※)
キャンセルについては半額を申し受けます。



※【お申込み前にご確認ください】
4回全ての参加が前提となっています。4回の受講とおうちでの宿題実践を通して
結果をつくるプログラムです。主旨や内容、全日程参加可能かをご確認の上でお
申込み下さいますようにお願いいたします。
なお、やむを得ない事情によるキャンセルはこれまで通りお受けいたします。




---
Q&A
Q:
子どもに料理をさせたいと思っています。こどもキッチンfirstではどの程度、
こどもの料理の時間をとりますか?どんな調理内容をしますか?
A:
子どもの調理時間は、内容によりますが、30分〜1時間までとなっています。
1歳半からのコースですので、包丁作業はありません。包丁を使わずに簡単に
できるメニューをつくります。火は使うこともあります。
「こどもの調理体験・試食つき」ではありますが、あくまでも、大人の講座が
メインとなっていますので、「子どもの調理時間をたっぷりにしたい!」を、
ご希望の方は、毎月のこどもキッチンをお勧めします。(満2歳〜)


Q:
遠方からの参加希望をしています。時間帯がお昼にかかるので、
お昼ご飯を持参したいのですが、可能でしょうか?
A:
必要な方は「おにぎり」など、各自ご持参いただくことは可能です。
ただし、お子さんが作ったメニューを親子でご試食の後、ご持参の
食事をおとりいただくようにお願いしています。
また、お作りいただいたお料理は衛生面の考慮から、お持ち帰り
いただけませんので、あらかじめご了承ください。


Q:
大人ワークの時間、試食を終えた子どもは何をしていますか?
A:
子どもたちには年齢に応じて、積み木やクレヨン、はさみなど
興味のある手仕事のお時間を過ごします。お母さんと一緒にいること
を好むお子さんにはそうしていただき、手仕事に興味のあるお子さん
には、それぞれの作業をしていただくことにしていますので、
子どもたちにとっても、お母さんたちにとっても負担なく、大人ワーク
の時間をそれぞれに有意義に過ごしていただいています。
必要に応じて、調理アシスタントが子どもたちの様子をみせていただ
いていますが、保育ではありませんので、あしからずご了承ください。
お母さんの様子が見える隣のお部屋に道具類を準備しています。


Q:
1歳半〜となっていますが、子どもが本当に料理をするか・できるか不安です。
A:
こどもキッチンでは、子どもが一人で可能なように道具や食材を準備して
いますので、ほとんどのお子さんは作業をやりたがりますが、子どもたちには
作業することを強要することも、お手本通りに仕上げることを求めることもあ
りません。
子どもたち一人一人、それまでの経験によりできることに差がある場合もあり
ますし、場所見知りなどにより「しない」ことを選ぶ場合もあります。どんな
場合においても、子どもは自分で「する」か「しない」かを必ず選んでいます。
その意志を尊重し、子どもが「しない」を選んだ場合には、同伴の大人に調理
をしていただいています。こどもはお母さんやお父さんが調理する様子をみる
ことからも多くを吸収しています。
子どもの成長にとって一番大切なことは、一つひとつのことを自分自身で選んだか
どうかです。受講後にこのあたりのことがよく実感できるようになり、子育ての
気苦労も相当少なくなるかも知れません。


Q:
病気などでお休みする回があった場合は、どのようになりますか?
A:
途中欠席する回があったから次回からは受講できない、ということはありません。
振り替え受講やメールサポートなどいろいろな形が想定されますが、
次回までにどうキャッチアップするかは参加者ご自身のご判断と行動にお任せしています。
なお、キャンセルポリシー(キャンセル料)については、前述のとおりです。
---
ご案内は以上です。
★こどもキッチンfirst・これまでの開催の様子はこちら♪


このことが必要な方に届きますように。
ご一緒できるあなたとお会いできますことを楽しみにしています。
感謝。

 

 

最後までお読み下さりありがとうございます( ´▽`),゜.:。+


【募集】こどもキッチンfirst5月期☆満1歳半〜3歳親子☆4回コース

2016年5月期☆こどもキッチンfirst参加者募集です( ´▽`)

子どもは歩けるようになると、ニコニコと台所にやってきます。

そして食卓から、自分の体よりも大きな椅子を
引きずってきてでも、
大人の調理作業の様子を見ようとしたりします。



とあるワークショップの参加者のお話です。

彼女は「危ないから」と入口にゲートをつけて、
子どもが台所に入れないようにしていました。

その方は困った様子で言いました。




「2歳女の子なんです。私が台所に入ると…

リビングの椅子からテーブルに登り、
テーブルからキッチンカウンターへ移動して、

さらに、水とコンロの間の作業スペースに移動。
そこに座って、動こうとせず、毎日困っています。」


どうですか?
確かに困った事態ですよね。


そして
2歳女の子は、何をしているのでしょう。


ふざけているわけでも
遊んでいるわけでも、
暇つぶしをしているわけでも、
お母さんを困らせようとしているのでも、

ない。



彼女はただ、お母さんがお料理するのを
見たくて仕方がないんですね。



これ、実は、
《子どもの成長の絶好のチャンス》なのです。



自分のやれる、あらゆる手段を使って
台所に来ようとするくらい
そこには【自分を成長させる何かがある】ということを
子どもたちは、無意識のうちに、知っています。



こどもキッチンfisrtは
満1歳半〜3歳の「イヤイヤ期」のこどもたちと親が対象です。


「イヤ!」「自分で!」の裏側にある子どもの成長のメカニズムを知り、
「こどもを見守る」ことのパワフルさに触れて、
「子どもに伝わる伝え方」を身につければ、
台所を越えて日常のに活かすことが可能です。



子どもの調理体験つきの、実践的な講座で学び、
子どもの「やりたい!」を叶えて、
親も子も実る楽しい「おうちキッチン」を実現してみませんか?


どんな感じなの?」こどもキッチンfirst・これまでの開催の様子はこちら♪
↑↑↑当日のこどもたちの様子や、参加者アンケートです(´▽`)↑↑↑

---こどもキッチンfirst1月期☆募集---
日程
1)火曜コース:5/10 、5/24、6/7、6/21
いずれも10時30分〜12時30分
※10時30分にお越しください。
※開始時間より前の入場はできない場合があります。


参加対象
満1歳半〜満3歳のこどもとその親のペア
(3歳代までのお子さんを対象にしています)
(4歳以上のお子さんでご希望についてはご相談下さい)


場所
大阪茨木教室(講師自宅)
(大阪府茨木市学園町。詳しくはお申込後お知らせ)
「阪急茨木市駅」よりバス10分、バス亭より徒歩1分

※会場併設の駐車場はありません。
※教室近くの東コミュニティセンタ等コインパーキングをご利用ください。


参加費 15,000円(4回一括。初回全納)
※4回連続で参加できる方のみ
※参加の都度支払い場合、3回目まで:4,000円/回、4回目:3,000円/回


定員6組


募集〆切  5月3日(火)(開催初日の1週間前)
※先着順受付
※3組以上集まれば開催します。

内容
ヾ蔽韻任いしいメニューを1つつくる
∋鄂しながら、お母さん・お父さんのミニワーク
お家で宿題にとりくむ  という4回コースです。

━━ こどもキッチンfirst〜当日の流れ ━━━━━━━━━━━━━━
 【1】エプロン・手洗い・ご挨拶
-------------------------------------------------------------
 【2】お母さんと一緒にメニューをつくる

  混ぜる、スプーンで移す、にぎる、運ぶ・・・など
  いろんな動きが含まれています。

  ○ワンステップでできるメニュー
  ・いもきんとん ・きびだんご ・海苔おにぎり ・お豆腐ナン

  子どものつくるメニューにあわせたみそ汁やスープなどの汁物なども
  試食タイムに♪

 
※メニューを構成する上でアレルギー対応は特にしていません。
※参加者の年齢構成によって、メニューを変更することがあります。
 あらかじめご了承ください。
  
-------------------------------------------------------------
 【3】テーブルセッティング
-------------------------------------------------------------
 【4】試食
-------------------------------------------------------------
 【5】ふりかえりワーク(試食中〜)と次回までの宿題
  お料理の時間のこどもと自分をふりかえってみることからおうちでの工夫、
  日常生活でのこどもとのコミュニケーションをみる時間です。
  おうちでの宿題も出ます。宿題はやればやるほどお得です☆彡  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講師 石井由紀子 親子料理教室こどもキッチン主宰…講師プロフィール



持ち物:
【こども】エプロン、おてふき(エプロンのポケットに入るサイズ) 、お茶、コップ
【おとな】エプロン、おてふき、ノート(毎回同じもの)、筆記用具


申込み方法:メールの件名に「こどもキッチンfirst1月期申込み」とご記入の上、
次の内容を明記の上、info@kodomo-kitchen.com までお申込ください。

・氏名(親・子)(ふりがな)
・こどもの生年月日と年齢月齢
・住所
・連絡先電話番号(【自宅】と【携帯】と両方)
・メールアドレス
※代理申込み不可です。ご本人が直接お申込ください。
※お申込から3日以内に返信メールを送信いたします。


キャンセルポリシー
スタート後の全日程キャンセルにつきましては、原則お受けできません(※)
キャンセルについては半額を申し受けます。



※【お申込み前にご確認ください】
4回全ての参加が前提となっています。4回の受講とおうちでの宿題実践を通して
結果をつくるプログラムです。主旨や内容、全日程参加可能かをご確認の上でお
申込み下さいますようにお願いいたします。
なお、やむを得ない事情によるキャンセルはこれまで通りお受けいたします。




---
Q&A
Q:
子どもに料理をさせたいと思っています。こどもキッチンfirstではどの程度、
こどもの料理の時間をとりますか?どんな調理内容をしますか?
A:
子どもの調理時間は、内容によりますが、30分〜1時間までとなっています。
1歳半からのコースですので、包丁作業はありません。包丁を使わずに簡単に
できるメニューをつくります。火は使うこともあります。
「こどもの調理体験・試食つき」ではありますが、あくまでも、大人の講座が
メインとなっていますので、「子どもの調理時間をたっぷりにしたい!」を、
ご希望の方は、毎月のこどもキッチンをお勧めします。(満2歳〜)


Q:
遠方からの参加希望をしています。時間帯がお昼にかかるので、
お昼ご飯を持参したいのですが、可能でしょうか?
A:
必要な方は「おにぎり」など、各自ご持参いただくことは可能です。
ただし、お子さんが作ったメニューを親子でご試食の後、ご持参の
食事をおとりいただくようにお願いしています。
また、お作りいただいたお料理は衛生面の考慮から、お持ち帰り
いただけませんので、あらかじめご了承ください。


Q:
大人ワークの時間、試食を終えた子どもは何をしていますか?
A:
子どもたちには年齢に応じて、積み木やクレヨン、はさみなど
興味のある手仕事のお時間を過ごします。お母さんと一緒にいること
を好むお子さんにはそうしていただき、手仕事に興味のあるお子さん
には、それぞれの作業をしていただくことにしていますので、
子どもたちにとっても、お母さんたちにとっても負担なく、大人ワーク
の時間をそれぞれに有意義に過ごしていただいています。
必要に応じて、調理アシスタントが子どもたちの様子をみせていただ
いていますが、保育ではありませんので、あしからずご了承ください。
お母さんの様子が見える隣のお部屋に道具類を準備しています。


Q:
1歳半〜となっていますが、子どもが本当に料理をするか・できるか不安です。
A:
こどもキッチンでは、子どもが一人で可能なように道具や食材を準備して
いますので、ほとんどのお子さんは作業をやりたがりますが、子どもたちには
作業することを強要することも、お手本通りに仕上げることを求めることもあ
りません。
子どもたち一人一人、それまでの経験によりできることに差がある場合もあり
ますし、場所見知りなどにより「しない」ことを選ぶ場合もあります。どんな
場合においても、子どもは自分で「する」か「しない」かを必ず選んでいます。
その意志を尊重し、子どもが「しない」を選んだ場合には、同伴の大人に調理
をしていただいています。こどもはお母さんやお父さんが調理する様子をみる
ことからも多くを吸収しています。
子どもの成長にとって一番大切なことは、一つひとつのことを自分自身で選んだか
どうかです。受講後にこのあたりのことがよく実感できるようになり、子育ての
気苦労も相当少なくなるかも知れません。


Q:
病気などでお休みする回があった場合は、どのようになりますか?
A:
途中欠席する回があったから次回からは受講できない、ということはありません。
振り替え受講やメールサポートなどいろいろな形が想定されますが、
次回までにどうキャッチアップするかは参加者ご自身のご判断と行動にお任せしています。
なお、キャンセルポリシー(キャンセル料)については、前述のとおりです。
---
ご案内は以上です。
★こどもキッチンfirst・これまでの開催の様子はこちら♪


最後までお読み下さりありがとうございます( ´▽`),゜.:。+

このことが必要な方に届きますように。
ご一緒できるあなたとお会いできますことを楽しみにしています。
感謝。

【募集】こどもキッチンfirst1月期☆満1歳半〜3歳親子☆4回コース

2016年1月期☆こどもキッチンfirst参加者募集です( ´▽`)

子どもは歩けるようになると、ニコニコと台所にやってきます。

そして食卓から、自分の体よりも大きな椅子を
引きずってきてでも、

大人の調理作業の様子を見ようとしたりします。



とあるワークショップの参加者のお話です。

彼女は「危ないから」と入口にゲートをつけて、
子どもが台所に入れないようにしていました。


その方は困った様子で言いました。




「2歳女の子なんです。私が台所に入ると…

リビングの椅子からテーブルに登り、
テーブルからキッチンカウンターへ移動して、

さらに、水とコンロの間の作業スペースに移動。
そこに座って、動こうとせず、毎日困っています。」



どうですか?
確かに困った事態ですよね。


そして
2歳女の子は、何をしているのでしょう。


ふざけているわけでも
遊んでいるわけでも、
暇つぶしをしているわけでも、
お母さんを困らせようとしているのでも、

ない。



彼女はただ、お母さんがお料理するのを
見たくて仕方がない
んですね。




これ、実は、
《子どもの成長の絶好のチャンス》なのです。




自分のやれる、あらゆる手段を使って
台所に来ようとするくらい
そこには【自分を成長させる何かがある】ということを
子どもたちは、無意識のうちに、知っています。



こどもキッチンfisrtは
満1歳半〜3歳の「イヤイヤ期」のこどもたちと親が対象です。


「イヤ!」「自分で!」の裏側にある子どもの成長のメカニズムを知り、
「こどもを見守る」ことのパワフルさに触れて、
「子どもに伝わる伝え方」を身につければ、
台所を越えて日常のに活かすことが可能です。


 
子どもの調理体験つきの、実践的な講座で学び、
子どもの「やりたい!」を叶えて、
親も子も実る楽しい「おうちキッチン」を実現してみませんか?
↑↑当日のこどもたちの様子や、参加者アンケートです(´▽`)↑↑↑


---こどもキッチンfirst1月期☆募集---

日程
1)火曜コース:1/19 、2/2、2/23、3/8
いずれも10時30分〜12時30分
※10時30分にお越しください。
※開始時間より前の入場はできない場合があります。


参加対象
満1歳半〜満3歳のこどもとその親のペア
(3歳代までのお子さんを対象にしています)
(4歳以上のお子さんでご希望についてはご相談下さい)


場所
大阪茨木教室(講師自宅)
(大阪府茨木市学園町。詳しくはお申込後お知らせ)
「阪急茨木市駅」よりバス10分、バス亭より徒歩1分

※会場併設の駐車場はありません。
※教室近くの東コミュニティセンタ等コインパーキングをご利用ください。


参加費 15,000円(4回一括。初回全納)
※4回連続で参加できる方のみ
※参加の都度支払い場合、3回目まで:4,000円/回、4回目:3,000円/回


定員6組


募集〆切  1月12日(火)(開催初日の1週間前)
※先着順受付
※3組以上集まれば開催します。


内容
ヾ蔽韻任いしいメニューを1つつくる
∋鄂しながら、お母さん・お父さんのミニワーク
お家で宿題にとりくむ  という4回コースです。


━━ こどもキッチンfirst〜当日の流れ ━━━━━━━━━━━━━━
 【1】エプロン・手洗い・ご挨拶
-------------------------------------------------------------
 【2】お母さんと一緒にメニューをつくる

  混ぜる、スプーンで移す、にぎる、運ぶ・・・など
  いろんな動きが含まれています。

  ○ワンステップでできるメニュー
  ・いもきんとん ・きびだんご ・海苔おにぎり ・お豆腐ナン
  子どものつくるメニューにあわせたみそ汁やスープなどの汁物なども
  試食タイムに♪
 
※メニューを構成する上でアレルギー対応は特にしていません。
※参加者の年齢構成によって、メニューを変更することがあります。
 あらかじめご了承ください。
  
-------------------------------------------------------------
 【3】テーブルセッティング
-------------------------------------------------------------
 【4】試食
-------------------------------------------------------------
 【5】ふりかえりワーク(試食中〜)と次回までの宿題
  お料理の時間のこどもと自分をふりかえってみることからおうちでの工夫、
  日常生活でのこどもとのコミュニケーションをみる時間です。
  おうちでの宿題も出ます。宿題はやればやるほどお得です☆彡  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講師 石井由紀子 親子料理教室こどもキッチン主宰…講師プロフィール




持ち物:
【こども】エプロン、おてふき(エプロンのポケットに入るサイズ) 、お茶、コップ
【おとな】エプロン、おてふき、ノート(毎回同じもの)、筆記用具


申込み方法:メールの件名に「こどもキッチンfirst1月期申込み」とご記入の上、
次の内容を明記の上、info@kodomo-kitchen.com までお申込ください。

・氏名(親・子)(ふりがな)
・こどもの生年月日と年齢月齢
・住所
・連絡先電話番号(【自宅】と【携帯】と両方)
・メールアドレス

※代理申込み不可です。ご本人が直接お申込ください。
※お申込から3日以内に返信メールを送信いたします。


キャンセルポリシー
スタート後の全日程キャンセルにつきましては、原則お受けできません(※)
キャンセルについては半額を申し受けます。

 
※【お申込み前にご確認ください】
4回全ての参加が前提となっています。4回の受講とおうちでの宿題実践を通して
結果をつくるプログラムです。主旨や内容、全日程参加可能かをご確認の上でお
申込み下さいますようにお願いいたします。
なお、やむを得ない事情によるキャンセルはこれまで通りお受けいたします。




---
Q&A
Q:
子どもに料理をさせたいと思っています。こどもキッチンfirstではどの程度、
こどもの料理の時間をとりますか?どんな調理内容をしますか?
A:
子どもの調理時間は、内容によりますが、30分〜1時間までとなっています。
1歳半からのコースですので、包丁作業はありません。包丁を使わずに簡単に
できるメニューをつくります。火は使うこともあります。
「こどもの調理体験・試食つき」ではありますが、あくまでも、大人の講座が
メインとなっていますので、「子どもの調理時間をたっぷりにしたい!」を、
ご希望の方は、毎月のこどもキッチンをお勧めします。(満2歳〜)



Q:
遠方からの参加希望をしています。時間帯がお昼にかかるので、
お昼ご飯を持参したいのですが、可能でしょうか?
A:
必要な方は「おにぎり」など、各自ご持参いただくことは可能です。
ただし、お子さんが作ったメニューを親子でご試食の後、ご持参の
食事をおとりいただくようにお願いしています。
また、お作りいただいたお料理は衛生面の考慮から、お持ち帰り
いただけませんので、あらかじめご了承ください。


Q:
大人ワークの時間、試食を終えた子どもは何をしていますか?
A:
子どもたちには年齢に応じて、積み木やクレヨン、はさみなど
興味のある手仕事のお時間を過ごします。お母さんと一緒にいること
を好むお子さんにはそうしていただき、手仕事に興味のあるお子さん
には、それぞれの作業をしていただくことにしていますので、
子どもたちにとっても、お母さんたちにとっても負担なく、大人ワーク
の時間をそれぞれに有意義に過ごしていただいています。
必要に応じて、調理アシスタントが子どもたちの様子をみせていただ
いていますが、保育ではありませんので、あしからずご了承ください。
お母さんの様子が見える隣のお部屋に道具類を準備しています。


Q:
1歳半〜となっていますが、子どもが本当に料理をするか・できるか不安です。
A:
こどもキッチンでは、子どもが一人で可能なように道具や食材を準備して
いますので、ほとんどのお子さんは作業をやりたがりますが、子どもたちには
作業することを強要することも、お手本通りに仕上げることを求めることもあ
りません。
子どもたち一人一人、それまでの経験によりできることに差がある場合もあり
ますし、場所見知りなどにより「しない」ことを選ぶ場合もあります。どんな
場合においても、子どもは自分で「する」か「しない」かを必ず選んでいます。
その意志を尊重し、子どもが「しない」を選んだ場合には、同伴の大人に調理
をしていただいています。こどもはお母さんやお父さんが調理する様子をみる
ことからも多くを吸収しています。
子どもの成長にとって一番大切なことは、一つひとつのことを自分自身で選んだか
どうかです。受講後にこのあたりのことがよく実感できるようになり、子育ての
気苦労も相当少なくなるかも知れません。


Q:
病気などでお休みする回があった場合は、どのようになりますか?
A:
途中欠席する回があったから次回からは受講できない、ということはありません。
振り替え受講やメールサポートなどいろいろな形が想定されますが、
次回までにどうキャッチアップするかは参加者ご自身のご判断と行動にお任せしています。
なお、キャンセルポリシー(キャンセル料)については、前述のとおりです。
---
ご案内は以上です。
★こどもキッチンfirst・これまでの開催の様子はこちら♪


最後までお読み下さりありがとうございます( ´▽`),゜.:。+

このことが必要な方に届きますように。
ご一緒できるあなたとお会いできますことを楽しみにしています。
感謝。

【募集】1歳半〜3歳親子料理教室こどもキッチンfirst9月期

こどもキッチンfirst9月期募集開始いたします( ´▽`)
こどもキッチンfirst(ファースト)は
おうちキッチンで「子どもの台所仕事」を可能にする、大人のための4回コースです。
(こどもの調理体験・試食つき)
 
歩けるようになり、手が自由に使えるようになってくると、
まだ何もできないのに、なぜか台所にやってくる小さな子どもたち。

それは
「自分の成長のために必要なこと」=「子どものやりたいこと」
が台所にあるから。

「イヤイヤ期」のこどもの「イヤ!」の背景にあるものを知り、
「こどもを見守る」ことのパワフルさに触れて、
「子どもに伝わる伝え方」を身につけることができれば、

台所を越えて、こどもとの日常の中に活かすことも可能です。
 
子どもの調理体験つきの、実践的な講座で学び、
子どもの「やりたい!」を叶えて、
親子で楽しい「おうちキッチン」を実現してみませんか?
↑↑当日のこどもたちの様子や、参加者アンケートです(´▽`)↑↑↑

---おうちキッチンで親子で楽しんで料理するを目指す・4回連続コースです---

日程
1)火曜コース:9/15 、9/29、10/13、10/27
いずれも10時30分〜12時30分
※10時30分にお越しください。
※開始時間より前の入場はできない場合があります。


参加対象
満1歳半〜満3歳のこどもとその親のペア
(3歳代までのお子さんを対象にしています)
(4歳以上のお子さんでご希望についてはご相談下さい)


場所
大阪茨木教室(講師自宅)
(大阪府茨木市学園町。詳しくはお申込後お知らせ)
「阪急茨木市駅」よりバス10分、バス亭より徒歩1分

※会場併設の駐車場はありません。
※教室近くの東コミュニティセンタ等コインパーキングをご利用ください。

参加費 15,000円(4回一括。初回全納)
※4回連続で参加できる方のみ
※参加の都度お支払いの場合は、4,000円/回


定員6組


募集〆切  9月12日(土)(開催初日の3日前)
※先着順受付
※3組以上集まれば開催します。


内容
ヾ蔽韻任いしいメニューを1つつくる
∋鄂しながら、お母さん・お父さんのミニワーク
お家で宿題にとりくむ  という4回コースです。

━━ こどもキッチンfirst〜当日の流れ ━━━━━━━━━━━━━━
 【1】エプロン・手洗い・ご挨拶
-------------------------------------------------------------
 【2】お母さんと一緒にメニューをつくる

  混ぜる、スプーンで移す、にぎる、運ぶ・・・など
  いろんな動きが含まれています。

  ○ワンステップでできるメニュー
  ・いもきんとん ・きびだんご ・海苔おにぎり ・お豆腐ナン
  子どものつくるメニューにあわせたみそ汁やスープなどの汁物なども
  試食タイムに♪
 
 ※メニューを構成する上でアレルギー対応は特にしていません。
  ※参加者の年齢構成によって、メニューを変更することがあります。
   あらかじめご了承ください。
  
-------------------------------------------------------------
 【3】テーブルセッティング
-------------------------------------------------------------
 【4】試食
-------------------------------------------------------------
 【5】ふりかえりワーク(試食中〜)と次回までの宿題
  お料理の時間のこどもと自分をふりかえってみることからおうちでの工夫、
  日常生活でのこどもとのコミュニケーションをみる時間です。おうちでの
  宿題も出ます。宿題はやればやるほどお得です☆彡  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講師 石井由紀子 親子料理教室こどもキッチン主宰…講師プロフィール


持ち物:
【こども】エプロン、おてふき(エプロンのポケットに入るサイズ) 、お茶、コップ
【おとな】エプロン、おてふき、ノート(毎回同じもの)、筆記用具


申込み方法:メールの件名に「こどもキッチンfirst9月期申込み」とご記入の上、
次の内容を明記の上、info@kodomo-kitchen.com までお申込ください。

・氏名(親・子)(ふりがな)
・こどもの生年月日と年齢月齢
・住所
・連絡先電話番号(【自宅】と【携帯】と両方)
・メールアドレス

※代理申込み不可です。ご本人が直接お申込ください。
※お申込から3日以内に返信メールを送信いたします。


キャンセルポリシー
スタート後の全日程キャンセルにつきましては、原則お受けできません(※)
キャンセルについては半額を申し受けます。

・参加費を一括納入の場合
ご欠席の回についてはキャンセル料として

2,000円を頂戴し、1回あたりの残額として1,750円を返金いたします。
次期開催の振替え受講をご希望の場合も同様に、一旦1,750円/回返金
とし、振替え受講でご参加の際に、4,000円/回を頂戴します。


・1回ごとのお支払いの場合
ご欠席の回についてはキャンセル料として2,000円を頂戴します。
この場合、振込み代金についてもご負担ください。


※【お申込み前にご確認ください】
4回全ての参加が前提となっています。4回の受講とおうちでの宿題実践を通して
結果をつくるプログラムです。主旨や内容、全日程参加可能かをご確認の上でお
申込み下さいますようにお願いいたします。
なお、やむを得ない事情によるキャンセルはこれまで通りお受けいたします。




---
Q&A
Q:
子どもに料理をさせたいと思っています。こどもキッチンfirstではどの程度、
こどもの料理の時間をとりますか?どんな調理内容をしますか?
A:
子どもの調理時間は、内容によりますが、30分〜1時間までとなっています。
1歳半からのコースですので、包丁作業はありません。包丁を使わずに簡単に
できるメニューをつくります。火は使うこともあります。
「こどもの調理体験・試食つき」ではありますが、あくまでも、大人の講座が
メインとなっていますので、「子どもの調理時間をたっぷりにしたい!」を、
ご希望の方は、毎月のこどもキッチンをお勧めします。(満2歳〜)



Q:
遠方からの参加希望をしています。時間帯がお昼にかかるので、
お昼ご飯を持参したいのですが、可能でしょうか?
A:
必要な方は「おにぎり」など、各自ご持参いただくことは可能です。
ただし、お子さんが作ったメニューを親子でご試食の後、ご持参の
食事をおとりいただくようにお願いしています。
また、お作りいただいたお料理は衛生面の考慮から、お持ち帰り
いただけませんので、あらかじめご了承ください。


Q:
大人ワークの時間、試食を終えた子どもは何をしていますか?
A:
子どもたちには年齢に応じて、積み木やクレヨン、はさみなど
興味のある手仕事のお時間を過ごします。お母さんと一緒にいること
を好むお子さんにはそうしていただき、手仕事に興味のあるお子さん
には、それぞれの作業をしていただくことにしていますので、
子どもたちにとっても、お母さんたちにとっても負担なく、大人ワーク
の時間をそれぞれに有意義に過ごしていただいています。
必要に応じて、調理アシスタントが子どもたちの様子をみせていただ
いていますが、保育ではありませんので、あしからずご了承ください。
お母さんの様子が見える隣のお部屋に道具類を準備しています。


Q:
1歳半〜となっていますが、子どもが本当に料理をするか・できるか不安です。
A:
こどもキッチンでは、子どもが一人で可能なように道具や食材を準備して
いますので、ほとんどのお子さんは作業をやりたがりますが、子どもたちには
作業することを強要することも、お手本通りに仕上げることを求めることもあ
りません。
子どもたち一人一人、それまでの経験によりできることに差がある場合もあり
ますし、場所見知りなどにより「しない」ことを選ぶ場合もあります。どんな
場合においても、子どもは自分で「する」か「しない」かを必ず選んでいます。
その意志を尊重し、子どもが「しない」を選んだ場合には、同伴の大人に調理
をしていただいています。こどもはお母さんやお父さんが調理する様子をみる
ことからも多くを吸収しています。
子どもの成長にとって一番大切なことは、一つひとつのことを自分自身で選んだか
どうかです。受講後にこのあたりのことがよく実感できるようになり、子育ての
気苦労も相当少なくなるかも知れません。


Q:
病気などでお休みする回があった場合は、どのようになりますか?
A:
途中欠席する回があったから次回からは受講できない、ということはありません。
振り替え受講やメールサポートなどいろいろな形が想定されますが、
次回までにどうキャッチアップするかは参加者ご自身のご判断と行動にお任せしています。
なお、キャンセルポリシー(キャンセル料)については、前述のとおりです。
---
ご案内は以上です。
最後までお読みくださりありがとうございます。
 
★こどもキッチンfirst・これまでの開催の様子はこちら♪

・「受講するなら、今かな〜( ´▽`)」が、浮かんできた人
・「子どもと一緒に料理できたらええなぁ」と思った人
・「いずれ大きくなった時、子どもが『ごはんでけたでー!』と作ってくれちゃったり
したら、めちゃええなぁ」が、湧いてきた人

そんな人も、こんな人も。
こどもキッチンfirstで、今までとはひと味違った、子どもと一緒のおうちキッチンへと
歩みを進めてみませんか〜♪
 
ご一緒できますことを楽しみにしています(^_-)-☆
感謝。

今日は、こどもキッチンfirst5月期最終回でした( ´▽`)♪つづき

小さな子どもの成長は、目を見張るものがあります。

けれど、
いつもそばにいるはずの、お母さん、お父さんには
みえにくい、かも知れません。

毎日みているから,゜.:。+゜

そして…
みているのに、みえていないことの中に、
幸せがいっぱい詰まっています。

【自分で、自分のことが、できるようになりたい!】

子どもは、もれなくみな、そうあります。

「できないことが、できるようになった!」
子どものそんな様子、キラキラした瞬間を、
リアルに今、実感できるそうある大人が増えたら、

「ええなぁ〜( ´▽`)〜」って、
講座や教室をやる甲斐をそんなところに感じています。


ほんと、今がチャンス!なんですよ。


さてさて。
5月からスタートのこどもキッチンfirstには
1歳半と2歳ちょうどの子どもたちが、お母さんと一緒に
来て下さいました。


みてー♪この真剣なまなざし♪
豆腐ナンをつくっているところ。
2歳ちょうどの女の子です( ´▽`)♪


受講者アンケート紹介します。
♪
・子どもは
「自由にやりたいことを選択して、完了したいと思っている」
ことを知れたこと。

・(親が)気を利かせたり、先回りしたりしない

・今、(子どもが)やっていることが、先にどうつながるのか、
分からなくても、大きなことに広がる。

敏感期とか、子どもの成長で、独特なことが知れて、
私の持つ器も大きくなった気がします。
(2歳0ヶ月女の子母)


<石井より>
頭で知る、のと、子どもを観ることから知る のとでは
雲泥の差です,゜.:。+゜

結果をおめでとうございます♪
またお会いできます日を楽しみにしています。


おいしい( ´▽`)♪
子どもがつくる簡単な一品に、汁物(みそ汁、スープ)
などを提供しての試食タイムです。



♪
(子どもが)上手くできなかったら、
ついつい手を出してしまっていたが、
それが、成長する機会をうばっていたと知った。

また、(子どもに)自分で選択させる大切さを
知って、とても実のある講座だったと思う。
(1歳6ヶ月女の子母)


<石井より>
子どもは…

まだうまく話せないだけ
まだうまく手が動かないだけ
大人とは振る舞いが違うだけ

そして、その意志の強さは、
大人を超える!?と思うほどです。

小さい時のこの現れを、おうちでなるべく保障したげると
未来には、自立した我が子に会えることでしょう。

また折にふれて、いらしてください。
お待ちしてます。


♪
2歳を前にして、
「台所にはりつく娘とどう向き合っていけばよいのか…」と悩んでいた時に、
おおぞらさんでチラシを見つけたのが、参加のきっかけでした。

興味をもっていることは、「成長のチャンスだ」と
うすうす気づいてはいたのですが、

やはり大切な機会で、自分が思っている以上に、
子どもにとって大切なポイントなのだと、知ることができて、本当によかったです。

全てはムリでも、親として、その大切さを知っている、ということは、とても重要
なことだと分かりました。

「自由選択」は、子どもだけでなく、大人にだってそうしたいのです、よね。

子どもの始まったばかりの人生が、より実りあるものになるよう、サポートして
いってあげたいです。
(2歳0ヶ月女の子)


<石井より>
一見、大人からみれば、的外れだったりするようなことも
当の本人にとっては、おおまじめで、しかも、今それをやらなくてはいけない
自分で自分を成長させるために、神様から与えられた課題だったりします。

家では台所が大好きな子どもたち。

外だと、ほらほら〜。道ばたで突然しゃがみこんで、小さな石を拾ったり
してません?

「それ」が「つまむ」という指の動きを獲得するためにやってるなんて、
大人は知るよしもなく。

しかも、これ、時期限定。
過ぎてしまうと、もう小さな子どものようには獲得できないんですよね。


モンテッソーリ女史は、小さな子どもの成長に隠された秘密を解き明かして
下さいました。

モンテッソーリ教育の第一人者、相良敦子先生の書籍は
小さな子どもを持つ親、子どもに関わるすべての大人に、本当にお勧め☆彡

まずは「幼児期には二度チャンスがある」から読んでみて〜♪


幼児期には2度チャンスがある(相良敦子著:講談社)

今、リアルに、子どもが必要があってそれをしている、ということが
はっきりとみえてきます。

またお会いできますその日を楽しみにしています( ´▽`)♪


−−−

こどもキッチンfirstは 対象1歳半〜3歳代の親子 で
子どもの台所仕事を可能にする、を目指した4回コースです。

1.子どもの簡単ミニ調理(30分くらい)
2.おいしい試食タイム(子どものつくった1品+汁物を親子で試食)
3.大人の講座&シェア&次回までの宿題♪
(試食後、子どもは積み木など手仕事タイム,゜.:。+゜)

過去の様子はこんな感じ☆彡

次回は9月期を予定しています。
9/15、9/29、10/13、10/27(全て火曜)
募集開始は7月はじめです☆彡
講師自宅教室。あっとホームな感じです。

| 1/3PAGES | >>